【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】

【2st原付】前輪ブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】

【状況】

今回は、前輪ブレーキパッドがかなり減ったので交換作業の追加でWEBマスターの足車の2st原付JOG-Zの前輪ディスクブレーキのオーバーホールを行いました。

作業内容は、
■ブレーキマスターシリンダーの分解、部品交換、再組み立て

■前輪ブレーキキャリパーのオーバーホール、ブレーキパッド交換

■ブレーキフルード再注入、エア抜き

おまけで、
■ホーン交換

と手間がかかる作業ばかりなのでまとまった時間が取れる時にやりたい作業です。

【部品調達】

作業に先だって部品購入をしておきました。

■ブレーキパッド

これはキタコのブレーキパッド

■ブレーキフルード

■ブレーキマスタシリンダーの消耗部品一式
シリンダキット マスタ 5CG-W0041-00

■ブレーキキャリパーのシール一式(2ポッドキャリパーなので2本×2のセット)
キャリパシールキット 3YK-W0041-00

 

■ラバーグリス
スミコー FMラバーグリス PGF100

合成油ベースのリチウムグリースに有機モリブデンを配合した粘ちょう状グリースです。ゴムを侵さず、優れた耐熱・潤滑性と防錆力を発揮します。

あると作業が便利になる工具類

■エア抜き用のブレーキフルードブリーダー
今回はブレーキフルードを抜きるのでエア抜きがかなり面倒な作業になりますが、これがあれば作業時間を大幅に短縮できます。

■キャリパーグルーブクリーナー

■スナップリングプライヤー

【作業開始】

注意事項★作業心得★

※バイクといえどもブレーキのメンテナンスです。作業内容を頭に入れてスムーズに作業ができるように心がけて時間に余裕を持って作業してください。焦って作業を行ったり完了後の試走を怠ったりするとことになると大変危険です。

■ブレーキマスターシリンダーの脱着

まずは、ブレーキマスターシリンダーを取り外せるようにフロントのカバーを脱着していきます。

全面のパネルは、左右ウインカーのネジを下から外しウィンカーを外すと、奥にネジでカバーがハンドルに固定されているのでネジを外す。

フロントパネルも脱着。

ここまで外したら、ブレーキフルードを抜き取ります。

キャリパーについているエア抜きバルブに耐油ホースを差し込んで8ミリのメガネレンチを緩めるとブレーキフルードがホースに出て来ます。

マスターシリンダーのフタをインパクトドライバーでネジを緩めて開けます。
ここは大抵、サビて固くなっているのでCRC556を吹きかけておくと良いです。

これでぶっ叩けば緩まないネジなんぞはありません(^^)

開けると、うにゅーんと伸びきったゴムのダイヤフラムがはまっておりはずすとブレーキフルードが見えます。やや茶色に変色。

マスターシリンダーのブレーキフルードは、ウエスに染みこませて吸い取ります。

空になったら12ミリのメガネレンチでブレーキホースをはずします。銅ワッシャーが前後にはまっているのでなくさないようにします。ブレーキフルードが出て来ますのでウエスでキャッチして垂らさないようにします。

ブレーキフルードは、飲むと有害ですが、手についても皮膚から吸収されないので害はないので大丈夫です。ただ、そのフルードがついた手で塗装面を触ると、フルードが塗装を犯すので注意が必要です。ただし、ブレーキフルードは、燃えるので火気は厳禁です。

マスターシリンダー外れました。

■ブレーキキャリパーの脱着

ある程度フルードを抜き取ったらキャリパーからブレーキホースを外します。
これで、2カ所の六角ネジを外せばキャリパーがはずれます。

キャリパー摘出完了。

これから、古いパッドを外してピストンを抜いて掃除してからシールゴムを交換します。

ブレーキパッドはこのピンを抜いてから、シャフトをはずします。

上から見たブレーキキャリパー。ブレーキパッドはこのように固定されています。

ブレーキパッドの厚みがなくなり薄っぺらになっています。

今回は、キタコのブレーキパッドを投入。

新旧フロントブレーキパッド
新品は、こんなに厚みがあります。

キャリパーからピストンを外します。1992年式JOG-Zは、イタリアの会社のブレンボの2ポッド対向キャリパーが採用されています。2ポッドのおかげかこの前輪ディスクブレーキはコントロール性がとても良くカクカクしたりカックンしにくいと思います。というか常になめらかです。

