修理のきろくへようこそ

 修理のきろくDXに遊びに来ていただきありがとうございます♪
更新は、不定期ですがオリジナルなコンテンツを提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
また、サイト上、気になる部分などがありましたらお知らせくださいね。

≫【ソーラーパネル】マイクログリッドな太陽光発電のきろく【DIY】
≫【自動車整備DIY】トヨタ ウィッシュの整備記事まとめ
≫【人気記事】エアコンのDIY記事 その1エアコン関連の記事まとめ
≫【キャンプ関連のDIY記事】 その1キャンプ関連の記事まとめ
≫【通年】夏の猛暑対策DIY記事 その2プレハブ折板屋根に遮熱塗装DIY施工

≫姉妹ブログ その1自作PC備忘録~組み立てからエラー対処まで
≫姉妹ブログ その2旅PRESS!DX

twitterで更新通知が受け取れるようになりました。→ @naosuzo_com

修理のきろくDX!新着情報

修理のきろくDX!新着記事

【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介

【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介

【状況】

今回は、サイクロン集塵機の制作記で作ったペール缶回収式サイクロン集塵機をより使いやすくする為の収納兼移動式ラックを製作しました。

製作したサイクロン集塵機は、掃除機+サイクロン分離機から構成されていて掃除機の吸引力を利用した負圧式のサイクロン分離機がメイン機構になっていて三角コーンの部分で空気が高速回転して遠心力でゴミや粉じんが三角コーン内で空気を分離されてクリーンになった空気は掃除機へ吸われゴミは回転しながらペール缶へ落下していきます。

■サイクロンのシュミレーター動画があります。

青い玉は空気と考えて良いです。
赤くなるほど粒子が重くなっています。

青い色の粒はすぐに吸われて上昇していきますが、赤い粒や黄色の粒は重かったり大きいので遠心力で外側に押しつけられて上昇することができません。そのうちに重力や上から来る粒や空気に押しやられて青い粒以外はどんどん下部に落下していきます。最後は、ゴミは下の容器に溜まっていき分離されてきれいになった空気は掃除機へ吸われるのでゴミはペール缶のみに溜まり掃除機の中にはゴミは溜まらない仕組みです。

厳密には、サイクロン効率がありますので100%ではなく数%の軽い塵は、掃除機へ吸われていきます。
大量のゴミを吸ったり粉末状のゴミを吸うとさすがのサイクロン集塵機でも掃除機のフィルターまで少々のゴミが届くよってことです。

とはいえ、木くずのような大きめのゴミの場合はほぼ分離できてしまう優れものなので木工工作をやり出すとすぐに欲しくなるサイクロン集塵機です(^^

WEBマスターの場合は、吸引器に業務用の掃除機に市販されている遠心分離機とペール缶を組み合わせて作りました(^^これがとっても便利で役立つのですが、いささかペール缶も大きいですし掃除機も大きいので場所もとり嵩張りますよね。
また、今期は、リフォーム案件(自宅)が入りましたので移動式にしていろいろな場所でサイクロン集塵機が役立てせたいと考えたので、便利に掃除機本体とペール缶を収納できて移動も便利な奴を作ろうということで作ってみました。(^^

【製作紹介】

■一番下の枠を鉄アングル材で作る

基本的には、前に作った溶接機ワゴン製作の流れで半分一緒に作ってしまったのでアングル作成の部分はそちらを参考してください。

溶接機ワゴンの製作

ホムセンの資材コーナーで売っている黒皮の鉄アングルを使って丈夫に作ります。

一番下の段の掃除機が乗る部分になります。

写真は溶接ワゴンのモノですが、掃除機のサイズに合わせてカットして四角形の枠を作ります。
自分の持っている掃除機に合わせてカスタムメイドしてください。

家庭用の溶接機で溶接します。

以前の記事でレッドゴー120を修理してつかっています。
家庭用溶接機の修理の記事

コーナーを溶接

角を補強します。

車輪を溶接

この辺りまでは、溶接ワゴンとまったく同じ行程ですが、
ちょこちょこ進めてしまった為、この後は、途中の写真がありません。

このサイクロン集塵機の構成で一番重いのが掃除機。あとは、吸い込んだゴミを溜めるペール缶なのでゴミが溜まってもそれほど重くはないので掃除機が乗る部分をしっかり作っておけば低重心で基本は安定します。

