【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】

【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】

【状況】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】で始動したJOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。の続編です。

坂道を登る時に遅くなってパワーダウンしてしまうWEBマスターのJOG-Z。
前回は、ピストンとピストンリングを交換しましたが、それでもまだしっくりこないので今回はマフラーを交換することにしました。2stエンジンのJOGは、オイル分離給油式なので2stエンジン専用オイルをキャブレターの中でガソリンに混ぜ混ぜしてエンジンに送り出していますが、2stエンジンの特性でそのマフラーは燃えカスのススが溜まり易くなってマフラーの中のパイプを詰まり気味にしたりします。
詰まり気味になってくると、エンジンの吸排気抵抗が増えてパワーダウンや白煙が増えたりという症状がでます。

この車両は、オリジナルマフラーの3WFが付いていますので最初からマフラーはノーメンテということになりますので今回は新品純正同等品に交換することにしました。

【交換開始】

マフラー詰まり解消というと焼きを入れたり薬品を使って洗浄したりしますが、今回は新品マフラーに交換することにしました。WEBマスターのお家の周辺は住宅が等が密集しているので煙がモクモクでるようなマフラー焼き作業ははばかられます。薬品(パイプフィニッシュやパーツクリーナー)は時間がかかる(つけ置き日数等)ので見送りしました。

※ハイパーブラックマフラー MF-3YKを購入。
まだまだ大事に乗る予定なので必要な部品代は惜しまず投入します(^^

↑新品

↓はずした古い3WF

形状的にはもうソックリです。

新品のエンジン側と出口側です。

それでは、作業としてはまず古いマフラーの脱着。

センタースタンドをかけて作業する下にひざをつけるマットやダンボールセットします。
正面にみえてる上下のボルトを緩めます。

エンジン排気ポート側です。真下なのでやりにくいですが、この排気管の付け根の10mmボルトを緩めれば外れます。

ちょっとブレましたがこのように外れます。

排気側を緩めたら、最初に緩めた2本をはずしてマフラー本体を支持しながら排気ポートからはずしてやります。

新しいマフラーです。カバーはブラックに。

ガスケットが1個付属品で付いてきますので新しいのに交換。

ボルトを4カ所締めて交換完了です。

【交換完了】

新しいマフラーはやっぱり抜けが全然違いました。はずした3WFも抜けるには抜けましたが新品マフラーはエンジン音が全然軽い音で静かになりました。
パワーについては復活させるためには、まだまだやる事が実はありましたが。続く。

 

【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】

【状況】

2st 50cc 原付スクーターバイク JOG-Z 1992 YAMAHA WEBマスターの足用バイクである。
自分で日々、DIYメンテナンスを行い維持して乗っているが、最近フトね。WEBマスターは気がついてしまったのだよ。

この子、坂道がおっそいの。

普段は坂道を走る事がほとんどなかったので気にしなかったのだけど、坂道に差し掛かると
30km/h以上になると加速率が悪化しキツめの坂だと失速すると言う状態。

また不都合な症状として、最近は始動性の悪化、キックの戻りが悪いなどの症状が出始めたので、
JOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。を始動することにしました。
その第一弾として、走行距離もかなりいっているのでピストン&ピストンリングを交換メンテナンスから
やってみましょう。

■交換後から観察したピストン&ピストンリングが摩耗した時の症状

この記事を書いているという事は交換は成功したということです(^^
ので交換し終わってしばらくした後からわかったピストン&ピストンリング交換前の症状です。

などの症状がありましたが、ピストン&ピストンリング交換によって改善しました。

ただし、同時期に、キャブレターのオーバーホールやマフラー交換を行ったのでこれらの作業の影響も
ありますが、始動性については、オートチョークの機能をカットしてますが始動性は良いです。
キャブレターに燃料が入ってくればワンキックでエンジンがかかります。※注夏場※冬までにはオートチョークも復活予定。

ということで、走行距離も伸びて上記の症状が当てはまってきたら、エンジンに悪影響が出る前にピストン&ピストンリング交換を考えた方がよさそうです。

部品購入

ヤマハの純正部品が取れる通販などで購入します。
ウィブバイクやモノタロウなどです。

交換する物は、ピストン、ピストンリング、ガスケット、ピストンピン、ピストンとコンロッドのベアリングですね。

ガスケット以外は、純正品を利用。

作業開始

まず、ピストンにピストンリングを2本セットしておきます。

スクーターの50CCのピストンって小さくてカワイイ。

ピストンを観察すると、上下方向に向きがあるので注意。

ピストンリングいじりに慣れてないWEBマスターがピストンリングをセットするときにやった方法は、
ファイルケースありますね。これをピストン外周に合うように切って巻き付けます。そして、上からピストンリングをかぶせて滑らせて行きます。

