修理のきろくへようこそ

 修理のきろくDXに遊びに来ていただきありがとうございます♪
更新は、不定期ですがオリジナルなコンテンツを提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
また、サイト上、気になる部分などがありましたらお知らせくださいね。

≫【ソーラーパネル】マイクログリッドな太陽光発電のきろく【DIY】
≫【自動車整備DIY】トヨタ ウィッシュの整備記事まとめ
≫【人気記事】エアコンのDIY記事 その1エアコン関連の記事まとめ
≫【キャンプ関連のDIY記事】 その1キャンプ関連の記事まとめ
≫【通年】夏の猛暑対策DIY記事 その2プレハブ折板屋根に遮熱塗装DIY施工

≫姉妹ブログ その1自作PC備忘録~組み立てからエラー対処まで
≫姉妹ブログ その2旅PRESS!DX

twitterで更新通知が受け取れるようになりました。→ @naosuzo_com

修理のきろくDX!新着情報

修理のきろくDX!新着記事

【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】

【状況】

2st 50cc 原付スクーターバイク JOG-Z 1992 YAMAHA WEBマスターの足用バイクである。
自分で日々、DIYメンテナンスを行い維持して乗っているが、最近フトね。WEBマスターは気がついてしまったのだよ。

この子、坂道がおっそいの。

普段は坂道を走る事がほとんどなかったので気にしなかったのだけど、坂道に差し掛かると
30km/h以上になると加速率が悪化しキツめの坂だと失速すると言う状態。

また不都合な症状として、最近は始動性の悪化、キックの戻りが悪いなどの症状が出始めたので、
JOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。を始動することにしました。
その第一弾として、走行距離もかなりいっているのでピストン&ピストンリングを交換メンテナンスから
やってみましょう。

■交換後から観察したピストン&ピストンリングが摩耗した時の症状

この記事を書いているという事は交換は成功したということです(^^
ので交換し終わってしばらくした後からわかったピストン&ピストンリング交換前の症状です。

  • 始動性がすこぶる悪い
  • 吹け上がりが悪い
  • パワーダウン
  • エンジン音が重い
  • 白煙が多い

などの症状がありましたが、ピストン&ピストンリング交換によって改善しました。

ただし、同時期に、キャブレターのオーバーホールやマフラー交換を行ったのでこれらの作業の影響も
ありますが、始動性については、オートチョークの機能をカットしてますが始動性は良いです。
キャブレターに燃料が入ってくればワンキックでエンジンがかかります。※注夏場※冬までにはオートチョークも復活予定。

ということで、走行距離も伸びて上記の症状が当てはまってきたら、エンジンに悪影響が出る前にピストン&ピストンリング交換を考えた方がよさそうです。

部品購入

ヤマハの純正部品が取れる通販などで購入します。
ウィブバイクやモノタロウなどです。

交換する物は、ピストン、ピストンリング、ガスケット、ピストンピン、ピストンとコンロッドのベアリングですね。

ガスケット以外は、純正品を利用。

作業開始

まず、ピストンにピストンリングを2本セットしておきます。

スクーターの50CCのピストンって小さくてカワイイ。

ピストンを観察すると、上下方向に向きがあるので注意。

ピストンリングいじりに慣れてないWEBマスターがピストンリングをセットするときにやった方法は、
ファイルケースありますね。これをピストン外周に合うように切って巻き付けます。そして、上からピストンリングをかぶせて滑らせて行きます。

それで、トップリングとセカンドリングがありますのでそれぞれの位置に移動させたら、ファイルケースをずらしていけば溝まで簡単にハメることができました。トップリングはフチが白い方でリングの切れ目は、ピストンリングの溝のでっばりがあるのでそこに切り欠きがくるようにセットします。

はい、出来ました。シリンダーに入れるまでは、リングはかなりブカブカしています。ピストンリングは、シリンダーの中で摩耗からピストンを守っている重要な部品になります。

