【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】

【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】

【状況】

我が家の掃除機がある日、電源を入れてもウンともスンともプスリとも言わなくなったらしい。ちゃんとコンセントを差しているのにもかかわらず。

こんな時はWEBマスターに緊急連絡が入り往診の要請が入る。
しかし、掃除機を2~3年ほぼ、毎日使っていて突然動かなくなったということは原因はアレだなとすぐに思いつく。

掃除機は、ブラシモーターなのでブラシが入っている。ブラシといっても歯ブラシみたいに毛が生えているわけではないが、いわゆるモーターの整流子の部分である。

今回は、このモーターのブラシを交換する。

【修理開始】

まずは分解。

分解しました(゜Д゜)

では、モーターにとりかかりましょう。

これが掃除機のモーターです。消音スポンジに包まれてたりブラシのカスのカーボンの粉がたっぷり溜まってたりしますが、とっぱらいます。ブラシが見えてきました。

下が取りだしたブラシで上が新品のブラシ。

これはなにかをいじったとかではなくて取りだしたままの状態を新品と比較しています。
中にスプリング入っていてブラシを押しだしていますが、下はすり減って短くなっていますね。

この長さがもう利用できる限界でこれ以上は電気的に回転子に接触がなくなりモーターが回転できなくなります。要交換です。

部品番号は M11 C45 631 三菱電機

はい、新品ブラシを2カ所交換しました。

モーターのファン側にゴムのフタをかぶせて

スポンジを巻いてから樹脂のカバーをはめますけどスポンジが切れたのでスポンジは撮影時は省略。

コネクタは間違って差し込みできないですが強引にはめこんだりしないようにしましょう。

アカとかクロとか基板に印刷されています。

掃除機の基板はこれだけです。差し込み忘れなどをきっちり確認してください。
これは基本なのですが、半差し(差し込みが甘い)や無理矢理、違う場所にはめ込むなどがないように確認してください。

よくありそうなのが、組み立て時にどっかに配線がはさまって無理矢理組みたてて断線するケース。
この辺りは、バイクや自転車のチューブにも共通する事案です。

お腹の部分です。この何もないところにモーターを取り付けます。

掃除機らしくなってきました。モーターの向きはファンが吸い込み側になります。

ホースのスイッチへ繋がる配線の経路を確認してカバーをはめていきます。

コードは、カバーの穴付近の部品がはずれるのでコードを通してから部品を戻します。

ホース側のカバーをはめます。

掃除機の下側中央付近のパネルの内部にネジがあります。

掃除機は、2015年製なのでまだブラシ交換で済ませたいですね(^^

三菱掃除機TC-FXD8P-S

紙パック式です。

ネジを締めていきます。

忘れずに。

ここが表に見えている最初にネジになります。

ホース側は、このハンドルの上カバー(ハメ込み式)をはずすと見えてきます。

パチっと戻せばOKです。

紙パックを戻します。

WEBマスターのお家では、紙パックは純正のみです。

この純正紙パックMP-7を使うと、掃除機の排気臭がほとんどしないんですよ(^^互換品の紙パックだと、臭いはかなりするものが多いんですが、純正品はほんとに臭いがしないです。

コードの巻き戻し機構の確認OK。

車輪の状態OK。

組み立て完了したのでテストした結果は成功!だったのですが、パワーブラシが作動したりしなかったりなので調査。

接点にゴミがいっぱいついていたのでクリーニングしたり

スライド接点に接点復活剤を吹いたりしたのに変わらず。

どうも症状は接触不良なので、順番に端子を確認していくと、、うわ、摩耗してる!(゜Д゜)

電源入れたままはずして短くして掃除したりしますからねー(^^;)マイクロ放電で端子が減ってるんですよ、、

少し、回転させて接触する場所を変えてから接点復活剤で掃除しておきました。
メス側に、接点グリスを塗っておくと良いかもしれません。

昔の機械式接点だったラジコンによくつかってました。砂が入ってジャリジャリになってましたね、、

これにて、すべて完調になりました(^o^)

【修理完了】

【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】

【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】

【状況】

WEBマスターの足車の2st原付のYAMAHA JOG-Z 50CC。
車齢が23年落ちなので毎年少しずついろいろな場所を整備しています。

車検がないから整備しなくてお金がかからず手間もかからないなんて大間違いです(^^;)
小さいながらにそれなりにメンテが必要になってきます。

今回は、車庫の床に変なオイル染みを発見したのがきっかけですが以前からエンジンの下部がオイルで汚れやすいなとは思っていたのですが、症状が進行しタレるまでひどくなってきたようなので修理することにしました。

【修理開始】

怪しい箇所は、2stのオイルタンクからエンジンに適量のオイルを送り込むオイルポンプのどこかなのでマフラー側から冷却ファン周りを脱着。

うーん、オイルホースが濡れているぞ、、

良く見ると、オイルでじっとり。

どうもホースの付け根が怪しいとみました。

タンク側

まずは、2st用のオイルを抜きましょう。

クリップをずらしてホースをはずしオイルを自然流下させます。

トロトロでてきます。

使用オイルは、YAMAHAの青缶。いわゆる純正オイルです。

これを使っておけばまず間違いないオイルです。

タンクを見ると大分抜けてきました。

ペットボトルを切って作った容器が一杯になりました。。あぶない(^^;)