ピストンは、片側づつはずして行くと楽にできました。片側を外してメンテをしたら戻して反対側をはずしてメンテをして戻していきます。作業は、ウォータープライヤーで片側を挟んでポッドがでてこないようにしてから、ブレーキホースの穴から、エアーダスターで空気を送るとジワジワでてきます。

こんな感じででてきますのでここまで出ればあとは簡単にはずれます。
残っているフルードがでてくるのでウエスで拭き取ります。

はずしたポッドを見ると若干の汚れが付いているだけでした。2年おき程度でブレーキフルードを交換していたのでサビなどは特になし。ウィッシュ号も2年置きにブレーキフルードを交換していたのでサビはありませんでした。フルードの劣化に限らず防錆剤が切れないうちに(約2年)交換しておけば内部は綺麗な状態で保てるようです。

ピカールで磨けばもうツルツルツヤツヤに。

キャリパーの中のシールゴムを外します。

2本入ってます。太めと細めこれをキャリパーグルーブクリーナーではずします。
精密ドライバーのマイナスでもいいかも。

ゴムの溝の中も掃除できる優れものツールです。車もバイクにも使えるのでWEBマスターは買いました。

新品のキャリパーシールを装着します。

スミコーラバーグリスPGF-100をゴムシールに薄く塗布しておきます。

シールゴムを入れる方が面倒かも(^^;)

綺麗にしたピストンにも薄くグリスを塗ってハメ込みます。

また、反対側を取りだして両方、メンテナンスします。

シールを交換してピストンを戻したら、新品のブレーキパッドを装着します。

しっかり、元のように戻してバネをシャフトを入れてピンで固定します。

キャリパーも外側はともかく内部は綺麗になりました。

■ブレーキマスターシリンダーの分解、オーバーホール

マスターシリンダーから、スナップリングプライヤーを使ってスナップリングを取り外します。

スナップリングの輪を縮めてやると取り外すことができます。ちょっとコツを掴むまで難しいかもしれません。

スナップリングを外せば、マスタシリンダーの中からピストンが出て来ます。

取り外した元の部品です。新しいパーツキットに入っていたゴム類を同じようにセットします。

外したマスターシリンダーのリザーブタンクです。なにやらカス状のものがついているので掃除しておきましょう。

新しいピストンにパッキンとOリングとスプリングセットしてラバーグリスを塗ります。

再組み立てしていきます。ブレーキフルードで塗装がいたんでいるので時間があれば再塗装とかしたいですね。

スナップリングを再びセットして固定します。

防水カバー用のゴムブーツをしっかりセットしておきます。中心にブレーキレバーが当たるので握るとピストンが押し込まれて油圧が発生します。

ピストンのセットが完了したら再びハンドルにブレーキマスターシリンダーを取り付けます。

ブレーキホースを接続します。

キャリパーを取り付けます。

銅ワッシャーを忘れずにセット。

ブレーキホースをキャリパーに接続。あとはブレーキフルードを入れてエア抜き作業をします。

ブレーキフルードをリザーバータンクに入れてエア抜き作業です。

エア抜き作業中の写真は、WEBマスターの手がふさがっていたので残念ながらナシ。
車のブレーキのエア抜きしたときの写真を持ってきました。やることは全く同じです。

ブレーキフルードブリーダーの吸引口をエア抜き口にセット。
ブリーダーのタンクについているレバーを握ると吸引開始で吸引中はずっと握りっています。

フルードまみれの手でカメラは触りたくないですからね、、

レバーを握ると、フルードが吸引されてくるのでマスターシリンダーのリザーバータンクのフルードを決して切らさないように補充しながらしばらく吸引します。

途中から、リザーバータンクのフルードの減りが早くなるのでホースやキャリパー内のエアがなくなったと考えて良いです。

エア抜きバルブを8ミリレンチで閉めたらエア抜きは完了です。
ブリーダーをはずしてホースをつないで手動でエア抜きしてみてもエアは出ませんでしたので作業OKです。

手動でのやり方は、8ミリレンチ開ける→ブレーキレバー握る→レンチ締める→ブレーキ離す。
この繰り返しになります。

ホースにワンェイバルブを付けるとレンチを開けたり閉めたりしなくても良いかもしれませんが、エア抜きバルブは根元から若干エアを噛むのでグリスを塗っておくと良いかもしれません。

