修理のきろくへようこそ

 修理のきろくDXに遊びに来ていただきありがとうございます♪
更新は、不定期ですがオリジナルなコンテンツを提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
また、サイト上、気になる部分などがありましたらお知らせくださいね。

≫【ソーラーパネル】マイクログリッドな太陽光発電のきろく【DIY】
≫【自動車整備DIY】トヨタ ウィッシュの整備記事まとめ
≫【人気記事】エアコンのDIY記事 その1エアコン関連の記事まとめ
≫【キャンプ関連のDIY記事】 その1キャンプ関連の記事まとめ
≫【通年】夏の猛暑対策DIY記事 その2プレハブ折板屋根に遮熱塗装DIY施工

≫姉妹ブログ その1自作PC備忘録~組み立てからエラー対処まで
≫姉妹ブログ その2旅PRESS!DX

twitterで更新通知が受け取れるようになりました。→ @naosuzo_com

修理のきろくDX!新着情報

修理のきろくDX!新着記事

【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】

【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】

【状況】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】で始動したJOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。の続続編です。

50CCの2st原付バイクの坂道でパワーダウンという症状を考える場合、原因についてはいろいろ考えられますし複合して一緒にちょっとづつ状態が悪化している場合もありますので原因を一つづつ確実に解決するための整備を行う計画を立ててちょっとづつ整備しています。

今回は、簡単に言えば、クラッチの分解整備となります。

【作業開始】

クラッチを外して分解整備するのでクランクケースを開けます。
今回はクラッチの整備なのでここまでは省略。

通常の整備の際は、クラッチを分解する事がなかったのですが今回はクラッチを分解していきます。

大きめの薄いナットをはずしますが大きいのでウォータープライヤーで回します。
このナットはいきなりはずすと内部のバネが弾けますのでココでは緩めるだけ。

ナットを緩めたら、クランプをはめてからナットをはずします。

はずれたら、クランプをゆっくり緩めてはずしていきます。

クラッチシューが付いている側をはずすと、トルクカムがでてきます。

トルクカムを良く見ると、

トルクカムの溝が摩耗して段がついておりスムーズに動かないかもしれない状態になっていました。
今回は、段をヤスリで削って滑らかにしてやります。

簡単に言うと、トルクカムとは、JOGの様なベルト駆動の無段階変速装置でキックダウン(強制的にギア比を下げる)させるための機構です。一番わかりやすい状況(シチュエーション)は、登坂走行です。
ギア付きバイクで例えると、坂道などの登坂走行するときには、排気量が少ないバイクは3,4速では加速しないので2速や1速にするんですが、スクーターは自動変速なのでトルクカムによってギア比を下げてやります。

動作の仕組みは、【トルクカム 仕組み】などで検索してください。

金ヤスリで、段の部分を削って滑らかにします。

手で回して滑らかに動くようになりました。段があるときは段でひっかかってかなり抵抗感がありました。

いつもの極圧有機モリブデングリス ウレアベースを使ってグリスアップします。

ココのトルクカムのグリスアップは結構重要ですね。
極圧有機モリブデングリス ウレアベースは、適任だと思います。

 

再び、組み上げ脱脂してからベルトを装着します。

ベルトを嵌めてからエンジンをかけて動作チェックします。

あとは、クランクケースを閉めて試乗して完了。
発進加速、加速中、登坂とてもスムーズになりました。

【完了】


【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】

【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】

【状況】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】で始動したJOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。の続編です。

坂道を登る時に遅くなってパワーダウンしてしまうWEBマスターのJOG-Z。
前回は、ピストンとピストンリングを交換しましたが、それでもまだしっくりこないので今回はマフラーを交換することにしました。2stエンジンのJOGは、オイル分離給油式なので2stエンジン専用オイルをキャブレターの中でガソリンに混ぜ混ぜしてエンジンに送り出していますが、2stエンジンの特性でそのマフラーは燃えカスのススが溜まり易くなってマフラーの中のパイプを詰まり気味にしたりします。
詰まり気味になってくると、エンジンの吸排気抵抗が増えてパワーダウンや白煙が増えたりという症状がでます。

