【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】

【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】

【状況】

2018年夏。今年は7月中旬から猛暑となり連日の40℃越えのニュースが飛び交い熱中症でバタバタと人々が倒れ、各家庭のエアコンはフル稼働中となっている。

太陽のキャラクター(赤)

だが、今年のエアコン達の状況はとても過酷だ。なんせ、気温は36℃だの41℃でそこからスイッチONで冷やそうにも部屋中暑くなっているのでなかなか冷えないし、夜だけ冷やせればいい的な考えで設置した小さな能力のエアコンには日中の猛暑には歯が立たないかもしれない。

WEBマスターの家の両親が主に使う居間エアコンも定格2.5KWの機種で二部屋冷やそうっていうのであるから完全に能力不足なのである。これでも、夜になってしまえばまだ太陽の熱がなくなるわけで、快適に寝れるくらいには冷やせていたが今年はちょっと快適な感じに冷えるには時間がかかりすぎであった。

エアコンから強力な冷風をゲットする方法

とりあえず、ただちに出来るのは、室外機のフィンに水をぶっかける。
水は蒸発する際に、気化熱を奪うので空気と熱交換してよりは、冷却効率が大幅アップする。

もちろん、世の中には水をかけて冷却するシステムは実用化されているわけであるが、水をひっぱってくる工事が必要になったりするし、それなりの大きさの室外機を持つエアコンを付ければ家庭用では、十分であるから水は必要なくなるので家庭用では一般的ではない。だが、一時的に能力をブーストしたかったり節電したい場合には十分な効果はある。
室外機に水をかけることについては、基本的にアースをとってあるかつ室外機の回路基板は上部についていて上カバーの20CMくらい下なら回路に水が入ったりはしないし元々、室外機は外に置くので水没以外は水がかかってもただちにどうってことはない。もちろん、腐食して穴があいてたりするような場合は論外。

ただ、一瞬でフィンについた水は乾いてサラサラになるし延々、室外機の隣にいて水をかけてる人は暑くてたまらないだろう。

ということで、勝手に室外機に水をかけてくれる仕掛けを作ろう(^^

【作業開始】

今回は、室外機に散水する方法としてタカギ ガーデンクーラーのミスト散水システムを採用しました。

WEBマスターが取り付けた写真です。

エアコンの背面から20cm程度離れた位置に噴射口がくるように設置しました。

外回りに水道の蛇口があるので今回はそこから、配管してきました。

水道蛇口ーホースーHi塩ビ管ーガーデンクーラー
っていう感じに配管しました。必要がなくなれば、塩ビ管のみ残置してホースはアタッチメント継ぎ手にしたのではずせます。

【蛇口について】

家の外にある蛇口にホースアタッチメントをつけて塩ビ管までホースを繋ぎます。
ホースは圧力に耐えられるホースが必要です。

がっちりマンデーで紹介された

トヨックスのねじりに強い耐圧ホースです。

ホースの周りを糸で包み込み水の圧力で膨らまないようになっているので圧力をかけてつかうガーーデンクーラーの配管には必須です。

ソケットもメーカーはいろいろありますが、ソケットでカチッとはめ込む仕様にすると水漏れに悩むことがなくなるので確実に接続できます。

蛇口もこのソケットがそのまま接続できるタイプに交換するとGOOD。

もうカチっと脱着簡単なのでホースクランプでドライバーで固定するとか固くて締めても水漏れするとか外れることから解放されます。

【HI塩ビ配管呼び径13 HI 衝撃に強いタイプ】

蛇口の周りがごちゃごちゃして、塩ビ管の配管をチマチマやってる余裕もなく夏が終われば邪魔ににならないように撤去できるように、塩ビ管まで蛇口からホースで一部繋ぎました。不要な季節になれば、塩ビ管だけ残置してホースをはずせば、すっきり片付けられます。

・塩ビ管とホースを接続するには

まず、塩ビ管に給水栓用ソケットを接続。

HI塩ビパイプが呼び径13を使いますので13のソケットを使います。これは、ネジがRp1/2なので配管用のテーパーネジになっています。テーパーネジというのは誤解を恐れずに言えば形状が台形になっていて締めればネジ山が密着していくネジです。この為、テフロンテープをネジ山に巻いて水漏れしないようにします。

このソケットに、ホース用のアタッチメントを付ける必要があるので、Rネジ(配管用)とGネジ(給水栓用ゴムパッキン有り)に変換するニップルを付けます。

直接、ホース用のソケットをつなげることもできるんですが、緊急だったため部材の都合ですぐに用意できるもので対応しました。

こっちは、G1/2ネジなのでネジが平行になっている為、スカスカなのでゴムパッキンで防水しています。これは、トイレの配管や水栓周りに使われていたり給湯器周りで使われています。ゴムパッキンが劣化すると水漏れします。

