修理のきろくへようこそ

 修理のきろくDXに遊びに来ていただきありがとうございます♪
更新は、不定期ですがオリジナルなコンテンツを提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
また、サイト上、気になる部分などがありましたらお知らせくださいね。

≫【ソーラーパネル】マイクログリッドな太陽光発電のきろく【DIY】
≫【自動車整備DIY】トヨタ ウィッシュの整備記事まとめ
≫【人気記事】エアコンのDIY記事 その1エアコン関連の記事まとめ
≫【キャンプ関連のDIY記事】 その1キャンプ関連の記事まとめ
≫【通年】夏の猛暑対策DIY記事 その2プレハブ折板屋根に遮熱塗装DIY施工

≫姉妹ブログ その1自作PC備忘録~組み立てからエラー対処まで
≫姉妹ブログ その2旅PRESS!DX

twitterで更新通知が受け取れるようになりました。→ @naosuzo_com

修理のきろくDX!新着情報

修理のきろくDX!新着記事

【DIY】CADにチャレンジ!自作PCラックの設計製作【3D-CAD】

【DIY】CADにチャレンジ!自作PCラックの設計製作【3D-CAD】

 

【状況】

2019年の1月にwindows7のサポートが切れますから新しい自作PCを一式作ることにしました。
いろいろパーツを買ってPCケースが届きましたが、、デカイ!
ということでPCを置く台を作り直おさないとダメだ、、ということで、

今回は、自作パソコンのデスクトップ用のPCケースを置く台を作りたいたい思います。
せっかくなので今後の為にも3D-CADを使って設計、製作してみようという事でまずは、パソコンで設計からやっていきたいと思います。

【設計開始】

最初なのでソフトに完熟していく為にも簡単な工作物からやっていくと良いと思います。
PCラックなんか言ったってタダの箱ですから。
ただし、箱と言っても自分の机の袖部分に合うようにサイズを工夫しないと収まりが悪くなりますのでその辺りは工夫して設計に取り込めるので市販品のラックにはない収まりの良い物ができると思います。

■今回使ったCADアプリは、CaDIY-3D

3DーCADですから、パソコンのモニターの中で立体的に設計していくことが出来ます。
この3DーCADは主に日曜大工やDIY用に作られているのでホームセンターで売っている木材や材料をすぐに取り込んでサイズを変更したり加工して組み合みあげるだけで設計していけます。

立体的に設計というのは、好きな角度から中の工作物をグルグル回して見たりいじれたりできます。

■CaDIY-3Dをインストールしたら、設計開始

まずは、今回すでに入手済みセールで買ったパイン材の板があるのでこの板より切り出していきますから
同じサイズの板を選びます。サイズがなければ追加することもできます。
ここで用意する材と同じ材を選んでおけば木取り図を自動で作ることができますので便利です。

■材料を追加したら、回転や移動を使って位置を調整

■サイズボタンを押して好きな大きさに変更

好きな大きさに変更したら、反対側の板をコピー&ペーストで増やします。

位置合わせは、初期設定で自動になっているので板を動かしていくとピッタリ合わせてくれます。
手前がへこんでいる感じになっているのは、机の袖にピッタリはめ込む為。

■角を丸める

この加工は、設計図に載せなくても良いのですがせっかくなので設計図に取り入れます。

この加工は、丸棒を使って丸みを出していきます。
15mmの丸棒を読み込んでからコピーした上の板に重ねて切り抜き加工します。
そうすると、丸棒の部分が抜かれた板ができます。

■次に入らない部分を消していくために厚い板を読み込んで重ねて切り抜きで消します。

■残った部分

まだ、下の部分が邪魔なのでこれも消します。これも板を重ねて切り抜き。

 

■残った部分が重要になります。

■この部分を上部板に重ねて切り抜くと

■はい、トリマー加工した板ができました。

■ぐるっと回して反対側にも加工を行います。
これで設計図上でも滑らかな加工ができましたので人に見せたりするときにもさらに実際のでき上がる工作物のイメージに近づきます。