軽量鉄パイプを掃除機の高さ+αに4本用意してスポット溶接でアングル枠に溶接ですがこれが1mm厚の軽量パイプですからちょっと難しかったです。

ペール缶を乗せる枠は、アルミ角アングルでブラインドリベットで制作。上にベニアを張っておきました。

そこから、パイプを曲げる為のパイプベンダーを買うまでは少々放置してましたので

あとは、ここから紹介。

■軽量鉄パイプをパイプベンダーで曲げてハンドルを作る

パイプペンダーを購入したので早速使ってみます。工作で作ったものに手軽にハンドルを作ったりバイクのステーをパイプで作ったり持ってるいると工作の幅が広がる工具です。

写真で曲げているパイプは直径19ミリで厚みが1ミリぐらいです。
パイプベンダーの19ミリ用のアタッチメントがあるのでピッタリでした。

このロール式パイプベンダーはこの黒い円を半分にしたアタッチメントの曲がり径以外に曲げられないのでこの曲率を使って設計していきます。

90℃の直角に曲げてみました。アタッチメントのパイプを固定する部分から曲げ終わりまでパイプの中心から11.5cmぐらい必要になります。

つまり、こういう事です。

この長さ知っておけば、好きなサイズのハンドルを作れます。

出来たハンドルは端っこをハンマーで潰して板状になった部分をブラインドリベットで固定します。

■メインのハンドルを作りました。

長めにしてペール缶の上部のサイクロン分離機から出ているホースとパイプを乗せれるようにしておきます。ホースの荷重がサイクロン部に直接かからないようにしてやります。

※写真に写っている部分の主なポイント

■メインハンドル(ホース保持安定兼)

掃除機の上にペール缶をレイアウトしたので背が高くなっています。持ち運びする時に斜めに傾けて運ぶことができます。また、ホースに引っ張る力がかかってもサイクロン本体にかかる力をハンドルが受け止めるのでペール缶のフタに無理な力がかからないようにしています。また、メインハンドルは長いので斜めバー左右を入れて筐体にしっかり固定しています。これによりメインハンドルで持ち上げても壊れない強度がでています。

■サブハンドル

左右と手前についていてよいっしょと持ち上げるときにとっても便利なハンドルです。

■ジェットコースター式ペール缶固定ショルダーハーネス

ジェットコースターに乗った時に降りてくるアレです。開閉式のペール缶固定パイプでペール缶をガッチリ固定します。。パイプベンダーで曲げて制作。

閉じた時の固定方法は、マグネットラッチでそれなりに固定していて開閉がラクラク(^^上から押さえつける感じになるのでペール缶の転倒を防ぎます。

 

ネジ部には、ナイロンロックナットを使って開閉によるナットの緩みを防止。

■ペール缶スタビライザー(安定版)

ペール缶がずれないように底を左右から安定させるベニア板を実装。

 

■内部がなめらかなフレキシブルホース

サイクロン分離機の上部につながるフレキシブルホースには、内部がギザギザしていないホースを採用して空気の抵抗になりにくくなっています。

これと本体付属のホースを接続

ホースがだらんと垂れてもハンドル部で支えます。

吸引ホースはe-valueのホースを採用

 

掃除機は、モノクリーナーを採用

https://www.monotaro.com/g/00357192/

床用ブラシなども使えるように+ホース延長のためにモノクリーナーのホース・パイプセットをもう1セット追加購入

追加したパイプがあまってますのでカットして連結用のパイプとしてホース埋め込んで接着します。

セメダインxでよくくっつきます。

これで床掃除やホースを延長して使えます。

■制作紹介でした

 


【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】

【2st原付】前輪ブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】

【状況】

今回は、前輪ブレーキパッドがかなり減ったので交換作業の追加でWEBマスターの足車の2st原付JOG-Zの前輪ディスクブレーキのオーバーホールを行いました。

作業内容は、
■ブレーキマスターシリンダーの分解、部品交換、再組み立て

■前輪ブレーキキャリパーのオーバーホール、ブレーキパッド交換

■ブレーキフルード再注入、エア抜き

おまけで、
■ホーン交換

と手間がかかる作業ばかりなのでまとまった時間が取れる時にやりたい作業です。

【部品調達】

作業に先だって部品購入をしておきました。

■ブレーキパッド

これはキタコのブレーキパッド

■ブレーキフルード

■ブレーキマスタシリンダーの消耗部品一式
シリンダキット マスタ 5CG-W0041-00

■ブレーキキャリパーのシール一式(2ポッドキャリパーなので2本×2のセット)
キャリパシールキット 3YK-W0041-00

 

