修理のきろくへようこそ

 修理のきろくDXに遊びに来ていただきありがとうございます♪
更新は、不定期ですがオリジナルなコンテンツを提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
また、サイト上、気になる部分などがありましたらお知らせくださいね。

≫【ソーラーパネル】マイクログリッドな太陽光発電のきろく【DIY】
≫【自動車整備DIY】トヨタ ウィッシュの整備記事まとめ
≫【人気記事】エアコンのDIY記事 その1エアコン関連の記事まとめ
≫【キャンプ関連のDIY記事】 その1キャンプ関連の記事まとめ
≫【通年】夏の猛暑対策DIY記事 その2プレハブ折板屋根に遮熱塗装DIY施工

≫姉妹ブログ その1自作PC備忘録~組み立てからエラー対処まで
≫姉妹ブログ その2旅PRESS!DX

twitterで更新通知が受け取れるようになりました。→ @naosuzo_com

修理のきろくDX!新着情報

修理のきろくDX!新着記事

【2st原付メンテ】加速しない、後輪引きずりの修理【JOG-Z】

【2st原付メンテ】加速しない、後輪引きずりの修理【JOG-Z】

【状況】

■JOG-Z 1992 50CC YAMAHA 2stエンジン

今回は加速しない(※正確にはしばらく乗っているとギアが下がらない、後輪が引きずるような)症状が出始めましたのでメンテナンス修理のお時間になりました。

駆動系が冷えてくると正常になるんですが、しばらく乗ると上記の症状が出始めて乗っていて快適ではないので症状が悪化して本格的に壊れる前に修理に取りかかろうと思います。

原付スクーターのクランクケース内は密閉されているので、走行距離が伸びるとベルトのカスが溜まっていき汚れていきます。また、クラッチの中のトルクカムも古いグリスを拭き取ってグリスアップしてあげる必要があったり、ウェイトローラーの掃除や給脂も定期的にはした方が良いです。

前回のクランクケースのメンテは、2019年の8月頃だったので現在2021年2月。前回より1年半ですので割と毎日乗っているのでベルトカスなどもかなり溜まってそうですね。

それでは取りかかりましょう。

【修理開始】

2021年バージョンのWEBマスターの足車のJOG-Z 1992 50CC YAMAHA 2stエンジンです。

キックレバーを外して樹脂カバーをはずします。ここから先は、ネジが固かったらインパクトドライバーをつかいましょう。持ってなかったら無理しないで用意してから作業した方がネジを舐めるより100倍ましですよ。

バイクメンテなどで面倒くさくなったり大変だなと思ったりするのは大体、固いネジがはずせないあたりから始まってくると思いますが、インパクトドライバーを使えばホントに楽ですから。

ちなみに、電動工具のインパクトドライバーではなくこちらは、金槌(かなづち)で頭を叩いて打撃を回転に変換して回すタイプになります。打撃で押しつけながら回転させるので非常に舐めにくいです。

+3のプラスドライバービットがいい感じにしっくりきます。

周囲にたくさんついているプラスねじをサクットはずしてカバーオープンです。

大体、インパクトドライバーでコツコツ全週順番にネジを叩いて緩めておけば簡単です。

あけると内部はもう真っ黒。

ベルトもなんかホコリまみれにみえますね。

クラッチをはずします。いつもはエアーインパクトレンチでガーではずしますが、割と平日の緊急メンテでしたので深夜な都合上、WEBマスターハンドで外していきますね。そういえは、オヤジに楽天ハンドをゲットしたあげたなーなんて思い出しましたよ(^^

大分、使い込んだプーリーはずしをかけてモンキーレンチで緩めます。

クラッチアウターをはずすと、クラッチーシューが見えてきました。最初にクラッチミートする部分が焼けてますね。

この辺りまでは異常は特にはなさそうです。

次は、クラッチをさらに分解してトルクカムの点検とグリスアップですね。

これのはずし方は前回の記事でもやってます。

キャプテンスタッグのキャンプ用品の折りたたみテーブルを出してきたら写真がちょっと見栄え感UP。

トルクカムのカバーをはずしてチェック。

ちょっとグリスが少ない感じなのでグリスアップしておきます。

いつもの極圧有機モリブデングリス

見た目は焼けてるとかもなくそこそこは動きますが、グリスアップしたらもっと軽くクルクル動くようになりました。これが原因かなと。グリスの量って言うのはある程度、メンテの経験と実際の乗り味の比較検証がないとなかなかわかりませんからね。今回は少し多めにしますが、どのみちクランクケースは、最低1年~1年半は1回は開けて掃除やらグリスアップは必要です。

