【車検】ウィッシュのユーザー車検体験レポート【DIY】

【車検】ウィッシュのユーザー車検体験レポート【DIY】

【状況】

今回は、ウィッシュのユーザー車検体験レポートをお送りします。
13年目のウィッシュ号の車検ですが、今回はユーザー車検で通すことにしました。ユーザー車検とは、自分で車を陸運局に持ち込んで自分で書類を書いて自分で検査ライン並び、車検に合格するという一連の作業です。

そして、車検の前か後には、法定24ヶ月点検もこなす必要がありますが、WISHのDIY整備記事でも書いてある通り主要は整備はDIYで行いました。

【車検の前の24ヶ月点検】

基本的に、整備点検記録簿にある項目こなしていきますが、FF駆動のAT車としてのウィッシュでの車検でのポイントを見ていこうと思います。
車の交換部品や劣化具合は、車の使用頻度や走行場所や経年劣化でさまざまです。雪が地方では、融雪剤を撒くので車体下部のサビやブレーキ周りのメンテがかかせなかったりするハズです。

1、エンジン周りのオイル漏れ

エンジンのオイルが漏れていると車検に通らないので点検します。タペットカバー周りやタイミングチェーンカバー周りやオイルパン周辺のオイル漏れ

■対策記事→タペットカバーパッキンの交換

滲み程度は、点検時に掃除しておけば大丈夫です。ポタポタ垂れているようなひどい滲みはアウトなので要修理です。

2、ドライブシャフトブーツや各種ブッシュの点検

基本的に、車齢が10年を超してくるFF車は、ドライブシャフトブーツが交換時期に達してくるので破れていないか中のグリスが出てきていないかを確認。WEBマスターのウィッシュは、内部のグリスが液状化したのでグリス入れ替えとブーツ交換を行っています。

■対策記事→ドライブシャフトブーツの交換

3、ショックアブソーバーのオイル漏れ

WEBマスターのウィッシュ号もショックからのオイル漏れが走行距離約7万KMあたりで出現したので交換済みです。ショックアブソーバーについては、後席をはずさないと交換できない都合上、修理工場さんにお願いしました。

4、ヘッドライトのバルブ交換(HID)

X-Sタイプの初期型ウィッシュは、ヘッドライトがHIDなのですが光量が落ちてきたのでバルブ交換しました。HIDバーナーともいいます。

■対策記事→ヘッドライトのバルブ交換

■対策記事→【ウィッシュ】ヘッドライトのウレタンクリアコーティング【DIY】

【ユーザー車検レポート】

1、予約をしよう。

国土交通省の車検予約サイト

車検の期限(約2週間以内)が近づいてきたら、国土交通省の車検予約サイトで自分の車の管轄の陸運局(車検場)に予約を入れます。予約を入れないと当日いきなり車検場に行ってもキャンセルがでたり予約に空きがないと車検が受けられない場合があります。車検を受けるには、午前の1番がオススメです。
午前の1番で書類を記入し検査ラインに並ぶことができれば万が一、不合格になった場合でもその日のウチに不具合箇所を手入れして修正し再度、検査ラインに並び合格することができます。

2、予約当日が来たら車検場へ

車検場へ持っていくもの

車検場についたら、車を駐車場に止めて窓口へ行きます。

沼津自動車検査登録事務所(車検場)へは、自動車関係のお仕事の人が大勢車検手続きへ来ています。

窓口を良く見るとユーザー車検受付とか案内とか書いてるある所へ行き、ユーザー車検の案内をお願いします。と言えば親切教えてくれました。

手続きの進め方の書いてある書類と自動車検査票と自動車重量税納付書と継続検査申請書を渡されます。

当日に車検場で用意するもの

あとは、お隣の建物(静岡県自動車会議所)へ行きまして、

自動車重量税の印紙購入と継続用の自賠責保険に入ります。

印紙は、用紙を渡せばすぐ貼ってくれますし、自賠責は向かい側の窓口ですぐに加入できました。なお、以前の自賠責の証明書を見せる必要がありますので必ず持っていってください。書類は、透明のA4ファイルケースやバインダーを持っていくと便利です。なお、定期点検整備記録簿も購入して後検査ということで検査を進めることができます。

