【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】

【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~6日目、そして最終回【DIY自転車整備】

【6日目最終回修理作業開始】~各種調整をしっかりやろう

ママチャリのオーバーホール最終回です。いや~長かったですね(^^; ここまでバラして再組み立てすると今まで適当にやっていた調整などもしっかりやろうという気持ちになります。あらゆる部品がサビに強い耐久性が大幅にUPした部品に変わっています。

さて、残りの作業をやっていきましょう。

■サーボブレーキの調整

サーボブレーキにワイヤーを取り付けます。コツは、ブレーキのワイヤー取り付け部のレバーを手でひっぱった状態にしてワイヤーを通し、ボルトを締めます。手を離すと若干ワイヤーの弛みが取れていい感じになりますのであとは、調整ボルトでブレーキレバーの遊びを自分の好みに調整します。

これでもちょっとブレーキが甘いなともったら

このサーボブレーキのネジをちょっと締めて調整します。これはバンドとブレーキハブの隙間を調整します。

調整完了しました。

■変速ワイヤーの取り付け

変速ワイヤーを取り付けます。

ジンクススプレーでサビ止めバッチになった金具を取り付けます。

金具を取り付けハブボルトで締め付けます。
この時にハブボルトが奥まで入らず、変速のバーを奥まで押し込めない事態になっている場合は、内装ギアの玉押しをもう少し締め込みます。

調整するときは、ハブボルトを一旦はずしてここから見える内装3段ギアの玉押しを調整します。
チェーンの張りを調整したりしていくと玉押しの再調整がやはり必要になると思います。

ここで内装ギアの玉押しをしっかりやっておかないと、ノリ味が悪くなるでしょう。

玉押し調整がしっかり出来るとハブボルトを締めても変速バーに干渉しません。

調整できたらワイヤーを通してキャップをはめます。

■ブレーキ側ハブボルト締め付け

順番はスタンド、泥よけのステー、荷台のステーでハブボルトです。

■変速ワイヤー調整

調整は、中間なので2速の位置で行います。

上の写真の変速バーの線がわかりますか?これが2速の時に見えなくなるぐらいの位置が取り付け後の調整位置です。ここからシフターで変速具合をみて若干調整ボルトで調整すればOKです。

この調整は、走行テストしながら変速具合を確認しておきます。

■クランク取り付け

クランクも磨いてピカピカになりました(^^

これはディスクグラインダーで磨いています。

輝きがもどりました。

■タイヤの虫ゴムはスペシャルバルブへ

虫ゴムよりは耐久性が高いスペシャルバルブへ交換。

■鍵の取り付け

 

不正解錠されにくいディンプルキータイプの馬蹄錠にします。

馬蹄錠はやっすい奴には十分注意してください。簡単に開いてしまうモノもあります。
また、カチンと締まるときに出てくるわっかがほっそいタイプは曲げられてしまうので選定には注意してください。
悩むくらいなら、上の同じもの買ってくださいね(^o^)

■荷台の取り付け

荷台は、ステンレス製ではなく元のサビサビ荷台を再生したものを再利用です。
サンポール風呂でサビを落としてから、ピカールで磨き脱脂してからクリヤ塗装してます。

■チェーンカバーのフタを取り付け

チェーンカバーもキレイになりました。トップコートにクリア塗装してます。

■スタンドのバネ交換

スタンドのバネを交換しました。

購入するときは、バネの長さのサイズがいくつかありますので計ってから買いましょう。

■アルミカゴの取り付け

すっごく軽いアルミ製のカゴです。学生さん用ならステンレスのが丈夫で変形しにくいですね。

■前輪(オーバーホール後)

前輪もきれいになりました。

■前輪(オーバーホール前)

■後輪(オーバーホール前)

■後輪(オーバーホール後)

■オーバーホール後のママチャリ

やっと、組み立て完成しました。塗装は地味目にしております。試乗後の感想は、ギアチェンジがとってもスムーズになりましたね。タイヤも新しいのでゴムが地面に食いつく感じが伝わります。

また、長く大事に使っていきましょうー☆

■ママチャリオーバーホール完了

【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】

【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】

【5日目修理作業開始】~あの日の輝きをもう一度!

