【自作PC組立記】RAID de RYZEN5-3600 その1【win10】

【自作PC組立記】RAID1 de RYZEN5-3600【win10】

※GIGABYTE X570 AORUS PRO のBIOSアップデート画面

■状況

今回の修理のきろくDXは、自作PCのお話です。時は2019年の年末と2020年の年始頃の事です。

2020年の1月14日にとてもお世話になったwindows7がいよいよサポート終了ということでマイクロソフトからセキュリティ更新のプログラムが提供終了で配布されなくなりました。

これによって、今後は、オンライン系のゲームであるとかサービスの各種のアプリもWIN7での動作は保証されなくなり不具合が生じた場合のパッチが提供されなかったり、プログラム自体のアップデートが対応しなくなったりするのでまともに動かなくなったりしていくでしょう。

ただちにどうということはないんでしょうが、この機会にwindows10に移行しといた方が今後の幸せになれるでしょう。ということで秋頃より自作PC系の部品を消費税UP前より少しづつお安いタイミングを見計らって買い集めていました。

総額で10万円は超えてきている構成ですが、何ヶ月かに渡って購入していくと精神的負担が軽減されますしパーツについて購入先も含めてじっくり調べていくことができます。

ということで最終的にPCケースが届き組み立てを開始したのがまさしく年末の29日過ぎてからという事になりました。

■購入したパーツ紹介(CPU RAYZEN5-3600 ,X570)

 

■パーツリスト

CPU AMD
マザーボード GIGABYTE
メモリ G.SKILL
NVMe SSD INTEL
電源 ANTEC
グラボ MSI
音源 CREATIVE
ケース Fractal Design

■パーツ選定について

・WEBマスターのPCはいつも自作マシンです。
理由としては、一言で言えば、CPUとマザーボードから好きに選ぶことが出来るのが自作だけだからです。
マザーボードのメーカーもいろいろありましたが、ここ何台かでWEBマスターはGIGABYTEのマザボが自分の中では故障がまったくなく一押しになっております。旧win7マシンで使っていたCore-i7マシンもギガのマザーでZ77Xになります。この辺りは、人によってはASUSがイイとかASROCKがイイとかいろいろとあるでしょう。使っている人が多い型式は情報も多く、ユーザが多いと不具合情報がすぐメーカに上がりBIOSも安定してくる傾向も確かにあります。

・CPUについては、久しぶりにAMDに回帰してRYZENを採用
AMDは実は今も使っております。この記事を公開している自宅サーバーマシンのCPUがAMDのPhenom 2 X4 910eです。とても省電力なのでシステム全体で60W以下で稼働しています。
なのでAMDだからと言って変な偏見もなく良い物は採用させてもらいます。

・マザーボードは、X570を採用したX570 AORUS PROを購入
ストレージを強化しようと考えていたのでNvmeのSSDスロットが2カ所ついているマザボにしました。しかも、超高速なインテルのNVMeSSDを採用してRYZENのNVMeRAIDが使えます。元が十分高性能なので2個使い読み取り性能を上げつつ耐障害性があるRAID1にする事に決定。前マシンでシステムのSSDがトンだのでバックアップはもちろんですが、RAID1にして壊れたディスクを即座に交換するだけのシステム構成にした方が圧倒的にラクですよね。SSDもQLCタイプでいくらインテルと言っても壊れるものだと思っておいて対策しておけば問題ないです。少々お高くなりますが、ピークのお値段の半額になりましたしRAID1といってもNVMeSSDなので実際、爆速です。

・電源
CPUがTDP95Wでグラボも付けるとシステムで結構電力を食うので余裕のある電源ということで鉄板のANTECを採用

・グラボ
ジーフォースはもはや数字だけではどれが強いのかよくわからない状態(苦
お値段お手頃で性能高めの物をチョイス

・音源
長い期間使うPCなので音源をちゃんとしたものを付けると満足度が非常に高くなります。
WEBマスターは、音源からアンプに繋いでゆうせんで採用していた業務用のスピーカーを鳴らしています。

