修理のきろくへようこそ

 修理のきろくDXに遊びに来ていただきありがとうございます♪
更新は、不定期ですがオリジナルなコンテンツを提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
また、サイト上、気になる部分などがありましたらお知らせくださいね。

≫【ソーラーパネル】マイクログリッドな太陽光発電のきろく【DIY】
≫【自動車整備DIY】トヨタ ウィッシュの整備記事まとめ
≫【人気記事】エアコンのDIY記事 その1エアコン関連の記事まとめ
≫【キャンプ関連のDIY記事】 その1キャンプ関連の記事まとめ
≫【通年】夏の猛暑対策DIY記事 その2プレハブ折板屋根に遮熱塗装DIY施工

≫姉妹ブログ その1自作PC備忘録~組み立てからエラー対処まで
≫姉妹ブログ その2旅PRESS!DX

twitterで更新通知が受け取れるようになりました。→ @naosuzo_com

修理のきろくDX!新着情報

修理のきろくDX!新着記事

【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】

【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】

【状況】

我が家の掃除機がある日、電源を入れてもウンともスンともプスリとも言わなくなったらしい。ちゃんとコンセントを差しているのにもかかわらず。

こんな時はWEBマスターに緊急連絡が入り往診の要請が入る。
しかし、掃除機を2~3年ほぼ、毎日使っていて突然動かなくなったということは原因はアレだなとすぐに思いつく。

掃除機は、ブラシモーターなのでブラシが入っている。ブラシといっても歯ブラシみたいに毛が生えているわけではないが、いわゆるモーターの整流子の部分である。

今回は、このモーターのブラシを交換する。

【修理開始】

まずは分解。

分解しました(゜Д゜)

では、モーターにとりかかりましょう。

これが掃除機のモーターです。消音スポンジに包まれてたりブラシのカスのカーボンの粉がたっぷり溜まってたりしますが、とっぱらいます。ブラシが見えてきました。

下が取りだしたブラシで上が新品のブラシ。

これはなにかをいじったとかではなくて取りだしたままの状態を新品と比較しています。
中にスプリング入っていてブラシを押しだしていますが、下はすり減って短くなっていますね。

この長さがもう利用できる限界でこれ以上は電気的に回転子に接触がなくなりモーターが回転できなくなります。要交換です。

部品番号は M11 C45 631 三菱電機

はい、新品ブラシを2カ所交換しました。

モーターのファン側にゴムのフタをかぶせて

スポンジを巻いてから樹脂のカバーをはめますけどスポンジが切れたのでスポンジは撮影時は省略。

コネクタは間違って差し込みできないですが強引にはめこんだりしないようにしましょう。

アカとかクロとか基板に印刷されています。

掃除機の基板はこれだけです。差し込み忘れなどをきっちり確認してください。
これは基本なのですが、半差し(差し込みが甘い)や無理矢理、違う場所にはめ込むなどがないように確認してください。

よくありそうなのが、組み立て時にどっかに配線がはさまって無理矢理組みたてて断線するケース。
この辺りは、バイクや自転車のチューブにも共通する事案です。

お腹の部分です。この何もないところにモーターを取り付けます。

掃除機らしくなってきました。モーターの向きはファンが吸い込み側になります。

ホースのスイッチへ繋がる配線の経路を確認してカバーをはめていきます。

コードは、カバーの穴付近の部品がはずれるのでコードを通してから部品を戻します。

ホース側のカバーをはめます。

掃除機の下側中央付近のパネルの内部にネジがあります。

掃除機は、2015年製なのでまだブラシ交換で済ませたいですね(^^

三菱掃除機TC-FXD8P-S

紙パック式です。

ネジを締めていきます。

忘れずに。

ここが表に見えている最初にネジになります。

ホース側は、このハンドルの上カバー(ハメ込み式)をはずすと見えてきます。

パチっと戻せばOKです。

紙パックを戻します。

WEBマスターのお家では、紙パックは純正のみです。

この純正紙パックMP-7を使うと、掃除機の排気臭がほとんどしないんですよ(^^互換品の紙パックだと、臭いはかなりするものが多いんですが、純正品はほんとに臭いがしないです。

コードの巻き戻し機構の確認OK。

車輪の状態OK。

組み立て完了したのでテストした結果は成功!だったのですが、パワーブラシが作動したりしなかったりなので調査。

接点にゴミがいっぱいついていたのでクリーニングしたり

スライド接点に接点復活剤を吹いたりしたのに変わらず。

どうも症状は接触不良なので、順番に端子を確認していくと、、うわ、摩耗してる!(゜Д゜)

電源入れたままはずして短くして掃除したりしますからねー(^^;)マイクロ放電で端子が減ってるんですよ、、

少し、回転させて接触する場所を変えてから接点復活剤で掃除しておきました。
メス側に、接点グリスを塗っておくと良いかもしれません。

昔の機械式接点だったラジコンによくつかってました。砂が入ってジャリジャリになってましたね、、

これにて、すべて完調になりました(^o^)