■ラバーグリス
スミコー FMラバーグリス PGF100

合成油ベースのリチウムグリースに有機モリブデンを配合した粘ちょう状グリースです。ゴムを侵さず、優れた耐熱・潤滑性と防錆力を発揮します。

あると作業が便利になる工具類

■エア抜き用のブレーキフルードブリーダー
今回はブレーキフルードを抜きるのでエア抜きがかなり面倒な作業になりますが、これがあれば作業時間を大幅に短縮できます。

■キャリパーグルーブクリーナー

■スナップリングプライヤー

【作業開始】

注意事項★作業心得★

※バイクといえどもブレーキのメンテナンスです。作業内容を頭に入れてスムーズに作業ができるように心がけて時間に余裕を持って作業してください。焦って作業を行ったり完了後の試走を怠ったりするとことになると大変危険です。

■ブレーキマスターシリンダーの脱着

まずは、ブレーキマスターシリンダーを取り外せるようにフロントのカバーを脱着していきます。

全面のパネルは、左右ウインカーのネジを下から外しウィンカーを外すと、奥にネジでカバーがハンドルに固定されているのでネジを外す。

フロントパネルも脱着。

ここまで外したら、ブレーキフルードを抜き取ります。

キャリパーについているエア抜きバルブに耐油ホースを差し込んで8ミリのメガネレンチを緩めるとブレーキフルードがホースに出て来ます。

マスターシリンダーのフタをインパクトドライバーでネジを緩めて開けます。
ここは大抵、サビて固くなっているのでCRC556を吹きかけておくと良いです。

これでぶっ叩けば緩まないネジなんぞはありません(^^)

開けると、うにゅーんと伸びきったゴムのダイヤフラムがはまっておりはずすとブレーキフルードが見えます。やや茶色に変色。

マスターシリンダーのブレーキフルードは、ウエスに染みこませて吸い取ります。

空になったら12ミリのメガネレンチでブレーキホースをはずします。銅ワッシャーが前後にはまっているのでなくさないようにします。ブレーキフルードが出て来ますのでウエスでキャッチして垂らさないようにします。

ブレーキフルードは、飲むと有害ですが、手についても皮膚から吸収されないので害はないので大丈夫です。ただ、そのフルードがついた手で塗装面を触ると、フルードが塗装を犯すので注意が必要です。ただし、ブレーキフルードは、燃えるので火気は厳禁です。

マスターシリンダー外れました。

■ブレーキキャリパーの脱着

ある程度フルードを抜き取ったらキャリパーからブレーキホースを外します。
これで、2カ所の六角ネジを外せばキャリパーがはずれます。

キャリパー摘出完了。

これから、古いパッドを外してピストンを抜いて掃除してからシールゴムを交換します。

ブレーキパッドはこのピンを抜いてから、シャフトをはずします。

上から見たブレーキキャリパー。ブレーキパッドはこのように固定されています。

ブレーキパッドの厚みがなくなり薄っぺらになっています。

今回は、キタコのブレーキパッドを投入。

新旧フロントブレーキパッド
新品は、こんなに厚みがあります。

キャリパーからピストンを外します。1992年式JOG-Zは、イタリアの会社のブレンボの2ポッド対向キャリパーが採用されています。2ポッドのおかげかこの前輪ディスクブレーキはコントロール性がとても良くカクカクしたりカックンしにくいと思います。というか常になめらかです。

ピストンは、片側づつはずして行くと楽にできました。片側を外してメンテをしたら戻して反対側をはずしてメンテをして戻していきます。作業は、ウォータープライヤーで片側を挟んでポッドがでてこないようにしてから、ブレーキホースの穴から、エアーダスターで空気を送るとジワジワでてきます。

こんな感じででてきますのでここまで出ればあとは簡単にはずれます。
残っているフルードがでてくるのでウエスで拭き取ります。

はずしたポッドを見ると若干の汚れが付いているだけでした。2年おき程度でブレーキフルードを交換していたのでサビなどは特になし。ウィッシュ号も2年置きにブレーキフルードを交換していたのでサビはありませんでした。フルードの劣化に限らず防錆剤が切れないうちに(約2年)交換しておけば内部は綺麗な状態で保てるようです。

ピカールで磨けばもうツルツルツヤツヤに。

キャリパーの中のシールゴムを外します。

2本入ってます。太めと細めこれをキャリパーグルーブクリーナーではずします。
精密ドライバーのマイナスでもいいかも。

ゴムの溝の中も掃除できる優れものツールです。車もバイクにも使えるのでWEBマスターは買いました。

新品のキャリパーシールを装着します。

スミコーラバーグリスPGF-100をゴムシールに薄く塗布しておきます。

シールゴムを入れる方が面倒かも(^^;)