掃除してからグリスアップして元に戻します。

次は、ウェイトローラーの点検とグリスアップです。

WEBマスターハンドでプーリー回しでプーリー脱着します。

 

カスまみれで真っ黒なので掃除。ローラーは薄付けグリスのおかげで摩耗なし。

今回も掃除してグリスを薄く塗っておきます。

最初はねばってる感じがしますが慣らせばコロコロになります。

プーリーをブレーキクリーナーで脱脂して綺麗なサラのウエスで拭き取って綺麗に。

ベルトがこのプーリーに挟まれている空間で動いて変速しています。

手前がドライブフェイス、奥がドライブプーリーです。

ベルトもブレーキクリーナーで脱脂してカスを落としておきます。摩耗限度はまだOK。

 

プーリーもブレーキクリーナーでカスを落として再度装着。

実はクラッチ側からかけた方が入れやすいと思います。あとは回転させてねじ込む感じでベルトセット。

手で回していくと遊びが取れてきます。

セルでエンジンがかけれるならここで回転に気を付けてエンジン始動して動作確認しておきます。

キックしないとダメな方はもうクランクケースを閉じましょう。ダメならやり直しになりますが(^^;)

 

 

元に戻してクランクケースのメンテは完了です。

次は、タイヤをはずしてドラムブレーキをメンテしていきます。

マフラー脱着。

 

エアーインパクトレンチで緩めます。

タイヤ脱着すると後輪ブレーキシューが見えてきます。

シューを外して摩耗状況を確認します。カスが溜まってくると摩耗粉のせいでキーキー音がしてくるんですがもっと他にも原因がありました。

ホイールにブレーキドラムが固定されているんですがこの内面にかなり溝ができている状態になっていますね。

この溝がブレーキライニングに縦溝(段付き摩耗)が出来る原因になり音鳴りやジャダーを発生させます。

そして、このような状態が進むとブレーキの効きが甘くなるので調整して遊びを減らしてきつくブレーキをかけれるように調整してしまいがちですが遊びを減らしすぎるとブレーキを引きずります。

ということでブレーキシューをとっとと交換します。ライニングをきれいに摩耗させて使うには、ブレーキのドラム研磨を考える必要がありそうです。

今回は在庫しえいたブレーキシューの交換で対応します。

後輪ブレーキの遊びの調整はこのボルトで調整します。

後輪タイヤを装着します。今は90/90のちょっと太めを履いてます。

マフラーも再び装着してメンテ修理完了です。

■メンテ修理完了

今回のメンテ修理は最高に効きました。加速性能が完全回復しまして坂道でも発進加速でも追い越し加速でも7馬力2ST-JOGの性能を出して切れているんではないかと思います。


【エアコン修理】寒波襲来!室内機のファンの異音及び異常を治す【霧ヶ峰】

【エアコン修理】室内機のファンの異音及び異常【霧ヶ峰】

【状況ー序】

TOP画が暗くてよくわかりませんね(゜Д゜)
では、明るくしてみましょう。

なんか、中心軸の部分がブッチ切れてニュルッと出て来ちゃってます。
これが、今回の故障の原因でした。

それでは、今回もいってみましょう。

お題は、

【エアコン修理】室内機のファンの異音及び異常【霧ヶ峰】

でお送りします。

【状況ー開始】

時は、2021年新年明けの寒波の真っ直中。
朝方は、静岡県東部の太平洋側でもマイナス2度とかになる日が続いている頃です。

そんなある日、早急に暖を取ろうと我らが霧ヶ峰エアコンのリモコンのパワフルモードをONに。

ちなみに、パワフルモードの説明は、取説には

パワフルを設定すると、風速が上がります。
冷房感、暖房感をより強く感じたいときや、風を遠くまで届けたいときに選んでください。

素晴らしい!求めていたのはこの機能よ!ぴ!