これで、ホースをカチっとはめ込む事ができるようになりました。

【配管加工】

あとは、ホースで引き回してもいいんですが今回は、1階の水道から1階の庇の上の室外機ですから実質2階なので塩ビ配管にしております。パイプは安いしね(^^

カットしたり

やすりで面取りして角を落としたり

ホースが繋ぎ易いように角度をつけたりといった加工をして設置します。

ガーデンクーラーを接続

配管を完了したら、ガーデンクーラーを繋ぎます。今回はバラして噴射口を1カ所にしました。

室外機のフィンに向けてから水を出すと

おおぉ(^^ 噴射した水が室外機のフィンに吸い込まれていきます。

水の跡が広がらないのは、水の密度が薄い箇所は即時に蒸発しているからです。
猛暑だったのにファンの風を触っても水分がまったく感じられないのでミストがうまく蒸発してしまうようですが長時間噴射していると、室外機の下は水で濡れます。

効果はバッチリ

ガーデンミストによる室外機への水ミスト噴射の効果は絶大。
いつもは、二部屋(6畳+10畳)にしてしまうと中々設定温度にならないのですがミスト噴射を開始してから、エアコンから吹き出す冷気の冷たさのレベルが違いました(゜Д゜)

しかもまだ、噴射口は1カ所(゜Д゜)まだ、2個噴射口が余ってます(^^;)

暑い部屋でエアコンが起動する時、冷房パワーが必要になった時、人が増えた時、猛暑に襲われ外気温が高すぎるときに、蛇口を開けるだけで水ミストが室外機に噴射されるので設置してしまえば、簡単にエアコン冷房能力UPできます。

今後の改良点

現在は、手動による蛇口の開閉が必要なので今後は、エアコンの電流を検知してリレーが作動し電磁弁による開閉を自動でできるようにしようと思います。

【緊急猛暑対策】エアコンの室外機の日除けを作った【DIY】

【緊急猛暑対策】エアコンの室外機の日除けを作った【DIY】

IMG_0343

すごい猛暑が列島を覆っています。夜の気温でも32度(^^;)

8月8日は36度を記録しましたよ(^^;)

037

この温度計、外部の温度と室内の温度を同時に見れますので便利ですよ。

035

お値段も手頃です。

こんな気温になってくると、直射日光を浴びている室外機は暑くなりすぎて効率がかなり悪くなります。つまり、電気代が高くなりますし、効き具合も悪くなります。

そこで、今回はエアコン猛暑緊急対策として、208円(税込)で出来るエアコンの日除けを作ったのでご紹介です。

必要な物その1

IMG_0040

超強力マグネット。

必要なものその2

IMG_0342

なんだかよくわからない写真ですが、ダイソーなどの100円ショップで売っている車用のサンシェード。

まぁ、エアコンの室外機が覆えるものの大きさで断熱性があればOKだけど、サンシェードがあればGOOD。

制作開始!

IMG_0324

WEBマスターはこいつで磁石を縫い付けました(^^;)

その名もスピーディースティッチャー。

IMG_0343

IMG_0341

すでに設置済みのものを外から撮影しています。

磁石は、以前作ったキャンプパッチンのソフトビニールに入れて

これを10カ所縫い付けてやります。

IMG_0342

あとは、磁石で室外機にパッチンと取り付けてやればOKです。

台風などの大風が来るときは簡単に外せます。

お裁縫が出来る人なら、縫い方はなんでも良いですよ。

裁縫が嫌いな人、ちょっとという方は

強力そうなテープではっつければOKです。

IMG_0340

これで、直射日光が当たっている室外機でしたら効果はかなり大きいと思います。

オススメ関連記事

エアコン関連の記事まとめ

【霧ヶ峰】分解エアコンクリーニング【第2弾】

分解エアコンクリーニング【第2弾】※ドレンパンもはずしてファンも外して綺麗にします。

【状況】

三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-SV259

インバーターエアコン 2.5Kw

エアコン正面分解

2009年製冷房定格消費電力505W 冷房COP4.95のインバーターエアコンである。

真夏の8月、24時間×1ヶ月間ほぼ電源ON状態で、

128Kwhの消費電力であった。1ヶ月約3000円。1日約100円。※2012年記事執筆当時。

ちょっと、お値段は張りますがエアコンや冷蔵庫の様なモーターが動いてるような電気製品の場合は、ワットチェッカーのような力率も計れるような電力計を使わないと、正確な電力が計れません。

今回は、内部のクロスフローファンと吹き出し口から見える部分のカビ取り分解エアコンクリーニングの記録である。

【作業開始】

三菱エアコン 霧ヶ峰の住設タイプであるが、この機種は、ガス配管を外さなくてもクロスフローファンが取り外せて丸洗い出来ます!