それで、トップリングとセカンドリングがありますのでそれぞれの位置に移動させたら、ファイルケースをずらしていけば溝まで簡単にハメることができました。トップリングはフチが白い方でリングの切れ目は、ピストンリングの溝のでっばりがあるのでそこに切り欠きがくるようにセットします。

はい、出来ました。シリンダーに入れるまでは、リングはかなりブカブカしています。ピストンリングは、シリンダーの中で摩耗からピストンを守っている重要な部品になります。

バイクのカウル脱着

次は、エンジンの腰上を開ける必要があるのでカバー類を脱着します。

詳しいカウル類の外し方は割愛して先に進みます。メットイン部も外し終わるとエンジンが見えてきます。

エアークリーナーボックスも外して

ファンカバーも外します。

シリンダーが露出しました。インテークマニホールドにゴミが入らないように養生。

で行きますよ。シリンダーのナットを外してシリンダーヘッドカバー脱着。

シリンダーヘッドカバーの様子。カーボンは少なめ。

キックしてピストンを動かして表面を確認すると、ピストンは真っ黒。

矢印は地面方向になってます。

シリンダーの本体を引き抜いてやるとピストン出ました。それなりに吹き抜けている跡はあります。

リングは固着なしなので走行距離が伸びてリング摩耗と考えて間違いなさそうです。

吹き抜けた分はピストンの移動の抵抗にになると思われるのでパワーダウンになりますし混合気の方に排気がモロに混ざりますので白煙が増える原因にもなりそうです。

ピストンピンを外して

ピストンをコンロッドから外してやります。コンロッドを持ってガタツキを調べたりしますが異常なし。ここの奥が見えている部分は、ウエスなどですぐに塞いでおきましょう。異物やゴミを落とすと取れなくなります。

シリンダーヘッドカバーを真ちゅうブラシなどで磨きます。

オイルストーンでガスケット面を軽く磨きます。

ピストンに2ストオイルを塗って装着します。

コンロッドにベアリングなどをセットしてピストリングを取り付けたら、C型のピストンピンのクリップをはめます。切れ目が切り欠き部分から90°回して切れ目が見えない位置で固定。

それなりにキレイにしたシリンダー本体を装着。

ガスケットを先に入れてシリンダーをかぶせてピストンを入れていきます。ピストンリングを指で縮めて切り欠きからずれないように注意してシリンダーをかぶせます。

シリンダー本体を奥までセットしたらキックを軽く踏んで軽く動くか確認。
すごい滑らかに動きます。

シリンダヘッドカバー用のガスケットを入れて

ナットを仮に固定。ゴミが入らないようにプラグも仮固定。

対角線上のナットをキックを何回か踏みながら、何段階かに分けて締め込んでいきます。締め付けトルクは、約14N・m(1.4kgf・m)にしました。

シリンダーヘッドカバーを取り付け完了しました。プラグを締め付けておきます。

外しておいたオイルタンクやキャブレターを取り付けていきます。

 

キャブレターにホースやアクセルワイヤーをセット

ファンシュラウドを戻します。オイルのホースの取り回しに注意。

ビキニ状態まで戻ってきました。

ここで試運転します。

各部を最終点検しなにか忘れていないか落ち着いて作業を振り返りつつ確認します。

↑この行程大事ですね。

よくありそうなのが負圧ホースが抜けていてキックしまくってもエンジンかからないよー涙
とかあります。

とりあえず、エンジン始動においてはすんなり始動しました。
アイドリングで数分放置して異音やオイル漏れなどないか確認します。

あとは、カウルを戻して完了。

■慣らし運転について

積算で100KMくらいになるまでは、全開走行は禁止でいたわり走行します。
一応、ピストリングリングとピストンはかるーく面取りっぽいことをしておきましたが、念には念を入れて慣らし走行しておきます。