とリモコンのボタンを押しました。
実際、風量は、最大を超えて、ダイキンの空気清浄機的に言えばターボモードになります。

ところが、この日は、この後、問題が発生。

ガコガコガコガコガコ

とクロスフローファン(※三菱風は、ラインフローファン)から異常な振動と異音が発生!
しかし、このファンは面白いですよね。ケースによって吸い込み口と吐き出し口の位置を作り出しています。

ともかくも故障発生の瞬間に遭遇してしまったようです。
このパワフルモード、かなりファンにも負荷がかかる様子(爆

さて、モーターがいかれてしまったのかファンのどこが壊れたのか、、この寒波の連休中ですが緊急修理することにしました。

どちらにしても、部品発注するにしても分解調査は必要ですね。

この霧ヶ峰エアコン、実は、ファンもはずせて分解掃除をとっても簡単よ!と紹介したのは、当修理記事ブログが元祖かも(笑

【霧ヶ峰】分解エアコンクリーニング【第2弾】※2012年頃の記事

 

今回も自分の過去の修理記事を確認してから、サクっと分解。

うわ、またカビカビになってる~。
2012年の記事のあとも何度かはお掃除はしているんですけどね。
やっぱり、エアコンって空気を吸い込み循環し続けて夏は結露水でジメジメしてるんでカビちゃいますね。

しかし、ここまでバラせる霧ヶ峰。スッキリお掃除もしておきましょう。

さて、ファンの軸部分がいかれたのか調べていくと、、

原因がわかりました。

なんで、この軸、、、外れてるの、、、(爆
ここは、このゴム部分が一体化しているのが本当で取れちゃダメな部分です。

よって、振動とか異音は、このクロスフローファン(※ラインフローファン)の軸受けのショック吸収ゴム部分が裂けて破れて脱落しかかっているのが原因ですね。

さて修理は、

1,新品に交換する(三菱サービスから取り寄せる)

2,気合いで軸を修復する

となりますが、奇しくも連休中でしかも強烈な寒波のただ中。エアコンを止めるとお部屋が10度以下になります。

とりあえず、修復を試みてダメなら後日、ファン交換という作戦でいくことに。

クロスフローファン修復作戦開始

時は、寒波のただ中。外気温が5度以下で作業しておりますので写真を撮る余裕がなく写真少なめです。

どうやって直すか考えました。
軸は、ゴムで固定されているので、ここはセメダインXで接着します。
本当はUT110とかのゴム用が良いかもだけど、緊急なので手持ちで。

接着剤は、化学的修復になります。が機械的な修復も合わせてやっていきます。

軸を固定する部分以外にもネジ穴を開口して4ミリネジ穴を作りました。

この寒いなかボール盤で3.5ミリの穴を開けまして4ミリバイスでネジ切り(爆

でできあがったのでコレです。

ステンネジの4ミリをカットしてネジを作りました。

エアコンが稼働している事務所に待避して、外れちゃった軸をステンレスの0.22mmの針金で縫いました。

周囲のゴムにも4カ所開口してネジから2本づつ針金を固定していきます。

要は、手術ですね(爆
軸を入れる前に、接着剤を塗ってから少し乾燥させて埋め込みます。

接着剤は手持ちにあった、セメダインXクリア 超多用途。
ゴムも一応いけます。

乾燥には、少々時間がかかりますので接着剤だけに頼るなら1日放置は必要だと思います。
さらに、ゴムに合ったタイプの接着剤は、

それで、ゴム板に針金でも裂けてきそうなので薄板のアルミ板を切りだしてきてゴム板が裂けないようにカバーを作ってその上から針金をねじって固定しました。軸側とモーターのクリアランスはこの程度は余裕なのは確認済み。

これで軸周りにかかるトルクを4カ所のワイヤーの固定点にも分散させる修理です。

それから、キッチンの石油ファンヒーターの少し離れた位置でぬるめの温風を2時間半ぐらい当ててて接着剤の乾燥をうながして待機。寒いからやっぱり25度程度に暖めておく必要があります。

なんとか、固着したので組み立て。
冬なので寒くてモーター軸に入りずらかったら、ファンの切れ目からマイナスドライバーを入れてトンカチも使って軸の周囲の金属部分を叩いてでも押し込みます。コツンコツンと。