この車両は、オリジナルマフラーの3WFが付いていますので最初からマフラーはノーメンテということになりますので今回は新品純正同等品に交換することにしました。

【交換開始】

マフラー詰まり解消というと焼きを入れたり薬品を使って洗浄したりしますが、今回は新品マフラーに交換することにしました。WEBマスターのお家の周辺は住宅が等が密集しているので煙がモクモクでるようなマフラー焼き作業ははばかられます。薬品(パイプフィニッシュやパーツクリーナー)は時間がかかる(つけ置き日数等)ので見送りしました。

※ハイパーブラックマフラー MF-3YKを購入。
まだまだ大事に乗る予定なので必要な部品代は惜しまず投入します(^^

↑新品

↓はずした古い3WF

形状的にはもうソックリです。

新品のエンジン側と出口側です。

それでは、作業としてはまず古いマフラーの脱着。

センタースタンドをかけて作業する下にひざをつけるマットやダンボールセットします。
正面にみえてる上下のボルトを緩めます。

エンジン排気ポート側です。真下なのでやりにくいですが、この排気管の付け根の10mmボルトを緩めれば外れます。

ちょっとブレましたがこのように外れます。

排気側を緩めたら、最初に緩めた2本をはずしてマフラー本体を支持しながら排気ポートからはずしてやります。

新しいマフラーです。カバーはブラックに。

ガスケットが1個付属品で付いてきますので新しいのに交換。

ボルトを4カ所締めて交換完了です。

【交換完了】

新しいマフラーはやっぱり抜けが全然違いました。はずした3WFも抜けるには抜けましたが新品マフラーはエンジン音が全然軽い音で静かになりました。
パワーについては復活させるためには、まだまだやる事が実はありましたが。続く。

 


【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】

【状況】

2st 50cc 原付スクーターバイク JOG-Z 1992 YAMAHA WEBマスターの足用バイクである。
自分で日々、DIYメンテナンスを行い維持して乗っているが、最近フトね。WEBマスターは気がついてしまったのだよ。

この子、坂道がおっそいの。

普段は坂道を走る事がほとんどなかったので気にしなかったのだけど、坂道に差し掛かると
30km/h以上になると加速率が悪化しキツめの坂だと失速すると言う状態。

また不都合な症状として、最近は始動性の悪化、キックの戻りが悪いなどの症状が出始めたので、
JOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。を始動することにしました。
その第一弾として、走行距離もかなりいっているのでピストン&ピストンリングを交換メンテナンスから
やってみましょう。

■交換後から観察したピストン&ピストンリングが摩耗した時の症状

この記事を書いているという事は交換は成功したということです(^^
ので交換し終わってしばらくした後からわかったピストン&ピストンリング交換前の症状です。

  • 始動性がすこぶる悪い
  • 吹け上がりが悪い
  • パワーダウン
  • エンジン音が重い
  • 白煙が多い

などの症状がありましたが、ピストン&ピストンリング交換によって改善しました。

ただし、同時期に、キャブレターのオーバーホールやマフラー交換を行ったのでこれらの作業の影響も
ありますが、始動性については、オートチョークの機能をカットしてますが始動性は良いです。
キャブレターに燃料が入ってくればワンキックでエンジンがかかります。※注夏場※冬までにはオートチョークも復活予定。

ということで、走行距離も伸びて上記の症状が当てはまってきたら、エンジンに悪影響が出る前にピストン&ピストンリング交換を考えた方がよさそうです。

部品購入

ヤマハの純正部品が取れる通販などで購入します。
ウィブバイクやモノタロウなどです。

交換する物は、ピストン、ピストンリング、ガスケット、ピストンピン、ピストンとコンロッドのベアリングですね。

ガスケット以外は、純正品を利用。

作業開始

まず、ピストンにピストンリングを2本セットしておきます。

スクーターの50CCのピストンって小さくてカワイイ。

ピストンを観察すると、上下方向に向きがあるので注意。

ピストンリングいじりに慣れてないWEBマスターがピストンリングをセットするときにやった方法は、
ファイルケースありますね。これをピストン外周に合うように切って巻き付けます。そして、上からピストンリングをかぶせて滑らせて行きます。

それで、トップリングとセカンドリングがありますのでそれぞれの位置に移動させたら、ファイルケースをずらしていけば溝まで簡単にハメることができました。トップリングはフチが白い方でリングの切れ目は、ピストンリングの溝のでっばりがあるのでそこに切り欠きがくるようにセットします。