しばらくしたら、キャブレターのオーバーホールとマフラーも交換しようと思います。
まずは、現状で慣らしを行っていきます。

【ウィッシュ】ラジエーター周りのメンテナンス【ZNE10G】

【ウィッシュ】ラジエーター周りのメンテナンス【ZNE10G】

※自分の車の自動車整備に資格は不要ですが、間違った整備は事故につながる可能性など
ありますので自己責任の元、作業を行ってください。

【2019-04 WISH 近影】

【2019年の車検対応整備をする】

全国WISHユーザーの皆さん、当ブログのお客様こんにちは!WEBマスターの愛車も2019年の5月が再び車検(継続検査)なので、点検整備をちょっとづつ行っています。

もう何度目かの車検なのか忘れてしまいそうですが、車検証によるとH16年登録ですので13年超経過の車検となってまいりました。なぜか、重量税が約1万円高くなっております(泣
買い換えもいいんですよ、けどトヨタのラインナップを眺めてみたのですが、WISHちゃんは廃盤(ナント

他にロールーフミニバン(ステーションワゴンタイプ)がカローラフィールダー(5人乗り)辺りしかなくなってしまいましたね。
WISHの実家のネット飯店はどうかなーと見ると、プリウスαしかない現状を鑑みるともしかして、ちょっと今のままが幸せみたいな心境に落ち着きます。なんせ、近頃は2年間で5000キロ程度しか乗ってなかったのでハイブリッドで5人乗りでは持ち腐れですよね。DIY好きのWEBマスターですから、ホムセンから材木などを買って運んでくることもありこなれた車はとても使いやすいです。

しかもですね、ロールーフミニバンのWISHは横方向の安定性がダンチ(段違い)に良いんですよ。

これをみてください。

ウィッシュの側面衝突試験の動画です。1個新しい型ですが、重量配分的な物はほぼ同じです。

もう一つ、同じネッツ飯店のボクシーです。

ボクシーが危険だと言う気はないんですよ。

横方向の安定性についてロールーフタイプは安定性が良いということが言いたいのです。
これは、高速旋回性や高速コーナーなどで大きな差となって感じられますね。

という利点も多々あるWISHちゃんですので少々、話しが脱線しましたが乗れるウチは大事に乗っていこうと思います。

さて、今回は、ラジエーター周りの整備をDIYで行っていきます。

【交換部品】

【作業開始】

ジャッキアップしてエンジンルームこんにちは。

リザーバータンクをはずします。

エンジンが【冷えている】のを確認してから、ラジエターキャップを開けます。
ラジエター熱い時に開けると、熱湯となったクーラントが噴き出してヤケドしますので注意。

見えるかしら?この奥の白いプラの蝶ネジがクーラント抜き取り用のドレンネジです。

このネジの下部あたりに、デカイたらいを置いて抜き取ったクーラントが出てくるので受け止めます。

それで、テンショナーを押し下げてファンベルトをはずします。

それから、バッテリーのマイナス端子を外してから、車の発電機(オルタネーター)をボルト2本外して外します。

かなり固く締めてあるボルトなので大きめのラチェットがあると外しやすいかなと思います。
オルタネーターをはずすと、ロワーホースのエンジン付け根部分が見えてきましてこの中にサーモスタットが収まっています。

これも見えている2本のナットをはずすと外れます。

ホースバンドは、ウォータープライヤーがあれば緩められるのでスライドさせたり手前に動かしたりしてずらせばホースがはずせます。

クワっ!はずれました。写真の手前側に印的な小さい丸っこい部品がついています。

ゴムのパッキンがついているので新品サーモスタットに新品ゴムパッキンをはめておきます。
新旧の劣化具合は不明ですが、走行12万km越えてるいるので今回は、ホースと一緒に交換しておきました。

ロアーホース外しました。新しいホースに部品をセット。

新しいサーモスタットをはめ込んでホースを戻します。

個人的に苦労したアッパーホース

なんで、ホースを換える事にしたの?と気になっている方もいると思います。
そうなんです。クーラントが通常より減るのが若干早いので原因を考えていたんですが、調べた結果、ウォーターポンプ周りなどには漏れもないしあとは、ホース劣化によって滲むような感じで漏れているのかなと漠然と考えていたんですが、アッパーホースを外してみて確認しました。

ナント!ホースのラジエーターに差し込んでいる部分が白くなっているでしょう?これは、乾燥したクーラントのカスです。要は、アッパーホースが劣化してカチカチになってしまっているのでクーラント液を密閉しきれずに滲んでいたんでしょう。