【修理完了】


【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】

【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】

【状況】

木工作業には、あらゆるサイズの木をカットしたり削ったり穴を開けたり、磨いたりと大量の木のクズが発生する。

普通の家庭用の掃除機や集塵機だとフィルターがすぐに詰まってしまうので、集塵機と吸い込み口の間に、サイクロン分離器を入れてゴミを分離して途中のペール缶に回収する為のいわゆるサイクロン集塵機を作ろうと思う。

ちょうど、構成材料の空きペール缶も出たのでチャンスである。

今回は、サイクロン部は既製品を使うことにした。
とは言っても作業工具とのホースの勘合がなかなか大変だったり試行錯誤が必要になる。

とりあえず、あとは作りながら考えよう(^^

【製作開始】

車のオイル交換は、自分で行っていたのでオイルはペール缶で調達していました。

ペール缶がない人は、ホムセンでも売っています(^^

内部は灯油を入れてすすぎを行えばキレイになります。
多少油分が残っても

フタにサイクロン部の取り付け穴を開口するため、電動ドリルでケガキした円形に沿って穴をたくさん開けていきます。

全周開けたら金切りバサミでカットしていきます。

カット出来ました。バリがひどいので研磨します。
この状態かなり危険でスパッと切れますので切断面には注意してください。

バリ研磨の為に、リューターを使います。
歯科技工士さんの入門モデルです。

超硬バーでバリを削っていきます。

半分削りました。

裏側からも削ってなめらかにしておきます。

次はゴムシートを使ってパッキンを作ります。
コーキングしちゃってもOKだと思います。

ゴムシートを切り出して真ん中に穴を開けます。

パッキンを挟んでボルト止めします。

サイクロン部用にホースを取り付けていきます。
規格がないのでサイズがバラバラな部品を取り付ける都合上、工夫が必要になります。

塩ビ管の異形ソケットを使います。

上部から延びるパイプには、塩ビ管用のフレキシブルパイプを利用。

これを取り付けていきます。

ミッチャクロンをプライマー代わりにして

シリコンコーキングで接着。
はずれたらまた考えましょう。

しばらく放置して接着します。

ゴミを吸い取る側は、トタン板を丸めてパイプ状にしてホースとジョイントします。

ホースはコレ

先端のコネクタは分解してはずします。

サイクロン分離器完成です。
この後は、集塵機を接続して木くずを吸引して実験します(^^

【完成】


【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】

【DIY】溶接機のワゴンの製作

【状況】

前回の記事で修理した交流アーク溶接機レッドゴー120を収納するためにワゴンラックが欲しいなと思い製作に至りました。制作物によっては多少、溶接機を動かした方が便利ですしなるべく換気が良い場所で作業するためにもキャスター付きのワゴンが便利ですよね(^^あとチッピングハンマーや溶接手袋や溶接棒も収納できると溶接関連の道具をまとめておけます。

ここは溶接の練習をかねての第2弾【溶接機のワゴンラック】を製作してみよう。

【製作開始】

材料は、ホームセンターの安く手に入る黒皮鉄アングルと鉄板です。

グラインダーで火花を飛ばしながらカットします。
大きさは溶接機より一回り大きい感じにしてゆとりを持った設計にします。

グラインダーでカットするときは、安全メガネ必須です。

このセットを2つ分カットしていきます。
ノックバックに注意してカットしましょう。

前回作った溶接台を早速つかっています。

直角を出して溶接します。

下段は溶接機を入れますので角を補強します。

多少は上達してきたようです(^^

カットした角棒を溶接していきます。

WEBマスターは、DS2対応の溶接ヒュームガスに対応したマスクを使用しています。
マスクなしで少々作業してましたが、気管支に作業後違和感が残りましたのでマスクは必ずした方が良いです。マスクした後は作業後でも安心です。

補強材を溶接しながら形を作っていきます。

上部のラック用の枠をつくります。

キャスターを溶接します。

キャスター部を平滑にグラインダーで磨きます。

キャスター溶接しちゃいます。
簡単かつ安上がりです。

ゴムキャスターです。

ほぼできあがってきました。

グラインダーでスパッターやバリを削って磨きなめらかにして仕上げていきます。

灯油で軽く全体を拭いて脱脂しておきます。
それから、アクリルスプレーのブルーで塗装。

車輪は養生しておきます。

スライド丸のこで端材をカット。

切った木をはめていきます。

2階部分もセット。

完成です。

溶接機のワゴンラック完成です。

【製作完了】



次のページ »

人気記事
メニュー
ご案内
What's New
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】
17.10.26
【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】
17.10.24
【溶接】2連はしごの天井収納リフトの制作【DIY】
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】
17.09.24
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~3日目【DIY自転車整備】
17.09.19
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~2日目【DIY自転車整備】
17.09.18
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~1日目前輪脱着【DIY自転車整備】
17.07.30
【DIY修理】家庭用溶接機レッドゴー120の修理【溶接】
17.06.01
【車検】ウィッシュのユーザー車検体験レポート【DIY】
17.05.18
【ウィッシュ】ヘッドライトのウレタンクリアコーティング【DIY】
17.05.14
AZのお試しチェーンクリーナーとかオイルスプレーの紹介【レビュー】
17.05.06
【ウィッシュ】ブレーキキャリパーのオーバーホール【DIY】