バイクのカウル脱着

次は、エンジンの腰上を開ける必要があるのでカバー類を脱着します。

詳しいカウル類の外し方は割愛して先に進みます。メットイン部も外し終わるとエンジンが見えてきます。

エアークリーナーボックスも外して

ファンカバーも外します。

シリンダーが露出しました。インテークマニホールドにゴミが入らないように養生。

で行きますよ。シリンダーのナットを外してシリンダーヘッドカバー脱着。

シリンダーヘッドカバーの様子。カーボンは少なめ。

キックしてピストンを動かして表面を確認すると、ピストンは真っ黒。

矢印は地面方向になってます。

シリンダーの本体を引き抜いてやるとピストン出ました。それなりに吹き抜けている跡はあります。

リングは固着なしなので走行距離が伸びてリング摩耗と考えて間違いなさそうです。

吹き抜けた分はピストンの移動の抵抗にになると思われるのでパワーダウンになりますし混合気の方に排気がモロに混ざりますので白煙が増える原因にもなりそうです。

ピストンピンを外して

ピストンをコンロッドから外してやります。コンロッドを持ってガタツキを調べたりしますが異常なし。ここの奥が見えている部分は、ウエスなどですぐに塞いでおきましょう。異物やゴミを落とすと取れなくなります。

シリンダーヘッドカバーを真ちゅうブラシなどで磨きます。

オイルストーンでガスケット面を軽く磨きます。

ピストンに2ストオイルを塗って装着します。

コンロッドにベアリングなどをセットしてピストリングを取り付けたら、C型のピストンピンのクリップをはめます。切れ目が切り欠き部分から90°回して切れ目が見えない位置で固定。

それなりにキレイにしたシリンダー本体を装着。

ガスケットを先に入れてシリンダーをかぶせてピストンを入れていきます。ピストンリングを指で縮めて切り欠きからずれないように注意してシリンダーをかぶせます。

シリンダー本体を奥までセットしたらキックを軽く踏んで軽く動くか確認。
すごい滑らかに動きます。

シリンダヘッドカバー用のガスケットを入れて

ナットを仮に固定。ゴミが入らないようにプラグも仮固定。

対角線上のナットをキックを何回か踏みながら、何段階かに分けて締め込んでいきます。締め付けトルクは、約14N・m(1.4kgf・m)にしました。

シリンダーヘッドカバーを取り付け完了しました。プラグを締め付けておきます。

外しておいたオイルタンクやキャブレターを取り付けていきます。

 

キャブレターにホースやアクセルワイヤーをセット

ファンシュラウドを戻します。オイルのホースの取り回しに注意。

ビキニ状態まで戻ってきました。

ここで試運転します。

各部を最終点検しなにか忘れていないか落ち着いて作業を振り返りつつ確認します。

↑この行程大事ですね。

よくありそうなのが負圧ホースが抜けていてキックしまくってもエンジンかからないよー涙
とかあります。

とりあえず、エンジン始動においてはすんなり始動しました。
アイドリングで数分放置して異音やオイル漏れなどないか確認します。

あとは、カウルを戻して完了。

■慣らし運転について

積算で100KMくらいになるまでは、全開走行は禁止でいたわり走行します。
一応、ピストリングリングとピストンはかるーく面取りっぽいことをしておきましたが、念には念を入れて慣らし走行しておきます。

しばらくしたら、キャブレターのオーバーホールとマフラーも交換しようと思います。
まずは、現状で慣らしを行っていきます。


【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】

【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】

【状況】

時は令和時代となり2019年も半ばである。技術革新が進みエネルギー問題が解決され人類は楽園を手に入れたような錯覚を覚えさせた再エネブームも裏を返せばその設備拡張のツケは、我々消費者に戻りつつあり近頃は電気代が『再エネ発電促進賦課金』という割り増し料金のおかげでバンバン高くなっている。2019年7月で1kwhあたり2.95円になった。我が家でいうと月にして1000円以上は、余裕で値上がりしていることになる。

だからといってTOP画に張った写真のような灯油を使ったケロシンランタンなんか使ったところで不便極まりないし火(FIRE)を使うので屋内じゃあぶなくて仕方がない。

キャンプ場じゃ活躍してくれたり山小屋や自然豊かな田舎のお庭でこれを見ながらまったりするとくつろげたりするアイテムではある。

さて、どうやって高い電気代を節約しようかWEBマスターが実践した方法を紹介する。

【まずは結果】

電力自由化によりエルピオ電気さんと契約した結果、なんと1月の電気代で2954円安くなりました。

安くなった理由を考える

WEBマスター(著者)は2018年中に、電力会社を変更済みなので一番電気を使った月の電気代を元の電力会社(東電)と比較してみる。

エルピオ電気VS東京電力の料金比較表

電力会社 エルピオ電気  東京電力エナジーパートナー 
 契約電力 40A(スタンダードS) 40A(従量電灯)
 利用電力量 760kWh  760kWh
基本料金 40A 1067.04  1123.2
 ~120kWh 120kwh@18.5円 2220円 120kwh@19.52円 2342.4円
 120kwhを超え300kwhまで 180kwh@22.62円  4071.6円 180kwh@26円 4680円
 300kwhを超える 460kwh@25.31円 11642.6円 460kWh@30.02円 13809.2
 燃料費調整額760kwh@-0.66円 -501.6円 -501.6円
 再エネ発電賦課金760Kwh@2.9円 2204円 2204円
 電気代合計金額(税込) 20703円 23657円 (+2954円)