沼津自動車検査登録事務所に戻り、用紙に必要事項を記入していきます。

記入台にて使用者、車台番号などをもらった案内を見ながら、車検証を見ながら書き写したりしていきます。この用紙は、車両のライン検査の時に、外観検査やサイドスリップ合格印など検査結果が記入されていきます。

車検の検査申請書です。必要事項を記入していきます。注意なのは継続2年のところに4と書くところです。

記入が終わったら、書類の順番があるのでその通りに整えて受け付けBOXに投函してチェックが済めば検査ラインに並びます。

車検場の検査ラインが初めての人

ユーザー車検の方は、この見学者通路から入ってどのように検査が進むのかラインのどこにタイヤを乗せればいいのか、検査中の車の動きをじっくりみておきましょう。

内部に進むと見学者用の通路があります。

案内板が出るので指示にしたがって、車を止めたり、ブレーキを踏んだりアクセルを踏んだりします。

検査ラインに並びます。

まずは、外観検査と同一性の検査、ライトの検査、ホーンの検査などがあります。

並んでいると、検査官がやってきて、

『はい、ボンネット開けて~』から始まるので車から降りて自分でボンネットを開けて検査を進めていきます。基本的に検査官はすべて見るだけなので車の操作はすべて自分でおこないます。ワイパーの動作確認もあるので、車検場に車に洗車はしておいた方が無難です。一応、洗車はしておいたのですが、ここ数日の黄砂で窓がワイパーを動かすとすぐにざらざらになってしまいました。この辺りのライトをスモールにするだとかハイビームを点灯する、ハザードを点灯するなどはスムーズにできるようにしておきましょう。

ラインに入っていく前に、注意事項もよく読んでおきましょう。

自動方式検査機器 受験者注意事項

進行の合図がでたら検査ラインに入ります。
停止線がありますが前車についてずいずい入ってしまった方がいました。バックして元のところまで下がるように検査官に誘導されました。スムーズな検査作業の妨げになりますので慌てず指示に従って車を動かしましょう。

検査ラインのメニューは?

をこなしていきます。

■サイドスリップの検査

サイドスリップの検査は、ハンドルをまっすぐに走っているといつのまにか終わります。
簡単に言うとこの検査は、車がまっすぐに走れるかどうかを検査します。
縁石に前輪をぶつけたりタイヤをインチアップすると再調整が必要ですが、今回はWEBマスターは、そのままいじらずに合格しました。

■ブレーキの検査

電光掲示板の指示でブレーキを踏みます。ABSがゴリゴリ言いますが気にせず踏み込みましょう。踏み込みが甘いと検査に落ちます。

■サイドブレーキの検査

電光掲示板の指示でサイドブレーキを踏み込みます。(※ウィッシュの場合)

■ヘッドライトの光軸の検査

電光掲示板の指示でライトを点灯。自動で検査機器が動きライトの光軸が規定値に収まっているか検査します。右のロービームが×になりましたが、ハイビームの検査で○だったので、合格になりました。

■排気ガスの検査

排気ガスを検査します。

■下回りの検査

検査ラインで不合格を貰う可能性が大きいのがライトの光軸と下回りだと思われます。ここでは、ドライブシャフトブーツの破れやがたつきの検査やオイル漏れが漏れていないかチェックされます。

マナーとして、下回り洗浄もしておくとGOODです。

ラインを抜けた後に、スタンプを検査機器のところで打ち込み済みの自動車検査票を検査ラインの棟にある窓口に出すと最終審査され合格の判断が出れば、車検も終わりです。

あとは、再び、事務棟の窓口に書類を提出して新しい車検証を発行してもらいます。

これで、車検手続きの終了です(^o^)
検査に落ちてしまった場合は、車検場の前にテスター屋さんの看板がありますので、そちらに行って修正や調整をして再検査を受けることもできます。

今回は、ライトの光軸とサイドスリップがやや不安でしたが、なんとかWEBマスターは、1発で合格できました(^o^)

ちなみに、税金と保険を除いた継続車検の手数料って1800円でした。
かかった時間は、午前中の11時過ぎぐらいまで。

ユーザー車検完了!