・ケース
ドライブベイが多めのエアフローが良いケース

■新PCを組み立てる

まずは、マザーボート(X570 AORUS PRO)に背が低い部品(NVMe SSD)を取り付けます。

マザーボード謹製のヒートシンクが付いているのではずしてNVMeSSDを取り付けます。
後にRAIDを組むので同容量のNVMeSSDを2枚刺します。

2枚同様にセットしたらチップ上のラベルはそのままにしてヒートシンクを上から取り付けます。

次は、CPUを取り付けます。

取り付け方法は、CPUの角に印があるので確認してソケットにはめ込みます。力はまったく不要です。

ロックバーを上げて上に載せるとスコっとはまります。

CPUに付属のヒートシンクを取り付けます。グリスが薄く塗布されているので手で触らないようにそっと取り付け位置を確認して

補助用の固定具はこのクーラーには不要なので外します。

位置を合わせて載せてネジで固定します。

マザボードの色とピッタリでカッコイイですネ。

次は、オーバークロック対応メモリ SNIPER X F4-3600C19D-32GSXWB DDR4-3600 16GB×2
を取り付けます。

取り付けましたが、この時あることに気がつかずに後ほど少々、手こずる事態になりましたが
後ほど紹介します。

一応、ここまでの取り付け方法は、専用のインストールマニュアルがあります。

その次は、ケースへマザーボードを組み込みます。

ケースに付属のネジをATXの穴に取り付けてからマザーボードをセットしていきます。
裏配線用のゴムスリットが周囲に配置されています。

このマザーボードは、バックプレート付きなのでペラペラ金属プレートのバックプレートをはめ込むことはないですしとてもスッキリしてます。

マザーボードのX570チップにはファン付きのヒートシンクが装着されてます。

次は、グラフィックカードをPCIEXPRESSスロットに取り付けます。

GEFORCE GTX 1660Ti 外部電源スロットには電源ユニットからのケーブルを直接差し込んで電力供給します。

電源ユニットを取り付けます。

電源ユニットはAntec NE750Gです。購入時は品薄ぎみでした。人気な電源ユニットです。
定格は、750Wですが、電源ユニットは定格の4割程度で使うとユニット効率が良くなりますので発熱が減ります。

電源ユニットはスイッチがあります。固定はネジ止め。

あとはマザーボードへ電源ケーブルを裏配線します。

マザーボードの裏を通してから

マザーボードにコネクタを接続します。

田田コネクタにも電源ケーブルを刺します。

グラフィックカードにも電源ケーブルを刺します。電源ケーブルが結構ごっついので取り回しには工夫が必要です。

ここまで組むと起動可能なので動作確認できますのでCPUやメモリの認識状況を確認できます。
BIOSのバージョンが最新F11のところF3なのでとっても古いですから最新バージョンにバージョンアップが必要です。

■最新BIOSへの更新

ギガバイトのマザーボードはQーFLASHが使えるので動いている他のPCからUSBメモリに最新BIOSを入れて背面USBポートからBIOS画面より更新できます。

USBメモリにBIOSを入れて背面ポートに差し込みます。

最新BIOSのF11を選択します。

本当にBIOSを更新しますか? はい

BIOSアップデート進行中

2019年の6月から12月まででF3からF11までにバージョンアップされたようです。
かなりの頻度です。

■BIOSアップデート完了

このBIOSアップデート作業をやっておかないと謎の不具合に見舞われることになります。
今回は、例えば低いバージョンのBIOSでマウス操作の際に不具合がありましたがF11では改善されています。

■組み立ては完了

動作チェックとBIOS更新まで完了したのでOS移行(windows7からwindows10)とRAID設定は次の記事へ

NVNeRAIDは、自動的にGPTディスクになりますのでMBRフォーマットの旧システムからの移行はちょっと工夫が必要になりそうですが無事解決した模様なのでお楽しみに(^^

【DIY】CADにチャレンジ!自作PCラックの設計製作【3D-CAD】

【DIY】CADにチャレンジ!自作PCラックの設計製作【3D-CAD】

 