さて、5日目になりました(^^ ママチャリオーバーホールもかなり手間がかかりますね。今回バラバラに分解してみまして、サビがかなり発生している部品が多かったので、ステンレス部品やアルミカゴなど大幅にアップグレードしました。

■サビサビのチェーンカバーの再生

分解取り外した直後はこんなにサビがひどかったフルチェーンカバーですが、
サンポールのお風呂に浸かってサビを落とし再塗装しました。

サビの上から塗れるカラーサビ鉄用スプレーで仕上げです。

トップコートは、高耐久クリアでOK。
これで丈夫なツヤツヤ塗膜になります。

■前輪の組み立て

サンポール風呂ですっかりサビが落ちた前輪ブレーキです。
シルバージンクススプレーでめっきとはちょっと違ったマットな質感の銀色になりました。

前輪ブレーキを組み付けます。前輪フォークもベアリングにグリスを塗布して組み済みです。

■前輪の泥よけをステンレス製へ交換

前後セットになっています。

ネジ類もセット。

フェンダーワイヤーを固定。

泥よけを新品に替えるだけでもキレイに見えてきます。ステンレスになっていますのでサビや腐食に強く長持ちします。

前輪ブレーキのゴムは新品交換。

■後輪の泥よけ加工

新品のフェンダー(泥よけ)には、テールリフレクターがついていないので今回は、ソーラーパワーで日中充電して夜間は、走行中の振動で点滅するテールランプを取り付けます。

ネジ穴が開いていないので、マーキングしてから穴を開けます。

ハンドドリルでもOKですが旋盤があるので、サクッと穴開けします。

5ミリ程度でOK。

取り付けできました。

■フルチェーンカバー、チェーンの取り付け

後輪の取り付け準備にはいります。まずは、チェーンカバーから取り付けます。かなりピカピカになりました(^o^)

メンテ前

メンテ後

 

ボロボロだったワッシャーをセット

右ワンをセット。

後輪を乗せます。

チェーン引きを取り付けます。

 

チェーンは、灯油で洗浄後、ギアオイルに漬けておきました。

右ワンをはめてからチェーンを通します。

前側スプロケットを仮入れしてチェーンを平針金でひっかけて引きます。

この平針金の先を曲げて使うと便利です(^^さて、これはなんでしょうか。
実は、クルマのワイパーの中に入っている平たい針金です。
自分でワイパーを交換したことある人は大体わかると思います。これが、長さもちょうど良くとても便利。

後輪側からするするっとワイヤーを入れて引き寄せます。

仮乗せしておいた後輪ホイールのスプロケットまで持ってきます。

チェーン引きは、最初に取り付けるのでセットしてOKです。

こんな感じにチェーンを持ってきます。

ここでチェーンのコマをセット。

なくしても安価でGETできます。

■前輪ライト取り付け

前輪はハブダイナモでしたが、ライトが壊れて点灯しなくなっていたそうなので、ライト新品に交換。

パナソニック ハブダイナモ専用ライトに交換。

後ろにスイッチがあるのでこれで、夜間センサー自動点灯か常につきっぱなしが切り替えできます。

コネクタをつないでタイヤを軽く回すと、点灯しました。ハブダイナモは正常でした。

ステーに固定します。

ハンドルに、ステンレスブラケットを取り付け。

ここがサビてる自転車多いですね(^^;)ステンレス製に交換します。

六角レンチ棒でハンドルも固定します。調整は最後にやります。

ブレーキレバーもアルミブレーキレバーに交換します。

ピカピカで軽やかです。

ギア

シフターもワイヤー付きの新品に交換します。

シフター取り付け。

モノタロウグリップ取り付け。

ちょっと石けん水でしめらせてねじりながら入れます。

これかなりにぎり心地が良いです。

新品になりました。

シフトワイヤーを通します。

ブレーキワイヤーです。

タイコを穴にセットして

ワイヤを溝に通してやれば

取り付け完了です。

ブレーキもワイヤールートを適切に確保してブレーキに接続します。

まだ、仮止めでOKです。

ワイヤーは長いので、適切なところでカットしてワイヤエンドキャンプをはめてかしめます。

後輪ブレーキも同じにレバーに通したら、

ブレーキルート確保します。

■今回の組み立て作業は、

を行いました。自転車もかなり行程が多いですね(^^;)

【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】でした。
次回は、ママチャリオーバーホール~最終回です。

【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】

【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】

【4日目修理作業開始】

4日目に入りました(^^;)サビ取り行程など手間がかかる仕事が多くなかなか時間を取られます。今回のオーバーホールでは、『サビない自転車作り』を考えていますので工夫しながら作業しています。

■フレームのクリヤコーティング

つや出しと耐サビコーティングもかねてフレームは、洗浄乾燥後、高耐久ラッカークリヤースプレーを吹きます。

今回は、メッキの上からなどいろいろ使っております。

自転車を固定する台が便利です。

何回か重ね塗りすると、ツヤツヤになります。

きれいになりました。

■後輪内装3段ギアの分解注油整備

次の行程は、シマノ 内装3段ギアの分解整備です。

☆☆注意事項☆☆
この内装3段ギアの分解は、機械整備に慣れていない方がいきなり挑戦すると元に戻せなくなる可能性が大いにありますのでご注意ください。利用するグリス種類や粘度、玉押しの調整具合によっては元のフィーリングには戻らなくなる可能性もあります。また、作業工程も多く作業姿勢もきつく意外に時間がかかりますので初挑戦の方は1、2日程度はかかりますしベアリングが破損している場合は取り寄せ日数もかかります。
心得手から作業に取りかかりましょう。