【ウィッシュ】タペットカバーパッキンの交換【ZNE10G】

今回は、タペットカバーパッキンを交換しました。

エンジンの上部のパッキンになります。

※自分の車の自動車整備に資格は不要ですが、間違った整備は事故につながる可能性など

ありますので自己責任の元、作業を行ってください。

061

状況

035

トヨタ WISH ウィッシュ 前期 ZNE10G X-Sなウイッシュ君です。

前回の記事(【ウィッシュ】エンジンマウントの交換【ZNE10G】)でオイル滲みを発見したので今回は、この滲みの原因のタペットカバーパッキンを交換することにしました。

新車から11年目で走行距離も約11万KMですから、ぼちぼちいろいろ交換しなければいけない部品がありますね(^^

ですが、タペットカバーパッキンも頑張れば自分で交換できます。

修理開始!

まずは、部品の調達。

タペットワッシャー付きのサードパーティー製でもOKです。WEBマスターのWISHは、初期型X-S ZNE10Gの1ZZ-FE 1800CCなので純正品番は、11213-22050 シリンダヘッドカバー ガスケット になります。
実質、約1000円程度で購入できます。
部品をGETしたらサクサク交換していきましょう。
033
エンジンのカバーです。
10mmの袋ナットのボルト2カ所とプラネジ2カ所をはずします。
034
シリンダーヘッドカバーです。タペットカバーパッキンというのはシリンダーヘッドカバーガスケットの事です。
039
プラグ交換時の要領でイグニッションコイルASSYをどんどん取り外します。
042
筒の途中のガスケットの位置にも滲んだオイルが付着しています。
043
ガスケットからオイルが滲んでいるようです。
044
ベンチレーションホースを2カ所はずし、ボルトもどんどんはすしてしまいます。
045
裏側にもボルト穴がありますので全部忘れずにはずします。
046
ベンチレーションホースのクリップもはずします。
047
ボルトを全部はずせばカバーオープンです。
カバーアルミ製なので落としたりぶつけたりはしないように気をつけましょう。
さて、めったに見られないウィッシュ号くんのカムシャフト回りやチェーンやVVT-i機構が見えますね(^^
じっくり眺めていきましょう。

10年超えのウィッシュのエンジンの中を見た。

※オイル交換サイクルは、1年1万kmで交換しています。5W-20 トヨタキャッスル。

ペール缶で購入して毎年5月頃に交換しています。

 048062060061
VVT-i機構です。
これは、無段階で吸気バルブの開閉タイミングの位相をずらし吸気タイミングを無段階に変化させることができるハイテク機構です。
簡単に言えば、低速トルクを保ちつつ高回転にも対応できるようする機構です。これによって、街乗りから高速の追い越しまでをスムーズにこなせるエンジン特性になります。
オイル焼けも全然問題がない程度でチェーンも延びてはいるがまだまだ許容範囲だと思います。ギアの痩せもまだまだOKです。
この機構があるのでオイルはやわからめの5W-20が初期充填オイルでした。
■カムシャフト
目視点検では異常もなくオイルもちゃんと回っています。オイルで保護されているのでキレイですよね。
050 049 051 052 053
■プラグ穴
燃焼室はこの下になります。
イグニッションコイルに付着していたオイルはこの穴のガスケットからの滲みということになります。
055 057
■上から。
カムシャフト駆動は、タイミングチェーンです。
059073072074070
■シリンダーヘッドカバー裏側
064 067
ウィッシュ号くんのシリンダーヘッドカバーは新車購入以来初めて外しましたが
オイル焼けはあるものの内部の状態は良好でした。11年11万kmのエンジン内です。
パッキンをはめ込んで戻す前に、シールパッキンブラックを指定の箇所に塗ります。
068
069
ほんの少量塗ります。
ここは、チェーンカバーとの境目です。手前側と奥側2カ所あります。
■はずしたガスケット。
硬くなり弾力性がほとんどないですが、パキパキ折れるほどにはなっていませんでした。
066 065
■プラグの点検
プラグの状態を点検しておきます。
イリジウムパワーです。
プラグ交換の記事
075 078
点検が終わったら、すみやかにカバーを閉じてしまいます。
079
ボルトやイグニッションコイルやベンチレーションホースを元のように取り付けて
締め込んでいきます。
082
最後に、エンジンカバーを再び取り付けます。
083
トヨタ ウィッシュ タペットカバーパッキン交換 終了。

修理完了!