【状況】

2019年の1月にwindows7のサポートが切れますから新しい自作PCを一式作ることにしました。
いろいろパーツを買ってPCケースが届きましたが、、デカイ!
ということでPCを置く台を作り直おさないとダメだ、、ということで、

今回は、自作パソコンのデスクトップ用のPCケースを置く台を作りたいたい思います。
せっかくなので今後の為にも3D-CADを使って設計、製作してみようという事でまずは、パソコンで設計からやっていきたいと思います。

【設計開始】

最初なのでソフトに完熟していく為にも簡単な工作物からやっていくと良いと思います。
PCラックなんか言ったってタダの箱ですから。
ただし、箱と言っても自分の机の袖部分に合うようにサイズを工夫しないと収まりが悪くなりますのでその辺りは工夫して設計に取り込めるので市販品のラックにはない収まりの良い物ができると思います。

■今回使ったCADアプリは、CaDIY-3D

3DーCADですから、パソコンのモニターの中で立体的に設計していくことが出来ます。
この3DーCADは主に日曜大工やDIY用に作られているのでホームセンターで売っている木材や材料をすぐに取り込んでサイズを変更したり加工して組み合みあげるだけで設計していけます。

立体的に設計というのは、好きな角度から中の工作物をグルグル回して見たりいじれたりできます。

■CaDIY-3Dをインストールしたら、設計開始

まずは、今回すでに入手済みセールで買ったパイン材の板があるのでこの板より切り出していきますから
同じサイズの板を選びます。サイズがなければ追加することもできます。
ここで用意する材と同じ材を選んでおけば木取り図を自動で作ることができますので便利です。

■材料を追加したら、回転や移動を使って位置を調整

■サイズボタンを押して好きな大きさに変更

好きな大きさに変更したら、反対側の板をコピー&ペーストで増やします。

位置合わせは、初期設定で自動になっているので板を動かしていくとピッタリ合わせてくれます。
手前がへこんでいる感じになっているのは、机の袖にピッタリはめ込む為。

■角を丸める

この加工は、設計図に載せなくても良いのですがせっかくなので設計図に取り入れます。

この加工は、丸棒を使って丸みを出していきます。
15mmの丸棒を読み込んでからコピーした上の板に重ねて切り抜き加工します。
そうすると、丸棒の部分が抜かれた板ができます。

■次に入らない部分を消していくために厚い板を読み込んで重ねて切り抜きで消します。

■残った部分

まだ、下の部分が邪魔なのでこれも消します。これも板を重ねて切り抜き。

 

■残った部分が重要になります。

■この部分を上部板に重ねて切り抜くと

■はい、トリマー加工した板ができました。

■ぐるっと回して反対側にも加工を行います。
これで設計図上でも滑らかな加工ができましたので人に見せたりするときにもさらに実際のでき上がる工作物のイメージに近づきます。

■寸法を入れます。

好きな部分に寸法線を入れれますので寸法専用の透明な板のサイズを変更する感じで調整します。

■イメージを掴むために

身長170CMの人の模型とハロウィンのかぼちゃの置物を置いてみました。

■木取り図

で木取り図です。

910×15×1820のいわゆる3尺×6尺の定型サイズの板から切り出すための図が自動でできます。手動で位置を調整することもできます。

紙に印刷もできますのでこれを持ってホームセンターにいけば、木材加工コーナーで簡単に部品を切り出すことも出来ます。

■動作環境について

パソコンにはグラボ機能が必要です。open-GLが動くか確認してください。

■1ヶ月試用できます。

公式サイト

■どこで買うとお得か

気にいったり1ヶ月以降も使いかたはアマゾンで買うとポイント分一番お得だと思います。
たまにセールで1000円ほど安くなります。

■使ってみての感想

これは便利です。無料のCADも他にもありますが、こちらは主にDIY用途向けに作られているのでシンプルで操作性が良いです。事前に材料が何がどれだけ必要かもわかりますし3Dで立体イメージがモニター上で理解しながら設計できるので操作に慣れれば楽しく組み立てるように設計できると思います。今回は取り入れてませんがネジ位置なども設計できるのでネジの干渉具合などもわかるようになっています。

 