※@マークは1kWhの単価を示します。合計金額は1円以下切り捨て。

なんと、一番電気代が多かった1月で2954円電気代が安くなりました。

※エルピオ電気の計算書のコピーを張っておきます。

エアコンを2台、電気カーペットやテレビ2台でパソコンその他を使いますので冬は電気代が実は夏よりも高くなっています。寒波が多かったので平年より高いかもしれません。

それでも、1ヶ月分だけで約3000円浮いたのはとても大きいと思います。

寒い期間だけでも1万と数千円は浮く計算になるからです。
家庭によって電気使用量が違いますので差額は家庭によっても異なりますが、約12%ほど電気代が安くなったのはビックリしました。

WEBマスターのお家では、年間2万円以上は確実に安くなったと思います。

5年で10万円以上の差額が出るので壊れた家電を次々に買い換えられるくらいの金額ですね。

やはり、電気代の1kWh当たりの単価が300kWh超で約5円近いのがとても大きいと思います。
最近では、ペットを飼っていて留守中でもエアコンをONにしてあげているお家も多いと思いますので、実はWEBマスター宅も犬がおります。ですので、電気代は増えてしまいますよね。

でも、エルピオ電気と契約するだけで年間の電気代が安くなりますのでWEBマスターをしてはぜひ契約変更をおすすめ致します。

↓↓ちょっと、興味あるわ!すぐに知りたい!という方は、こちらのエルピオでんきのサイトよりすぐに内容を確認して契約できます。WEBマスターも加入済みなので安心して利用できます。

えるぴおでんき

【エルピオでんきについてのあれこれ】

■電力自由化による新電力の会社です。

■株式会社エルピオ
一言で言えば、千葉県にあるガス屋さんです。小売り電気事業に参入しました。

■エルピオでんき→URL

■各地域対応の電力プランがありますのでURLから確認してください。

■確実に電気代は下がります。基本料金ですら下がります。

■電気の使用状況や電気代の確認もエルピオでんきのWEBサイトより確認できます。

【電力契約変更についてのあれこれ】

■電力会社が変わることについての誤解のあれこれ

●基本的に、地域の電力会社がそのまま送電網の維持管理を引き続き担当していますので今までとまったく同じように電気を使えます。
実は、電気料金の中には、この地域の送電網の電力会社(東電パワーグリッド)などへ支払う分の料金も含まれています。

なので、エルピオさん含むその他の新電力会社に何か問題が起きても電気が突然まっくらになったりはしませんしメーター含む送電線などに問題が起きれば、地域の送電網の電力会社(東電パワーグリッド)が来て復旧させていきます。

結論:お金を支払う先(エルピオでんき)が変わるだけ。

●変な期間しばり(~まで解約できない等)もありませんので気にいらなければ元に戻す事もできます。もっと安いところがあれば移っていくことも可能。

●電力計は、通信によって検針ができるスマートメーターに変更されます。

【安心してえるぴおでんきへ】

えるぴおでんき

【エルピオでんきからのお知らせ】

令和もやります!「最大30,000円分」Amazon商品券プレゼントキャンペーン

東京電力エリア

※キャンペーン期間中にエルピオでんきに申込で、Amazon商品券をプレゼントいたします。
キャンペーン対象期間(2019年7月1日~2019年7月31日)


【2st原付】シートのレストア【JOG-Z】

【2st原付】シートのレストア【JOG-Z】

【状況】

今回は、YAMAHA JOG-Z 7PS 1992 のシートを張り替えてロゴマークを復活させてレストアしていきたいと思います。車齢が20年を大幅に超えていますのでシートはやっぱりすり切れてきますよね。シートがびりびりだと見た目もカッコ悪いのでキレイに復活させましょう。