しばらく繰り返してホースにエアが混ざらなくなれば完了です。
これで、ブレーキホースを含む油圧回路の中にはフルードだけが満たされて空気の泡がなくなりました。

エア抜き作業が終わったらリザーバーにフルードを満たしてゴムキャップをはめて完了。
バイクの場合はゴムキャップが重要ですので忘れずに。

これで前輪ブレーキメンテは完了です。

【ホーンの交換】

全面のカバーを開けたのでついでにホーンを交換しました。
ヤマハ純正だと、ピッピーっていう感じなのでもうちょっと強力なタイプに。

このネジを外して交換して締めるだけですがやはり旧車。スイッチの接触が悪かったのでスイッチを分解して接点をクリーニングしました。

ハンドルの左側のスイッチボックスを開けてホーンのスイッチに接点復活スプレーを接点に吹き付けます。これで1発で回復しました。

全面カウルを組み立てて完了です。
ブレーキレバーがしっかり固くなってフワフワしないか点検してから試走しましょう。

パッドも新品ですのでローターとの摺り合わせが必要なので密着するようになるばでしばらく制動力が落ちますので注意して乗りましょう。

【2st原付】前輪ブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】

【完了】

【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】

【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】

【状況】

WEBマスターの足車の2st原付のYAMAHA JOG-Z 50CC。
車齢が23年落ちなので毎年少しずついろいろな場所を整備しています。

車検がないから整備しなくてお金がかからず手間もかからないなんて大間違いです(^^;)
小さいながらにそれなりにメンテが必要になってきます。

今回は、車庫の床に変なオイル染みを発見したのがきっかけですが以前からエンジンの下部がオイルで汚れやすいなとは思っていたのですが、症状が進行しタレるまでひどくなってきたようなので修理することにしました。

【修理開始】

怪しい箇所は、2stのオイルタンクからエンジンに適量のオイルを送り込むオイルポンプのどこかなのでマフラー側から冷却ファン周りを脱着。

うーん、オイルホースが濡れているぞ、、

良く見ると、オイルでじっとり。

どうもホースの付け根が怪しいとみました。

タンク側

まずは、2st用のオイルを抜きましょう。

クリップをずらしてホースをはずしオイルを自然流下させます。

トロトロでてきます。

使用オイルは、YAMAHAの青缶。いわゆる純正オイルです。

これを使っておけばまず間違いないオイルです。

タンクを見ると大分抜けてきました。

ペットボトルを切って作った容器が一杯になりました。。あぶない(^^;)

タンクをのぞいても空っぽになりました。

タンク側もホースをはずします。

はずれました。

うん、なにか変だぞ。切れ目が見える、、

パクっと、、、

うわぁぁぁぁぁぁぁ、口が開いたたぁぁぁぁ。
この状態が長いと予期せぬエア噛みなどでエンジンによろしくありませんね。

オイルホース交換ですね(^^;)

怪しいと思っていたので部品は取り寄せておきました。

同じ品番はなくこっちを使ってよ的な型番で取り寄せましたところ

長さだけが長いんですね。これを旧のホースに合わせてカットしてつかいます。

ホースクランプも買っておきました。

ホースに入れて

ホースをオイルポンプに差してクランプで抜け止め処置しておきます。

あとは元のようにホースの経路に戻して組み立てます。

オイルをタンクに戻して、少し時間をおいてからキーをONにしないでキックしてエア抜きをします。
ホース交換後だけ2stオイルをガソリンタンクに少し垂らしてうすい混合油にしておけば焼き付きの心配もないですね(^^その後、アイドリングでしばらく回しておけば大丈夫でしょう。白煙が観測できたらOKです。