そしてうまく入ったのが上の写真。

反対側のゴム軸受けの内部には、ラバーグリスを塗っておきました。

お掃除の様子は、割愛させて頂いたので、お掃除が気になる方は、上で紹介した記事をご覧ください。

今回も分解後にすみやかにお掃除しておきました。
キッチンハイターをかなり薄めてウエス(ぞうきん)でカビを消毒しながら拭き取りました。
ファンは、エアコンクリーナーでカビ取りをして乾燥させてから再び装着。

カバーなど再び再度組み立てて電源ON。

なんともなかった様に静かにファンが回り出し温風GETです。

【修理完了】

修理後、1週間経ちましたが、特に問題もでず。
2009年製ですから設計上の耐用年数10年なので、設計耐用年数経過してまもなくの故障でした。

今回の修理費用は接着剤が550円の十分の一程度の使用量とはりがねとアルミ板で数百円もしないのでおよそ、500円以下で修理完了です。


【DIY】太陽光発電用リチウムイオン電池を作る【組電池】

【DIY】太陽光発電用リチウムイオン電池を作る【組電池】

【状況】

前回の記事(【DIY】電池タブ用のスポット溶接機の制作【組電池】)で作ったスポット溶接機を使って、リチウムイオン電池パックの制作に取りかかりました。
この電池パックは、別に用意する50Wソーラーパネルを使ってWEBマスター宅の階段室兼廊下のLED照明の電源用に制作しています。仕様は、充電時の最大充電時電圧12.6Vなので3直10.8Vで2本並列づつの合計18650型リチウムイオン電池を6個使って制作します。LED照明が12V用なので電圧変換なしでそのまま使える電池ということになります。2本並列になったのは、50Wソーラーパネルが最大2A程度供給しますので並列にしてリチウムイオン電池の推奨充電電流を超えないようにします。

 

【18650型リチウムイオン電池の注意事項】

  • 生電池(保護回路なし)なので組み電池にする場合は保護回路を組み込むことによってショートや過充電、過放電から守る。
  • 高温での使用、保管や湿度が高い場所に設置しない。
  • 満充電状態で長時間放置すると劣化が激しくなるので工夫する。
  • 1C以上での急速充電は避ける。今回の場合は、並列にして対策。
  • 放電深度を低くする。完全放電と完全充電を避ける。組み電池の設計に余裕を見る。
  • 長時間使用しないときは電池容量50%ぐらいになるようにして保管する。
  • 電池に衝撃を与えたりパッケージに損傷を受けないように保護する。
  • 規定の充電電流、電圧を守る。

【制作開始】

今回、用意したリチウムイオン電池18650型は、ちょっと前にセンゴクさんで買って放置していたもの。
2020年はあまりもいろいろな出来事(コロナ騒動やWEBマスターの人生における諸事情)があり、やっと、電池パックを作成に取りかかれるという状況である。計画から1年以上経ってしまった。

幸いときどき電圧を確認していたしサーバーが置いてある年中温度管理(夏はエアコンフル)している部屋においておいたので劣化は少ないだろう。

センゴクさんで売っていたたぶん、中華セル電池である。公称電圧3.6V 9.0WhなのでW=VAより2500mAhのリチウムイオン電池である。

これを2本並列にして、それを3直の6本で組電池(電池パック)を作る。公称電圧10.8V 2500mAhにんり並列なので5000mAhで理論値54Whのバッテリーになる。30WのLED照明を2時間近くは点灯させられる容量で人感センサーで制御されるLED照明なら数日間、雨や曇り空になっても電池が空っぽになることはそうそうなさそうである。

つまり、トイレの方にも配線を追加して停電時などに廊下と階段室とトイレは、独立型太陽光発電の電気で点灯させようという計画なのである。

ということで、取りかかりましょう。まずは、2本づつの4本を仮に固定。

スポット溶接キットと一緒に買った電池タブ用ニッケル板をハサミで切ってサイズを調整してマスキングテープで仮固定。

自作したスポット溶接機でニッケルの電池タブをスポット溶接(抵抗溶接)します。同時に2カ所できます。

1カ所電流が集中して火花が弾けてガッチリスポットに。
基本的には、手で引っ張っても簡単には剥がせない強度でくっついています。無理矢理剥がすと電池側の金属が少し削れて剥がれます。