■寸法を入れます。

好きな部分に寸法線を入れれますので寸法専用の透明な板のサイズを変更する感じで調整します。

■イメージを掴むために

身長170CMの人の模型とハロウィンのかぼちゃの置物を置いてみました。

■木取り図

で木取り図です。

910×15×1820のいわゆる3尺×6尺の定型サイズの板から切り出すための図が自動でできます。手動で位置を調整することもできます。

紙に印刷もできますのでこれを持ってホームセンターにいけば、木材加工コーナーで簡単に部品を切り出すことも出来ます。

■動作環境について

パソコンにはグラボ機能が必要です。open-GLが動くか確認してください。

■1ヶ月試用できます。

公式サイト

■どこで買うとお得か

気にいったり1ヶ月以降も使いかたはアマゾンで買うとポイント分一番お得だと思います。
たまにセールで1000円ほど安くなります。

■使ってみての感想

これは便利です。無料のCADも他にもありますが、こちらは主にDIY用途向けに作られているのでシンプルで操作性が良いです。事前に材料が何がどれだけ必要かもわかりますし3Dで立体イメージがモニター上で理解しながら設計できるので操作に慣れれば楽しく組み立てるように設計できると思います。今回は取り入れてませんがネジ位置なども設計できるのでネジの干渉具合などもわかるようになっています。

 

■実際にその後、制作しました。

板の接合は、ビスケット接合にしましたので接合の後がまったく見えません。
ちなみに、仕上げはしていないので素材感たっぷりになっています。
時間が取れたらトリマーで角を丸めてサンダーでなめらかにしてクリアーを軽く吹いたり
すると高級感がでてきますし男前塗装をするとカッコよく仕上がりそうですネ。

このくぼみの部分に机の袖部分が入りますので机の再度にぴったり寄せられる設計です。

自作パソコンのケースを乗せてみました。
下部に物を入れておけます。
参考に、PCケースはFractal Designミドルタワー型PCケース FDCADEFR5BKになります。

【制作記終】


【HDD】WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日【故障】

【HDD】WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日【故障】

【状況】

WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日にWEBマスターはそっとHDDのお引っ越ししました。

※森高千里 夏の日 を聴きながら作業中デス。

2TBのHDDが2019年の8月頃から調子が悪くなってきたらしい。
型式は【WDC WD20EARS-00MVWB0 2000.GB】

簡単に言うと、約9年前ぐらいの2010年6月頃に登場した3Gbps 64MBバッファ 最大5400回転のプラッタ数3枚667GB@1枚の WDのHDD2TBである。

2TBのHDDではお安いHDDで主に娯楽用の動画データーなどを保管する用途に向いていたHDDであったが、この夏、状態が非常に悪化したのでデーターを移行してお役御免にしようと思う。

ちなみに、CrystalDiskInfoで見たHDDのSMART値は、

使用時間4万5千196時間 電源投入回数3587回

もう一台WD20EARSを使っていてそちらは、00S8B1-2TBで49701時間電源投入回数3802回ですがエラーなしです。

特に、この型【WDC WD20EARS】は、エラー死亡報告がとても多い型なのでWEBマスター所有のHDDの中ではやはりわかりやすくエラーが出始めましたね。

HDDは大容量化が進んできていた製品なので古い物は寿命が来る前に容量がいっぱいになって新しいHDDを買うサイクルの人が多いと思いますが、2TB程度になってくると長く使う場合もあると思いますので早期にエラーを発見して故障の予兆を感じとったらデーター待避させたいところです。

ということで、

今回もWDの6TBにしました。
HDDはWEBマスターは高校生の頃からPC-98用の120GBHDDとかから20台以上使っていますが特にこだわりはありませんです。NECのHDDもあったしQuantamのFireballが熱くてすぐ壊れたとかWDのcaviarがエラー吐きまくりとかから比べれば現在のHDDは桁違いにどれも安定していると思います。2年保証とかもあるしね。

HDDが来たので、光学ドライブのSATAケーブルをつなぎ替えて新しいHDDにデーターコピーをします。

クローンでもいいけど、おそらくエラー吐いてコピーが止まるので起動ドライブではないので
GPTでパーティーションを作ってあとは、windowsから手動でコピーします。
エラー吐いたファイルはスキップします。
これでほぼほぼデーター救出は成功しますのであとは失敗したファイルは手動でコピーを何回か試しておきます。重要じゃなければ諦めます。