このクロスフローファンが取り外せると、エアコン内部がほぼぞうきんなどで掃除できカビも完全撤去できます。

タバコを吸わない環境でエアコン電源OFF時に内部クリーニング機能を使っていれば、熱交換機フィンまではカビが生える事はほとんどないと思われます。(※もちろん使用環境によって違います。)

クロスフローファンにはこの写真のような汚れが付着しています。

ホコリやらカビやらですね。

これを脱着しないで掃除するには結構大変です。

まずは、カバーを外します。

この住設モデルの霧ヶ峰は、とても構造がシンプルです。

風向板を右側の突起位置に合わせてたわませると簡単に外せますので、その風向板の裏にある

ネジカバーをはずすと、左右の2本のネジが出てきます。

ネジを外すと、あとはツメではまっているだけですので下から持ち上げるようにして静かに持ち上げながら

はずしていきます。ちょっとコツが入ります。

馬鹿力ではずそうとすると、ツメを折ってしまいますので慎重に外しましょう。

そうすると、上の写真のような状態になります。

エバポレーター(熱交換機)は、100円ショップのエアコンフィルターを使っていたので綺麗なモノです。

この手のフィルターですけどね。これは取り付けた方がいいです。ホコリの捕捉率が全然違います。

下の写真の熱交換器を見てください。数年使ってはいますがホコリは皆無ですよね。

ですが、フィルターが詰まってくると風量が激減するので1ヶ月半くらいで必ず交換メンテナンスする必要はあります。

お次は、右の電装部分から風向板を動かすモーターのケーブルを引っこ抜きます。

コネクタになっているので簡単に外せます。

この部分を引き抜き配線を経路からはずしておきます。

次は、ドレンパンの取り外し作業です。

水が溜まっているのでエアコンの下は養生して新聞紙やらなにやらで広範囲を覆って汚れないようにしましょう。

今回は右ドレンなのですが、ドレンパンの左にもドレン水がたまっています。

ドレンパンは中央を中心として左右に勾配がついていて左右どちらでもドレン配管を接続出来る構造上、使っていない側は、ゴム栓が付いているわけですが、その部分にはドレン水が溜まってます。

あと、エバポレーター(熱交換機)にもたっぷり水分が残ってますのでドレンパンを外すと水が垂れますから

タオルなどで良く拭き取ってください。※乾燥状態の場合は省略。

ドレンパンは、ツメではまっているだけなのでよく見て外していきます。

ドレンパンは、最後にドレン配管の正面に見えるツメを外すと簡単に外れます。

これでドレンパンが外れました。

【クロスフローファン】の取り外し。

ファンを取り外します。

さて、ファンはどのようにモーター軸に固定されているのでしょう。

上の写真を見ればわかりますね。

ファンを回していくと羽根が一部抜けていてネジの頭が見えます。

これを外すと、モーター軸から外せるので緩めておきます。

左の固定側のネジをはずして、エバポレーターをちょっと手前に動かして、ファンを引き抜きます。

ファンをはずして下からの写真。内部がスカスカになりました。

内部のお手入れはここから雑巾などで拭き取れば十分です。

エバポレーターが綺麗な場合は何もしないほうが表面のコーティングを痛めないし長持ちします。

内部のプラスチックの部分は、黒カビなどが付着しやすいのでお掃除したいところですので

ピカピカにします。

何シーズン目からはこれくらいのカビは当たり前です。ここはファンの奥で通常の状態ではお手入れできません。

あとは、ドレンパンから風向板用のモーターを外してから、

本体カバー、風向板、ドレンパンを丸ごと洗います。

どんな洗剤を使っているの?

使った洗剤は、

横浜油脂 シルバーNプラス 2.4kg

容量的にはこちらが買いやすいです。

この洗剤は、業務用エアコン用です。カビはもちろんたばこのヤニも簡単に落ちます。

10倍~20倍希釈で、使用後10分くらい放置するだけの強力洗剤です。

あまりに強力すぎるので、あまりオススメしたくありません。

強力アルカリ洗剤なので、目に入ったりすると失明の危険がありますし、素手で触るとかなり手が荒れます。

市販の家庭用の洗剤のつもりで扱ってほしくない部類の業務用洗剤です。

アルカリが強いので大量の水ですすぎも必要です。

ただ、これ洗浄力はたしかにすごいです。

換気扇とかにも使えますけどね。油汚れが簡単に流れていきます。

使用の際には注意事項を良く守ってご利用ください。

※現在は入手しにくいのでこちらがオススメです。

【各部洗浄後】

組み付けていきます。

ぴっかぴっかなりました。ここまでの輝きは分解、つけ置き洗浄が出来ないとなかなか難しいと思います。

あとは、分解の逆の手順で組み付けていきます。

最後に風向板を取り付けて完成。

【徹底分解】エアコンクリーニング【インバーターエアコン】

 

※2015年6月14日誤字修正、加筆訂正しました。


TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】
17.10.26
【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】
17.10.24
【溶接】2連はしごの天井収納リフトの制作【DIY】
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】