ということでホースを用意しておいてよかったです。

アッパーホースを外すには、エアクリボックスから延びてくる太いホースを外す必要があるので周りについているセンサー類のカプラーや細いホース(エンジン換気系)をはずしておきます。

ではずしていくとヒーターコア(暖房用)へクーラントが分岐する配管の3つ又がありますのでこれも交換しておきます。

新品と比べるとかなり変色しておりました。

新品3つ又管パーツに交換して、太いアッパーホースを気合いで抜きます。コレがまたクッソ固いです(泣
少々、奥なので足下に軽量ブロックをもってきて置いてあります(笑
やはり、ここはエンジンからの高温のクーラントが常に流れてくる部分なのでホースの劣化具合も相当あると思います。

新品アッパーホースです。16571-22130 2400円ぐらいです。

断面ですが、丈夫な繊維が埋め込まれているので破裂などはめったにはなさそうです。

ホースを填めてバンドで固定。

3つ又管にもホースを固定

 

横から。エアクリーナーはキレイなので交換ナシ。

ラジエターに接続。新しいホースは弾力性がやっぱあってブニュブニュです。古いのはもうカッチカッチに固いです。

エアクリの周辺も元に戻していきます。

オルタネーターの取り付け。固めにボルトを締め込んでおきます。戻す前に、各部のベアリングのガタや回転具合などを確認しておきましょう。取り付けたら、ファンベルトも取り付けます。この車は、この辺りがホントに整備しやすいと思います。

今回の秘密兵器。クーラントファンネル。

クーラントは、スーパーLLCピンクです。

約5Lぐらい抜けて2本半使っていますので3本は最低必要になります。

水道水で薄めるタイプと違い純水で作られているので水道水中の余計なカルキや不純物がないので水路に析出物が付きにくいと思います。

これは簡単ですね。ドレンのネジを締めてからジョボジョボ注いでいきます。

エア抜きなんですが、ウィッシュは、写真の中央部分のところからエアー抜きのネジがありますのでそこを緩めて、クーラントが出てくるまで開けておきます。

 

ココと

ココです。

リザーバータンクも掃除してから新しいクーラントをセット。

このままエンジンをかけてヒーターを全開にしてエンジンーラジエーター流路のエアーを抜いていきます。

クーラントが吸い込まれていったらどんどん補充。

コポコポと空気の泡が出て来て時間が経つとあまり出なくなってきます。

バッテリーの端子も戻してエンジンをかけて暖気運転。水温が上がるまで放置しながらエアーを抜きます。

途中、ブワンブワン吹かして回転を上げてやります。

10分か15分ぐらい経過してエアーが抜けたらエンジンを止めます。
ファンネルの下にコックが付いているので閉にして取り外します。熱いので注意。
吹いてはこないので外したら、新しいラジエターキャップに交換して締めてロックもしっかりして蓋をします。

一応、完了ですが、しばらく走行するとリザーバータンクのクーラントが減ると思うので都度、補充してください。余った分のポリ容器を車に詰んでおけばOKです。

少々多めに入れておきました。
ちなみに、クーラントですが、エンジンの流路含めての全量交換をしているわけではないので全量は入れ変わっていませんので適宜、クーラント強化液などを追加してあげるとサビ止めの成分の有機酸系防錆剤などが補給されてGOODだと思います。

回収した廃クーラントは

WEBマスターは、静岡県在中なので災害時の備えとして、断水してもトイレの処理ができるように簡易トイレとしてビニール袋とこれを用意してありますのでこのようなトイレ用の凝固剤で固めて燃えるゴミにして処理しましょう。一気に捨てると嵩張るので何度かに分けてもいいですし晴天の日に何日かたらい事置いとけば蒸発して水分が減りそうです。ペットが舐めないように気をつけてね、有害なので。

 

【作業終了】

次のページ »

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
19.09.07
【HDD】WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日【故障】
19.09.01
【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】
19.08.24
【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】
19.08.17
【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】
19.07.11
【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】
19.06.24
【2st原付】シートのレストア【JOG-Z】
19.05.19
【ウィッシュ】ラジエーター周りのメンテナンス【ZNE10G】
19.05.16
【ウイッシュ】タイロットエンドブーツの交換【ZNE10G】
19.03.23
【PC】USB接続の学習型赤外線リモコンの制作【エアコン遠隔操作】
19.03.10
【DIY】換気扇用温度センサー連動コンセントの制作【トライアック】
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】