タンクをのぞいても空っぽになりました。

タンク側もホースをはずします。

はずれました。

うん、なにか変だぞ。切れ目が見える、、

パクっと、、、

うわぁぁぁぁぁぁぁ、口が開いたたぁぁぁぁ。
この状態が長いと予期せぬエア噛みなどでエンジンによろしくありませんね。

オイルホース交換ですね(^^;)

怪しいと思っていたので部品は取り寄せておきました。

同じ品番はなくこっちを使ってよ的な型番で取り寄せましたところ

長さだけが長いんですね。これを旧のホースに合わせてカットしてつかいます。

ホースクランプも買っておきました。

ホースに入れて

ホースをオイルポンプに差してクランプで抜け止め処置しておきます。

あとは元のようにホースの経路に戻して組み立てます。

オイルをタンクに戻して、少し時間をおいてからキーをONにしないでキックしてエア抜きをします。
ホース交換後だけ2stオイルをガソリンタンクに少し垂らしてうすい混合油にしておけば焼き付きの心配もないですね(^^その後、アイドリングでしばらく回しておけば大丈夫でしょう。白煙が観測できたらOKです。

【修理完了】

【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】

【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~6日目、そして最終回【DIY自転車整備】

【6日目最終回修理作業開始】~各種調整をしっかりやろう

ママチャリのオーバーホール最終回です。いや~長かったですね(^^; ここまでバラして再組み立てすると今まで適当にやっていた調整などもしっかりやろうという気持ちになります。あらゆる部品がサビに強い耐久性が大幅にUPした部品に変わっています。

さて、残りの作業をやっていきましょう。

■サーボブレーキの調整

サーボブレーキにワイヤーを取り付けます。コツは、ブレーキのワイヤー取り付け部のレバーを手でひっぱった状態にしてワイヤーを通し、ボルトを締めます。手を離すと若干ワイヤーの弛みが取れていい感じになりますのであとは、調整ボルトでブレーキレバーの遊びを自分の好みに調整します。

これでもちょっとブレーキが甘いなともったら

このサーボブレーキのネジをちょっと締めて調整します。これはバンドとブレーキハブの隙間を調整します。

調整完了しました。

■変速ワイヤーの取り付け

変速ワイヤーを取り付けます。

ジンクススプレーでサビ止めバッチになった金具を取り付けます。

金具を取り付けハブボルトで締め付けます。
この時にハブボルトが奥まで入らず、変速のバーを奥まで押し込めない事態になっている場合は、内装ギアの玉押しをもう少し締め込みます。

調整するときは、ハブボルトを一旦はずしてここから見える内装3段ギアの玉押しを調整します。
チェーンの張りを調整したりしていくと玉押しの再調整がやはり必要になると思います。

ここで内装ギアの玉押しをしっかりやっておかないと、ノリ味が悪くなるでしょう。

玉押し調整がしっかり出来るとハブボルトを締めても変速バーに干渉しません。

調整できたらワイヤーを通してキャップをはめます。

■ブレーキ側ハブボルト締め付け

順番はスタンド、泥よけのステー、荷台のステーでハブボルトです。

■変速ワイヤー調整

調整は、中間なので2速の位置で行います。

上の写真の変速バーの線がわかりますか?これが2速の時に見えなくなるぐらいの位置が取り付け後の調整位置です。ここからシフターで変速具合をみて若干調整ボルトで調整すればOKです。

この調整は、走行テストしながら変速具合を確認しておきます。

■クランク取り付け

クランクも磨いてピカピカになりました(^^

これはディスクグラインダーで磨いています。

輝きがもどりました。

■タイヤの虫ゴムはスペシャルバルブへ

虫ゴムよりは耐久性が高いスペシャルバルブへ交換。

■鍵の取り付け

 

不正解錠されにくいディンプルキータイプの馬蹄錠にします。

馬蹄錠はやっすい奴には十分注意してください。簡単に開いてしまうモノもあります。
また、カチンと締まるときに出てくるわっかがほっそいタイプは曲げられてしまうので選定には注意してください。
悩むくらいなら、上の同じもの買ってくださいね(^o^)

■荷台の取り付け

荷台は、ステンレス製ではなく元のサビサビ荷台を再生したものを再利用です。
サンポール風呂でサビを落としてから、ピカールで磨き脱脂してからクリヤ塗装してます。

■チェーンカバーのフタを取り付け

チェーンカバーもキレイになりました。トップコートにクリア塗装してます。

■スタンドのバネ交換

スタンドのバネを交換しました。

購入するときは、バネの長さのサイズがいくつかありますので計ってから買いましょう。

■アルミカゴの取り付け

すっごく軽いアルミ製のカゴです。学生さん用ならステンレスのが丈夫で変形しにくいですね。

■前輪(オーバーホール後)

前輪もきれいになりました。

■前輪(オーバーホール前)

■後輪(オーバーホール前)

■後輪(オーバーホール後)

■オーバーホール後のママチャリ

やっと、組み立て完成しました。塗装は地味目にしております。試乗後の感想は、ギアチェンジがとってもスムーズになりましたね。タイヤも新しいのでゴムが地面に食いつく感じが伝わります。

また、長く大事に使っていきましょうー☆

■ママチャリオーバーホール完了

次のページ »

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】
17.10.26
【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】
17.10.24
【溶接】2連はしごの天井収納リフトの制作【DIY】
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】
17.09.24
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~3日目【DIY自転車整備】
17.09.19
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~2日目【DIY自転車整備】
17.09.18
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~1日目前輪脱着【DIY自転車整備】