はい、出来ました。シリンダーに入れるまでは、リングはかなりブカブカしています。ピストンリングは、シリンダーの中で摩耗からピストンを守っている重要な部品になります。

バイクのカウル脱着

次は、エンジンの腰上を開ける必要があるのでカバー類を脱着します。

詳しいカウル類の外し方は割愛して先に進みます。メットイン部も外し終わるとエンジンが見えてきます。

エアークリーナーボックスも外して

ファンカバーも外します。

シリンダーが露出しました。インテークマニホールドにゴミが入らないように養生。

で行きますよ。シリンダーのナットを外してシリンダーヘッドカバー脱着。

シリンダーヘッドカバーの様子。カーボンは少なめ。

キックしてピストンを動かして表面を確認すると、ピストンは真っ黒。

矢印は地面方向になってます。

シリンダーの本体を引き抜いてやるとピストン出ました。それなりに吹き抜けている跡はあります。

リングは固着なしなので走行距離が伸びてリング摩耗と考えて間違いなさそうです。

吹き抜けた分はピストンの移動の抵抗にになると思われるのでパワーダウンになりますし混合気の方に排気がモロに混ざりますので白煙が増える原因にもなりそうです。

ピストンピンを外して

ピストンをコンロッドから外してやります。コンロッドを持ってガタツキを調べたりしますが異常なし。ここの奥が見えている部分は、ウエスなどですぐに塞いでおきましょう。異物やゴミを落とすと取れなくなります。

シリンダーヘッドカバーを真ちゅうブラシなどで磨きます。

オイルストーンでガスケット面を軽く磨きます。

ピストンに2ストオイルを塗って装着します。

コンロッドにベアリングなどをセットしてピストリングを取り付けたら、C型のピストンピンのクリップをはめます。切れ目が切り欠き部分から90°回して切れ目が見えない位置で固定。

それなりにキレイにしたシリンダー本体を装着。

ガスケットを先に入れてシリンダーをかぶせてピストンを入れていきます。ピストンリングを指で縮めて切り欠きからずれないように注意してシリンダーをかぶせます。

シリンダー本体を奥までセットしたらキックを軽く踏んで軽く動くか確認。
すごい滑らかに動きます。

シリンダヘッドカバー用のガスケットを入れて

ナットを仮に固定。ゴミが入らないようにプラグも仮固定。

対角線上のナットをキックを何回か踏みながら、何段階かに分けて締め込んでいきます。締め付けトルクは、約14N・m(1.4kgf・m)にしました。

シリンダーヘッドカバーを取り付け完了しました。プラグを締め付けておきます。

外しておいたオイルタンクやキャブレターを取り付けていきます。

 

キャブレターにホースやアクセルワイヤーをセット

ファンシュラウドを戻します。オイルのホースの取り回しに注意。

ビキニ状態まで戻ってきました。

ここで試運転します。

各部を最終点検しなにか忘れていないか落ち着いて作業を振り返りつつ確認します。

↑この行程大事ですね。

よくありそうなのが負圧ホースが抜けていてキックしまくってもエンジンかからないよー涙
とかあります。

とりあえず、エンジン始動においてはすんなり始動しました。
アイドリングで数分放置して異音やオイル漏れなどないか確認します。

あとは、カウルを戻して完了。

■慣らし運転について

積算で100KMくらいになるまでは、全開走行は禁止でいたわり走行します。
一応、ピストリングリングとピストンはかるーく面取りっぽいことをしておきましたが、念には念を入れて慣らし走行しておきます。

しばらくしたら、キャブレターのオーバーホールとマフラーも交換しようと思います。
まずは、現状で慣らしを行っていきます。



次のページ »

人気記事
メニュー
ご案内
What's New
19.09.07
【HDD】WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日【故障】
19.09.01
【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】
19.08.24
【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】
19.08.17
【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】
19.07.11
【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】
19.06.24
【2st原付】シートのレストア【JOG-Z】
19.05.19
【ウィッシュ】ラジエーター周りのメンテナンス【ZNE10G】
19.05.16
【ウイッシュ】タイロットエンドブーツの交換【ZNE10G】
19.03.23
【PC】USB接続の学習型赤外線リモコンの制作【エアコン遠隔操作】
19.03.10
【DIY】換気扇用温度センサー連動コンセントの制作【トライアック】
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】