■実際にその後、制作しました。

板の接合は、ビスケット接合にしましたので接合の後がまったく見えません。
ちなみに、仕上げはしていないので素材感たっぷりになっています。
時間が取れたらトリマーで角を丸めてサンダーでなめらかにしてクリアーを軽く吹いたり
すると高級感がでてきますし男前塗装をするとカッコよく仕上がりそうですネ。

このくぼみの部分に机の袖部分が入りますので机の再度にぴったり寄せられる設計です。

自作パソコンのケースを乗せてみました。
下部に物を入れておけます。
参考に、PCケースはFractal Designミドルタワー型PCケース FDCADEFR5BKになります。

【制作記終】

【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】

【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】

【状況】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】で始動したJOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。の続編です。

坂道を登る時に遅くなってパワーダウンしてしまうWEBマスターのJOG-Z。
前回は、ピストンとピストンリングを交換しましたが、それでもまだしっくりこないので今回はマフラーを交換することにしました。2stエンジンのJOGは、オイル分離給油式なので2stエンジン専用オイルをキャブレターの中でガソリンに混ぜ混ぜしてエンジンに送り出していますが、2stエンジンの特性でそのマフラーは燃えカスのススが溜まり易くなってマフラーの中のパイプを詰まり気味にしたりします。
詰まり気味になってくると、エンジンの吸排気抵抗が増えてパワーダウンや白煙が増えたりという症状がでます。

この車両は、オリジナルマフラーの3WFが付いていますので最初からマフラーはノーメンテということになりますので今回は新品純正同等品に交換することにしました。

【交換開始】

マフラー詰まり解消というと焼きを入れたり薬品を使って洗浄したりしますが、今回は新品マフラーに交換することにしました。WEBマスターのお家の周辺は住宅が等が密集しているので煙がモクモクでるようなマフラー焼き作業ははばかられます。薬品(パイプフィニッシュやパーツクリーナー)は時間がかかる(つけ置き日数等)ので見送りしました。

※ハイパーブラックマフラー MF-3YKを購入。
まだまだ大事に乗る予定なので必要な部品代は惜しまず投入します(^^

↑新品

↓はずした古い3WF

形状的にはもうソックリです。

新品のエンジン側と出口側です。

それでは、作業としてはまず古いマフラーの脱着。

センタースタンドをかけて作業する下にひざをつけるマットやダンボールセットします。
正面にみえてる上下のボルトを緩めます。

エンジン排気ポート側です。真下なのでやりにくいですが、この排気管の付け根の10mmボルトを緩めれば外れます。

ちょっとブレましたがこのように外れます。

排気側を緩めたら、最初に緩めた2本をはずしてマフラー本体を支持しながら排気ポートからはずしてやります。

新しいマフラーです。カバーはブラックに。

ガスケットが1個付属品で付いてきますので新しいのに交換。

ボルトを4カ所締めて交換完了です。

【交換完了】

新しいマフラーはやっぱり抜けが全然違いました。はずした3WFも抜けるには抜けましたが新品マフラーはエンジン音が全然軽い音で静かになりました。
パワーについては復活させるためには、まだまだやる事が実はありましたが。続く。

 

次のページ »

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
20.02.21
【自宅サーバー】HDDは逝くよ、ワトソン君【Gmirror】
20.01.29
【自作PC組立記】RAID de RYZEN5-3600 その1【win10】
19.12.04
【DIY】CADにチャレンジ!自作PCラックの設計製作【3D-CAD】
19.09.07
【HDD】WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日【故障】
19.09.01
【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】
19.08.24
【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】
19.08.17
【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】
19.07.11
【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】
19.06.24
【2st原付】シートのレストア【JOG-Z】
19.05.19
【ウィッシュ】ラジエーター周りのメンテナンス【ZNE10G】
19.05.16
【ウイッシュ】タイロットエンドブーツの交換【ZNE10G】
19.03.23
【PC】USB接続の学習型赤外線リモコンの制作【エアコン遠隔操作】
19.03.10
【DIY】換気扇用温度センサー連動コンセントの制作【トライアック】
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】