 当記事への反響ありがとうございます。

質問にいくつかお答えしたいと思います。

■シーパッキンブラックの塗布箇所について

詳細参考URL
この中盤下に1ZZ-FEエンジンのタペットカバーのシール箇所が図案で示されています。
■シール箇所写真
069 070

■タペットワッシャー

これは中央のプラグホール辺りのカバーボルトの2カ所のワッシャーです。
044
※2017年1月2日追記

読者の方よりレポートを頂いたのでご紹介します。

H様から頂きました。

 まずは、交換前の写真レポートです。
DSC_3772 DSC_3774
※H様のウィッシュの写真。ディラーで点検の際に、タペットカバーパッキンからのオイル滲み、漏れを指摘
されたとの事。

んー、たしかに、WEBマスターのウィッシュの滲みを発見したときよりもだいぶ滲んでいます。そして、マニホールド方に漏れてしまうと煙がでたりしますので対処が必要です。

そして、DIY交換にチャレンジしようと思い、修理のきろくDXに辿り着き、参考にしつつも
無事に自力で交換成功されました。
さて、苦労した点ということで、これも詳細レポートを頂きました。
私が苦労した点は、
1 ホースがヒビだらけで、かなり硬くて力づくで抜くのをためらった点
2 カバーと止めているボルトのうち一本だけ長くどび出しているものが固くて
もしかしたら折れてしまうのではないかとためらった点
3 タペットケース内部がかなり汚れていて、オイルがこびりついて掃除が大変だった点
(もっとオイル交換を頻繁にしないとだめですね)
です。
ホースの外し方は根元をしっかりホールドして左右にちょっとづつ動かしてねじり回しながら引っ張るイメージで作業すると良いです。
ボルトについては、しっかりした工具でエクステンショバーを使い垂直に回せるようにします。斜めっているとボルトを舐める可能性があります。
内部の汚れについては、スラッジだと思いますが、最低1万から1万5千kmでも定期交換を
していればボテボテとしたものは貯まらないと思いますので、最低1年に1回は交換してあげるとキレイに保てそうです。
WEBマスターが使っているトヨタ純正キャッスルブランドの5W-20がオススメですよ。
ウィッシュは、VVT-i機構があるのでカムとチェーンの部分のギアに油圧制御機構があります。この油路は狭い部分があるのである程度サラサラオイルの方が通りが良く内部にスラッジが貯まり難くなるのではないかと思います。
では、交換の様子の写真レポートも紹介します。
DSC_3800 DSC_3785 DSC_3790 DSC_3794
※H様のウィッシュの写真。
交換後はエンジンのガチャガチャ音がとても静かになりました。
交換したパッキンは写真の通り、ガキガキに折れてしまいました。青空駐車の割には塗装の状態もよく、おかげさまでこの車ともう少し付き合えそうです。
今月ユーザー車検を取る予定です。13年目なので重量税が高くなるそうです。
交換お疲れさまでした。音が静かになったのはパッキンが柔軟になったので微振動が発生していたのがなくなったからでしょうか。
メンテはしやすい車だと思いますので頑張って今後もDIYしてくださいね(^o^)
レポートありがとうございました(^^

【wish】プラグ交換【IRIDIUM POWER】

【wish】プラグ交換【IRIDIUM POWER】

【状況】

もう新車から6年経つのだが、走行2万5000kmの過小走行なので、今までプラグを交換も1度もしていないので

1年点検が終わった後に、自分で交換することにした。

ノーマルプラグは、1本400円前後だが、イリジウムプラグは、ヤフオクで購入して1本約800円。

値上がりした分を自分で交換して工賃を0円にして費用を抑えようという魂胆かつ日本男児たるもの自動車の

プラグぐらい自分で交換出来ないのでどうするのかということで作業開始。

【作業開始】

なんで、イリジウムプラグか。

正直、プラグを変えてパワーアップを望んでみようという事はあまり考えてなくて、エンジンの本来持っているポテンシャルを引き出すという事につきると思います。

そして、今回は同時期にエンジンオイルを、ノーブランド10W-30からトヨタキヤスル 5W-20に変更しています。

5w-20は、かなりさらさらでどろどろ感はまったくないです。

ヤフオクで3000円程で入手可能ですね。オートバックスさんだと、プラス1500円くらい必要かなっていう感じでした。

 