【修理完了】

【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】

【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】

【状況】

WEBマスターの足車の原付スクーター。エンジンは今は貴重なツーストロークエンジン。
馬力はあるがエンジン始動性に難があったり、振動が多かったり、安物FCグレードのオイルを使うとモクモク白煙がでる少々ピーキーなエンジンである。ちなみに、FDグレードのYAMAHAの青缶オイルを使えば、始動性も良くなり、煙も出ずエンジンはすこぶるご機嫌になる。

駆動系のベアリングも前回の記事で入れ替えて、走行しているとついアクセルを開けてしまうが、
道路の轍や凹凸や段差を乗り越えると、ガタンゴトゴトガタガタとショックアブソーバー様が完全にお亡くなりになったような衝撃を感じることがしばしば。

これは、ショックのオーバーホール又は交換かなと検討した結果、今回は、YAMAHAの2st原付のJOG-Zの前輪ショックの交換とついでに減っていた前輪タイヤ交換を行いました。

結果的には、交換が大正解。

【修理開始】

オリジナルの1992 JOG-Zのショックはこのタイプ。分解してみたので中身はこの先の記事参照。

では、交換作業していこう(^^

カウルオープン

前輪のブレーキを脱着。ブレンボのキャリパーがついてます。

ブレーキをはずしたら、前輪ハブナットをはずしてハブボルトを抜けば前輪がはずれます。

この作業は初めてだったので、さてどうやってショックが外れるのかなと下をのぞくとどうも二叉になっていてそこにショックが2本固定されている構造。それで、その二叉の部分事はずれる様子。

ハンドルの軸からハンドルを抜く。
ワイヤーとかハーネスはついてても抜けるので全面カウルのところから、上の方に弛みを作っておきます。

少々強めにひっぱってすぽんと外れます。

白いカバーを外すとようやくハンドルのベアリング部分が見えてきます。

これを回す工具はコレ。自転車の右ワンとか左ワンを回す工具。

ロックリングプライヤー ホーザン

溝があるのでひっかけて回せばOKです。

それでこの作業に取りかかるときには、下にボールベアリングの玉が落ちるので捕獲できるようにトレーをセットしてください。

リングを外すと、ベアリングの玉がそのまま出て来ます。
玉押しのロックナットだったんですね(^^;)

無造作に引き抜くと、ボールベアリングの球がコロコロパラパラ落ちました(゜Д゜)

うわぁあぁ、どこからだ(^^;)

引き抜いた下部を除くと、ここにもベアリングの球が(゜Д゜)

落ちた球はなんとか回収して

集めておきます。

さて、ショックアブソーバーをはずさなければなりません。

横のボルトを外しただけでははずれてくれません。
おやっと良く見ると、

スナップリングで固定されていました。

これで2本、ショックアブソーバーがはずれました。

長らく車体を支えてくれたショックアブソーバです。

今度は、このレッドピンクの新品オイルショックに交換です。

 

■適合車種
スーパージョグZ (3YK1/2/3/5)
アプリオタイプ2/EX (4LV)
ジョグZ2(YV) 5EM/SA04J/SA12J

新品未使用、オリジナルフロントフォークASSY

台湾の工場のOEM制作ですので、他に出回っている数千円程度の安物の中国製とは品質が別物です

限定のレッドカラー/シルバーです

■剛性のあるアウターチューブを採用
■レッドカラーのアルマイトを施した存在感のあるデザイン
■左右共にオイルダンパーを採用
■純正とは比較にならない高級感があります
■ノーマルに比べコーナーでの安定性向上
■スポーティーな走りには最適の味付けになっています
■OHも可能な設計

ガチガチのレース用強化サスではないので、ストリートでも十分お使いいただけます

純正品の品祖なフォークからオシャレにドレスアップしませんか?