【作業開始】

蝶番部分のナット2個を外してシートを外します。

張り替え前のシートですが、もうシートが裂けてしまっていますね。
張り替えましょう。

■交換用のシートを用意します。

このシートでピッタリでした。

新しいシートを古いシートの上からかぶせていきます。

ホントは、古いシート皮を剥がしてからのが良いかもしれませんが、古いシートの修復なので内部のスポンジがボロボロになっていることが予想されますよね。なのでそこは刺激しないようにシートの上から張ることにします。

長い方向の上下からパワーハンドタッカーで止めます。

上と下を固定したら、ひっぱりながら同じように周りをタッカーで固定します。

キレイに張れました。

次は、ロゴマークを塗装します。

シートにロゴマークを塗装するには、染めQのベースコートをホワイトを使っていきます。

今回は前もって手作りのYAMAHAロゴのマスキングシートを作りました。
これは、カッティングプロッターで作ったので別記事にて。

あとは、スプレー缶タイプの染めQではなくエアーブラシで塗装することにしたので

タミヤのエアブラシを購入。

スタンドがあると便利ですよね。

タイヤ交換などに使う大きなタイプのエアーコンプレッサーをとエアブラシを接続する

今回は、1/4カプラーをエアブラシ用のホースに接続するコネクタを制作しました。

これで、ワンタッチカプラーにエアブラシを接続できます。
WEBマスター所有のエアーコンプレッサーは、

アネスト岩田のコルト

音が少々大きめですがタンク容量が大きいタイプです。
今回の塗装作業でも畜圧してあったエアーだけで作業完了できました。
塗装作業の量次第で、昼間畜圧して夜間は静かに作業できますね。
塗装なので本体に、エアフィルターを装着しました。

今回のやり方だとカプラーにネジで接続する箇所が1カ所になります。

用意したのは、

■ホースジョイント(5.0×1/4)ネジの種類Rc

 

■真ちゅう製プラグカプラー Rc1/4

Rcは、テーパーネジなので流体配管(この場合は空気)にて気密性を保持しながら接続する場合に利用されます。接続部分のネジには、エアー漏れ防止にテフロンテープを巻いてねじ込みます。
エアブラシの場合は、使う圧力が低いので締め込むだけでも使えました。

道具を準備したら、マスキングシートの位置を決めます。

張る前に、

シリコンオフで脱脂します。

拭き取って乾燥したら

マスキングテープで水平線を張ってコレに合わせます。

ここら辺りの位置でいいかな。

位置を決めたら、Aの中の△の部分をピンセットなどで位置を調整します。

ホワイトの発色性を良くするためにまずはベースコートを吹いていきます。
スタンドに付属のスポイトでエアブラシの容器に適量薄めずに入れます。

ベースコート1回目。
まずは、エアブラシの調子と吹き付ける距離などを調整確認しながら吹いていきます。
このベーシックエアブラシは、エアーが常時出ていてトリガーを握るとエアーに塗料が出てくるタイプです。

作業イメージ的にはこういう感じです。
ちなみに拭きながらは撮影不可です(^^;)

ベースコート3回目。
1回吹いて数分待機を3回繰り返してベースコート拭き完了。
気温が20℃以上はあるので乾燥は遅くはない状況。

次は、ホワイトです。

ホワイトを重ね吹きして乾燥待ちしていいます。

ホワイト3回吹き完了。

きれいに吹けました。エアブラシは、スプレー缶を温めたりしなくても粒子が細かいので塗装作業がやりやすいです。

塗装が乾きすぎないうちにマスキングをそーっと剥がしていきます。

マスキングシートを剥がしました。
シートがざらざらしている都合上、若干、シートとの境目が荒くなってしまう箇所があります。

最後は、仕上げに保護用のツヤだしスプレーを。

コレはスプレー缶にしました。

乾燥すると、ツヤがでてピカピカになりました。

YAMAHA JOG-Z 1992 シートのレストアでした。



次のページ »

人気記事
メニュー
ご案内
What's New
19.08.17
【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】
19.07.11
【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】
19.06.24
【2st原付】シートのレストア【JOG-Z】
19.05.19
【ウィッシュ】ラジエーター周りのメンテナンス【ZNE10G】
19.05.16
【ウイッシュ】タイロットエンドブーツの交換【ZNE10G】
19.03.23
【PC】USB接続の学習型赤外線リモコンの制作【エアコン遠隔操作】
19.03.10
【DIY】換気扇用温度センサー連動コンセントの制作【トライアック】
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】