スキャンディスクは、データー待避が終わるまでかけちゃダメですので注意しましょう。
スキャンディスクは、データーおかいまなしにファイルシステムのエラーを修正しますのでファイルを損失します。

とにかく、調子が悪くなってきたらデーターコピーしてデーターを待避させましょう。

遅いHDDで大容量だと半日以上かかりますのでデーターコピーは計画的に。

【HDD引っ越し完了】


【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】

【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】

【状況】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】で始動したJOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。の続続編です。

50CCの2st原付バイクの坂道でパワーダウンという症状を考える場合、原因についてはいろいろ考えられますし複合して一緒にちょっとづつ状態が悪化している場合もありますので原因を一つづつ確実に解決するための整備を行う計画を立ててちょっとづつ整備しています。

今回は、簡単に言えば、クラッチの分解整備となります。

【作業開始】

クラッチを外して分解整備するのでクランクケースを開けます。
今回はクラッチの整備なのでここまでは省略。

通常の整備の際は、クラッチを分解する事がなかったのですが今回はクラッチを分解していきます。

大きめの薄いナットをはずしますが大きいのでウォータープライヤーで回します。
このナットはいきなりはずすと内部のバネが弾けますのでココでは緩めるだけ。

ナットを緩めたら、クランプをはめてからナットをはずします。

はずれたら、クランプをゆっくり緩めてはずしていきます。

クラッチシューが付いている側をはずすと、トルクカムがでてきます。

トルクカムを良く見ると、

トルクカムの溝が摩耗して段がついておりスムーズに動かないかもしれない状態になっていました。
今回は、段をヤスリで削って滑らかにしてやります。

簡単に言うと、トルクカムとは、JOGの様なベルト駆動の無段階変速装置でキックダウン(強制的にギア比を下げる)させるための機構です。一番わかりやすい状況(シチュエーション)は、登坂走行です。
ギア付きバイクで例えると、坂道などの登坂走行するときには、排気量が少ないバイクは3,4速では加速しないので2速や1速にするんですが、スクーターは自動変速なのでトルクカムによってギア比を下げてやります。

動作の仕組みは、【トルクカム 仕組み】などで検索してください。

金ヤスリで、段の部分を削って滑らかにします。

手で回して滑らかに動くようになりました。段があるときは段でひっかかってかなり抵抗感がありました。

いつもの極圧有機モリブデングリス ウレアベースを使ってグリスアップします。

ココのトルクカムのグリスアップは結構重要ですね。
極圧有機モリブデングリス ウレアベースは、適任だと思います。

 

再び、組み上げ脱脂してからベルトを装着します。

ベルトを嵌めてからエンジンをかけて動作チェックします。

あとは、クランクケースを閉めて試乗して完了。
発進加速、加速中、登坂とてもスムーズになりました。

【完了】



« 前のページ次のページ »

人気記事
メニュー
ご案内
What's New
20.06.07
【2st原付】JOG-Zと撮る初夏の夜景【RX100】
20.02.21
【自宅サーバー】HDDは逝くよ、ワトソン君【Gmirror】
20.01.29
【自作PC組立記】RAID de RYZEN5-3600 その1【win10】
19.12.04
【DIY】CADにチャレンジ!自作PCラックの設計製作【3D-CAD】
19.09.07
【HDD】WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日【故障】
19.09.01
【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】
19.08.24
【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】
19.08.17
【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】
19.07.11
【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】
19.06.24
【2st原付】シートのレストア【JOG-Z】
19.05.19
【ウィッシュ】ラジエーター周りのメンテナンス【ZNE10G】
19.05.16
【ウイッシュ】タイロットエンドブーツの交換【ZNE10G】
19.03.23
【PC】USB接続の学習型赤外線リモコンの制作【エアコン遠隔操作】
19.03.10
【DIY】換気扇用温度センサー連動コンセントの制作【トライアック】
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介