WISH号くんの1ZZ-FEは、低回転からトルクがモリモリなエンジンで出足は軽いです。

ですから、冷間時にオイルがさらさらしていることは、エンジンの内部抵抗ロスが減って燃費には良い事になると思います。

取り扱い説明書にも載っている純正オイルですしね(^_^)b

6月の現時点まで、インパネの平均燃費計表示が10,3kmから11,6kmで上昇。

効果が目に見えていますね~。

届いたイリジウムプラグを見てみました。

さきっちょがとがってます。これで、電気火花が飛びやすくなっているわけですね。

しかし、この形状はイリジウムという特殊な金属を使わないとすぐに酸化磨耗してなくなってしまう

ということで、イリジウムという特殊な金属を使う分、高価になってます。

あとは、イリジウムタフという種類のプラグもあり、それは受け皿に白金を使用してさらに耐久性UPで、

10万km無交換でOKだそうな。素晴らしい(^_^)b

けど、過小走行な我がWISH号はパワーを選びました。

イリジウムパワープラグの紹介

.4mm径イリジウム合金中心電極と特殊な接地電極の採用により、かつてない優れたスパーク性能を実現。様々な運転条件下において安定したハイレスポンスを生み出します。
その結果、標準プラグ使用時にくらべ、愛車の加速性とトルクも向上します。

WISH初期型X-Sの場合は、適合型式IK16を4本使用しました。


 

交換です。

WISH 前期型 1ZZ-FEです。

黒いエンジンカバーが付いています。

オールアルミで軽量化されているエンジンです。

カバーを外します。

ボルトやネジ類は、絶対に下に落とさないように気をつけます。

動くメカニズムのどっかに挟まったら確実に故障の原因になります。

カバーを外すとこんな感じで見えてきます。

手持ちの工具で行けるか、1本抜いてみます。ネジは10mmです。

うわー、固いやー(^_^;

プラグレンチをメガネレンチでブーストしてやっとゆるんだ。

約2万5000km走ったWISHの1ZZ-FEから外した1番?プラグ。

さすが、電子制御エンジンだ。見事にキツネ色。素晴らしい。

でも、中心電極の角が取れて丸くなってますな。

プラグの穴は深くてこんな奥にプラグが。

黒い筒が入ってるんですけど、最近の車はそれぞれの黒い筒でスパークに必要な火花を飛ばす

装置が入っています。

で、次の気筒へ。

で、ケーブルが収納されているこれもはずさないと3番、4番は交換できなったり。

でなんとか4番目まで交換。

プラグを取り付けるときは、きつく締めてはいけませんよ。

説明に書いてありますが、締まるとこまで軽く締めていきそこから、1回転締めるとかネジ形に応じて

締め付け角、トルクが決められています。

高熱で金属が膨張するので締めすぎは禁物です。

交換終了(^_^)b

水平対向エンジンとか12気筒エンジンとか大変だろうなと思ったのでした。

ちなみに、エンジンカバーは2カ所はこういう樹脂のピンで留まっているのでなくさないようにしましょう。

今回、下におっことして車の下まで抜け落ちてくれたので助かりました(^_^;

【作業終了】

その後の様子。

確かに、加速時は力強くスムーズに加速しましたが、旧プラグとの体感的な比較なので(^_^;

ですが、オイルをさらさらな省燃費オイルと一緒に変えたので低燃費化には貢献してると思います。

工具の紹介

プラグレンチ

バイク整備も自分で行っているのでこのエーモンのK35プラグレンチを使っていますが

エンジンルームの奧側上端に持ち手が当たり回しにくい状況だったの別の工具がオススメです。

 


 

例えば、エクステンションバー(延長バー)がついているタイプです。

 Garage.com1 エクステンションバー付き 首振り&マグネット仕様スパークプラグレンチ

このタイプは頭をラチェットレンチで回します。簡単ですね。


お手頃なラチェット一式

簡易的なものなのでプラグ交換を数年に1回ならこれで十分です。


 

 

次のページ »

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】
17.10.26
【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】
17.10.24
【溶接】2連はしごの天井収納リフトの制作【DIY】
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】
17.09.24
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~3日目【DIY自転車整備】