電池のタブをスポット溶接するのは、ハンダ付けだと内部に熱がかなり伝わりますので電池に悪影響を与えて寿命が縮まったり電池にダメージを与えてしまうようです。たしかに広い金属面をハンダ付けすると周囲もかなり熱くなりますね。

電池タブのスポット溶接の場合は点部分のみに瞬間的に溶着されます。電池内部に熱が伝わるほどにはならずに済みますので電池へのダメージが最小限かつ電池ボックスのように、バネ部分の接点抵抗がありませんので電池を何本も組み合わせて使う場合は電気的にも有利になります。

今の電池の状況図

2本並列を3直に組み合わせてニッケル板をスポット溶接。

電極面に絶縁と電池固定用のPPシートを張ります。

PPシートの上にバッテリーマネージメントシステム(BMS)の基盤を置きます。

この基盤は、リチウム電池をショートや過放電、過充電、セルバランスの監視を行いリチウム電池を保護しますので必須になります。

底面も同じように処理し、中間の電圧用の電極をBMS基盤へ。電池の外装保護用にビニールテープを追加。

電池の各電極を基盤の端子にスポット溶接で固定。見た目がスッキリしますね。

P+とP-が電池の入出力になります。

一応、完成したので外装を装着する前に、テスト充電します。

B6バランスチェンジャーで3直の10.8V設定にして、12.3Vまで充電します。

この電池は、公称電圧3.6Vになります。

充放電のテストOKなので外装を装着していきます。

カプトンテープで絶縁して固定しおきます。
耐熱用のテープなのでビニールテープのように熱で溶けたりはしないテープになります。

ケーブル固定箇所が近すぎて嫌だったので電極間は、UVレジンで絶縁固定しておきました。

落とした場合などに衝撃で接触すると面倒です。

周囲の電極もカプトンテープで絶縁。

熱収縮ビニールに入れて電池パックにします。

周囲を圧着。

ヒートガンで炙りながら、収縮させて密着させます。

ちょっと、ぴったりしていない感じですが完成です。

今回のリチウムイオン電池パックの仕様

本数(2本並列3直) 6本
公称電圧(3直) 10.8V
容量 5000mAh
充電電圧 12.3V-12.6V

作った電池パックは別記事で作成するソーラー充電式LED間接照明の電源になります。

【完成】

スポット溶接機の製作記事→【DIY】電池タブ用のスポット溶接機の制作【組電池】



次のページ »

人気記事
メニュー
ご案内
What's New
21.04.17
【2st原付メンテ】加速しない、後輪引きずりの修理【JOG-Z】
21.01.25
【TOYO】ウィッシュのタイヤ交換【SD-7】
21.01.16
【エアコン修理】寒波襲来!室内機のファンの異音及び異常を治す【霧ヶ峰】
20.12.01
【DIY】太陽光発電用リチウムイオン電池を作る【組電池】
20.10.30
【DIY】電池タブ用のスポット溶接機の制作【組電池】
20.09.14
【2st原付】JOG-Zにドラレコを付けよう【煽り運転厳罰化】
20.09.14
【CORONA】除湿機の構造と異音修理とメンテ【DIY】
20.09.12
【DIY】オートディスペンサーの修理【モノタロウ】
20.09.10
【ウィッシュ】フリップダウンモニターの取り付け【DIY】
20.09.01
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ その2 自動散水制御装置紹介編【DIY】
20.07.06
【HONDA】スーパーカブのキャブレターオーバーホール【DIY】
20.06.07
【2st原付】JOG-Zと撮る初夏の夜景【RX100】
20.02.21
【自宅サーバー】HDDは逝くよ、ワトソン君【Gmirror】
20.01.29
【自作PC組立記】RAID de RYZEN5-3600 その1【win10】
19.12.04
【DIY】CADにチャレンジ!自作PCラックの設計製作【3D-CAD】
19.09.07
【HDD】WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日【故障】
19.09.01
【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】
19.08.24
【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】
19.08.17
【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】
19.07.11
【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】