■内装3段ギア分解作業開始

後輪を取り外してから

ダブルスパナでまずは、玉押しをロックしているナットをはずします。

下のナットは薄型のレンチが必要になります。

ロックナットをはずすと次はベアリングの玉を押している通称:玉押しがはずれます。
ベアリングの玉は、リテーナー付きですがこれが傷んでいるので玉がポロポロはずれてきますので注意。
ちなみに、ボールがはずれている場合は交換が必要です。

ボールベアリングが見えてきました。

スプロケットを持って引き抜くとラッチがある部品がついています。

また別のベアリングも見えてきました。スプロケットの下のベアリングです。

反対側も同じようにはずします。

これの外し方がわからないぞ(^^;)

とりあえず、内部メカが引き出せました。
ちなみに、故障していないときは、グリスアップだけですしオシリ側のEリングは外さない方がメンテが楽です。これを外すとセンターが狂うので注意。

内装3段ギアは、遊星ギアやプラネタリーギアなどから構成されています。
これと似た機構を最初に見たのは、小学生の頃のミニ四駆のワンウェイホイールですね(^^ ワンウェイホイールは、ミニ四駆のコーナリング時のタイヤの内輪差を吸収する要はクルマのデフギアみたいな働きをします。

パカっとギア部を露出させればでました遊星ギア。
要は、プッシュロッドを押すと

ギアの位置が変わって変速されるわけです。ラッチがあるので回転方向は一方だけで逆方向は空転します。ギア比は2速が直結で1速がやや減速、3速がやや増速です。

見た感じは、グリスが液状化していないので潤滑状態は良好で水や汚れが入ったような状況ではなく状態は良いです。ラッチのバネがちょっと頼りない感じなのでここが疲労して折れたりすると故障になりそうです。

組み付けは、古いSUMICOのモリペーストスプレー(モリブデン+グラファイト入り)の機械組み付け用の潤滑剤スプレーです。

今のグレードだと

これになります。

べたつきが少なくたれないグリススプレーです。

組み付ける時にはラッチの耳の向きを間違いないように。

ラッチは、内部のこのギアにかかります。ここにもグリスを塗布。

■ベアリング交換

今回は、7年物の自転車のオーバーホールなのでベアリングは3カ所交換です。

左側が古いもので右が新品。
シマノの内装3段は種類が何種類かあるようなので購入する場合は実物を見てから確認した方がいいかもしれませんよ(^^どちらにしろシマノから出ています。

ボールリテーナーです。

ブレーキ側のベアリングも交換してグリスを塗布。

ブレーキ側は、1/4×7玉

玉押しでこのようにベアリングを押しつけて遊びを調整するわけです。
きつすぎると回転が渋くなりますし、ゆるいと車軸にガタがでます。

■組み付ける前に、ブレーキ交換

一気に、ギアを組み付けたいところですが、ブレーキの交換を同時に行います。

元のバンドブレーキから、サーボブレーキに交換。

バンドブレーキから、サーボブレーキへは移行は問題ありません。

古いバンドブレーキのドラムを外します。

原付用のプーリ外しです。

外れたら新しいサーボブレーキのドラムを取り付けます。セットなので同時交換します。

このブレーキになると、原付スクーターなどのドラムブレーキとほぼ同じ仕組みです。

■内装3段ギア組み付け

この穴にスポット内部メカを入れます。

ブレーキ側。

スプロケット側

ベアリングセット

スプロケット部取り付け。
ここにもラッチがついていてはまりにくいので慎重にぐりぐり回転させたりしながらはめ込みます。ラッチの周りの針金が溝から逸脱していたら修正してください。

写真はないですが防水カバーをセット。

玉押しナットをセット

ロックナットを締め込みます。

玉押しの最終調整は、ホイールを自転車にセットしてから行うのでここでは、最低ガタがない程度に締めておけば十分です。

余裕があれば仮にセットしてみて指でプッシュロッドを押して変速具合などを確認してみるとイイと思います

WEBマスターはこの時点で、内装3段ギアの動作チェックがOKでしたので行程を進みます(^^

変な音がしたりスムーズに回らないなど様子がおかしい場合はやりなおしです。

【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】でした。

次は、再組み立て開始だよ(^^

次のページ »

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】
17.10.26
【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】
17.10.24
【溶接】2連はしごの天井収納リフトの制作【DIY】
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】