綺麗にしたピストンにも薄くグリスを塗ってハメ込みます。

また、反対側を取りだして両方、メンテナンスします。

シールを交換してピストンを戻したら、新品のブレーキパッドを装着します。

しっかり、元のように戻してバネをシャフトを入れてピンで固定します。

キャリパーも外側はともかく内部は綺麗になりました。

■ブレーキマスターシリンダーの分解、オーバーホール

マスターシリンダーから、スナップリングプライヤーを使ってスナップリングを取り外します。

スナップリングの輪を縮めてやると取り外すことができます。ちょっとコツを掴むまで難しいかもしれません。

スナップリングを外せば、マスタシリンダーの中からピストンが出て来ます。

取り外した元の部品です。新しいパーツキットに入っていたゴム類を同じようにセットします。

外したマスターシリンダーのリザーブタンクです。なにやらカス状のものがついているので掃除しておきましょう。

新しいピストンにパッキンとOリングとスプリングセットしてラバーグリスを塗ります。

再組み立てしていきます。ブレーキフルードで塗装がいたんでいるので時間があれば再塗装とかしたいですね。

スナップリングを再びセットして固定します。

防水カバー用のゴムブーツをしっかりセットしておきます。中心にブレーキレバーが当たるので握るとピストンが押し込まれて油圧が発生します。

ピストンのセットが完了したら再びハンドルにブレーキマスターシリンダーを取り付けます。

ブレーキホースを接続します。

キャリパーを取り付けます。

銅ワッシャーを忘れずにセット。

ブレーキホースをキャリパーに接続。あとはブレーキフルードを入れてエア抜き作業をします。

ブレーキフルードをリザーバータンクに入れてエア抜き作業です。

エア抜き作業中の写真は、WEBマスターの手がふさがっていたので残念ながらナシ。
車のブレーキのエア抜きしたときの写真を持ってきました。やることは全く同じです。

ブレーキフルードブリーダーの吸引口をエア抜き口にセット。
ブリーダーのタンクについているレバーを握ると吸引開始で吸引中はずっと握りっています。

フルードまみれの手でカメラは触りたくないですからね、、

レバーを握ると、フルードが吸引されてくるのでマスターシリンダーのリザーバータンクのフルードを決して切らさないように補充しながらしばらく吸引します。

途中から、リザーバータンクのフルードの減りが早くなるのでホースやキャリパー内のエアがなくなったと考えて良いです。

エア抜きバルブを8ミリレンチで閉めたらエア抜きは完了です。
ブリーダーをはずしてホースをつないで手動でエア抜きしてみてもエアは出ませんでしたので作業OKです。

手動でのやり方は、8ミリレンチ開ける→ブレーキレバー握る→レンチ締める→ブレーキ離す。
この繰り返しになります。

ホースにワンェイバルブを付けるとレンチを開けたり閉めたりしなくても良いかもしれませんが、エア抜きバルブは根元から若干エアを噛むのでグリスを塗っておくと良いかもしれません。

しばらく繰り返してホースにエアが混ざらなくなれば完了です。
これで、ブレーキホースを含む油圧回路の中にはフルードだけが満たされて空気の泡がなくなりました。

エア抜き作業が終わったらリザーバーにフルードを満たしてゴムキャップをはめて完了。
バイクの場合はゴムキャップが重要ですので忘れずに。

これで前輪ブレーキメンテは完了です。

【ホーンの交換】

全面のカバーを開けたのでついでにホーンを交換しました。
ヤマハ純正だと、ピッピーっていう感じなのでもうちょっと強力なタイプに。

このネジを外して交換して締めるだけですがやはり旧車。スイッチの接触が悪かったのでスイッチを分解して接点をクリーニングしました。

ハンドルの左側のスイッチボックスを開けてホーンのスイッチに接点復活スプレーを接点に吹き付けます。これで1発で回復しました。

全面カウルを組み立てて完了です。
ブレーキレバーがしっかり固くなってフワフワしないか点検してから試走しましょう。

パッドも新品ですのでローターとの摺り合わせが必要なので密着するようになるばでしばらく制動力が落ちますので注意して乗りましょう。

【2st原付】前輪ブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】

【完了】


【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】

【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】

【状況】

我が家の掃除機がある日、電源を入れてもウンともスンともプスリとも言わなくなったらしい。ちゃんとコンセントを差しているのにもかかわらず。

こんな時はWEBマスターに緊急連絡が入り往診の要請が入る。
しかし、掃除機を2~3年ほぼ、毎日使っていて突然動かなくなったということは原因はアレだなとすぐに思いつく。