見た目も性能もUPします

部品があるうちがやっぱり花ですから、少々お値段が張りますがその分長く大事に乗れますので購入しました(^^

新品ショックの紹介でしたが、作業を続けていきます。

ショック取り付け。

元のショックからはずしたゴムカバー取り付けてます。

飛び散ったベアリング球を洗浄、点検。

グリスアップは、いつもの『極圧有機モリブデングリス ウレアベース』を使います。

駆動系のベアリングにも使ってます。

二叉の玉押しにグリスを塗って

ベアリングを盛りつけます。

上部にこのベアリング玉をこぼさずセットします。

ハンドル側も同じように作業します。
こっちは簡単です。グリスの粘度が高いのでベアリング球はしっかりくっついているので作業はやりやすいです。

ハブボルトを入れて変なガタとかがないか確認。

タイヤ交換作業

せっかく前輪外しますのでタイヤ交換もやっていきます。
ね、もう溝がないですよね。ゴムも硬くなってるので雨の日の食い付きも悪く滑ります。

最近、カブのタイヤ交換、自転車のタイヤ交換と重なってます(^^;)

タイヤレバー2本使って少しづつビードを落としていきます。

ゴムマットの上でやるとホイールの傷も最小限です。

ビードが落ちたらタイヤをはずします。

グァっと気合いで外しました。
簡単にやってるように見えますが自分なりのコツをつかむまではちょっと苦労しますね。

今回は、タイヤバルブも交換しますよ。

はずすときは、切ってしまえば簡単ですが、、入れるのがちょっと大変。

ここからが、指で押し込んだぐらいじゃ入りませんよ、、コレ。

プラスドライバーで押し込んで

メガネレンチでひっかけてひっぱります。

入ったらお次は、ビードクリームを新品タイヤとホイールに塗ります。

1KGもいらねえよ(゜Д゜)っていう場合は、

20Gもあります。

9月だったのでまだ暖かく3月のタイヤ交換とは大違いですわ(゜Д゜)
出来れば絶対暖かい時期にやった方がいいです(^^

難易度が3月の数分の1です。やっぱり冬は寒くてタイヤが硬くなります。
そうも言ってられない場合はタイヤを少し温めてみると良いかもしれません。

今回使ったタイヤはこれ。ダンロップのD307 80/90-10 44J

軽快で安定した走りでスクーターにベストマッチ。スクーター用タイヤです。

タイヤの記号は、80が太さ 90が扁平率 10が10インチ 44がロードインデックス(耐荷重)160KG Jが速度表示で100KMが最高速度。

左が新品タイヤ、右がはずしたタイヤ。

ちなみに、自動車の車検だったら通らないレベルには減ってます。

スリップサインがでてますね。

次は、ホイールのグリスアップ

ホイールにスピードメーターワイヤが出てくる部分があります。

この中に減速ギアが入ってるのでグリスアップします。

古いグリスを拭き取ってから

上記のグリスを入れてギアをセット。

ブレーキ側にはこれがついてるのでハブボルトが入るところをグリスアップ

元にもどして

前輪タイヤとブレーキを戻します。

無事に、ショックアブソーバー交換作業終了しました。

ハブボルトなどの閉め忘れにご注意ください。

はずしたショックはどうなったのかな?

分解しました。

なんとこのショックアブソーバーは、オイルダンパーではなくグリスが使われているグリスダンパーでした。オイルの替わりにグリスというよりは、グリスは密閉性を上げるために入っていてタイヤから入力された衝撃は内部の空気とバネで吸収していたようです。

内部の筒状の中にはまだ入れたてと思われるグリスも残ってました。

黄色なので有機モリブデンが混ざったグリスが使われていたようです。
黒くなっていたのは、有機モリブデンが変化して黒くなったのかもしれません。

交換後の乗り心地は?

もうサイコーですよ(^^
ハンドルがガタガタいわなくなりました。

コーナリングもすごく安定していてすごく運転しやすくなりました。

【修理完了】

次のページ »

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】
17.10.26
【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】
17.10.24
【溶接】2連はしごの天井収納リフトの制作【DIY】
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】
17.09.24
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~3日目【DIY自転車整備】
17.09.19
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~2日目【DIY自転車整備】
17.09.18
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~1日目前輪脱着【DIY自転車整備】