掃除機は、ブラシモーターなのでブラシが入っている。ブラシといっても歯ブラシみたいに毛が生えているわけではないが、いわゆるモーターの整流子の部分である。

今回は、このモーターのブラシを交換する。

【修理開始】

まずは分解。

分解しました(゜Д゜)

では、モーターにとりかかりましょう。

これが掃除機のモーターです。消音スポンジに包まれてたりブラシのカスのカーボンの粉がたっぷり溜まってたりしますが、とっぱらいます。ブラシが見えてきました。

下が取りだしたブラシで上が新品のブラシ。

これはなにかをいじったとかではなくて取りだしたままの状態を新品と比較しています。
中にスプリング入っていてブラシを押しだしていますが、下はすり減って短くなっていますね。

この長さがもう利用できる限界でこれ以上は電気的に回転子に接触がなくなりモーターが回転できなくなります。要交換です。

部品番号は M11 C45 631 三菱電機

はい、新品ブラシを2カ所交換しました。

モーターのファン側にゴムのフタをかぶせて

スポンジを巻いてから樹脂のカバーをはめますけどスポンジが切れたのでスポンジは撮影時は省略。

コネクタは間違って差し込みできないですが強引にはめこんだりしないようにしましょう。

アカとかクロとか基板に印刷されています。

掃除機の基板はこれだけです。差し込み忘れなどをきっちり確認してください。
これは基本なのですが、半差し(差し込みが甘い)や無理矢理、違う場所にはめ込むなどがないように確認してください。

よくありそうなのが、組み立て時にどっかに配線がはさまって無理矢理組みたてて断線するケース。
この辺りは、バイクや自転車のチューブにも共通する事案です。

お腹の部分です。この何もないところにモーターを取り付けます。

掃除機らしくなってきました。モーターの向きはファンが吸い込み側になります。

ホースのスイッチへ繋がる配線の経路を確認してカバーをはめていきます。

コードは、カバーの穴付近の部品がはずれるのでコードを通してから部品を戻します。

ホース側のカバーをはめます。

掃除機の下側中央付近のパネルの内部にネジがあります。

掃除機は、2015年製なのでまだブラシ交換で済ませたいですね(^^

三菱掃除機TC-FXD8P-S

紙パック式です。

ネジを締めていきます。

忘れずに。

ここが表に見えている最初にネジになります。

ホース側は、このハンドルの上カバー(ハメ込み式)をはずすと見えてきます。

パチっと戻せばOKです。

紙パックを戻します。

WEBマスターのお家では、紙パックは純正のみです。

この純正紙パックMP-7を使うと、掃除機の排気臭がほとんどしないんですよ(^^互換品の紙パックだと、臭いはかなりするものが多いんですが、純正品はほんとに臭いがしないです。

コードの巻き戻し機構の確認OK。

車輪の状態OK。

組み立て完了したのでテストした結果は成功!だったのですが、パワーブラシが作動したりしなかったりなので調査。

接点にゴミがいっぱいついていたのでクリーニングしたり

スライド接点に接点復活剤を吹いたりしたのに変わらず。

どうも症状は接触不良なので、順番に端子を確認していくと、、うわ、摩耗してる!(゜Д゜)

電源入れたままはずして短くして掃除したりしますからねー(^^;)マイクロ放電で端子が減ってるんですよ、、

少し、回転させて接触する場所を変えてから接点復活剤で掃除しておきました。
メス側に、接点グリスを塗っておくと良いかもしれません。

昔の機械式接点だったラジコンによくつかってました。砂が入ってジャリジャリになってましたね、、

これにて、すべて完調になりました(^o^)

【修理完了】



次のページ »

人気記事
メニュー
ご案内
What's New
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】
17.10.26
【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】
17.10.24
【溶接】2連はしごの天井収納リフトの制作【DIY】
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】
17.09.24
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~3日目【DIY自転車整備】
17.09.19
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~2日目【DIY自転車整備】
17.09.18
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~1日目前輪脱着【DIY自転車整備】
17.07.30
【DIY修理】家庭用溶接機レッドゴー120の修理【溶接】
17.06.01
【車検】ウィッシュのユーザー車検体験レポート【DIY】