【DIY】トイレに換気扇を設置【パイプファン】

【DIY】トイレに換気扇を設置【パイプファン】

電気工事について

【状況】

ボロ家なので、今まで換気扇もなく窓だったのだけど朝のラッシュ時には

ニオイがこもってどうも気分がイエローに。

なんとかしなきゃなと、パイプファンを半年前にヤフオクで買っておいたのをすっかり忘れていたのです。

思い出したので設置することに。

【作業開始】

まずは、材料達の写真。

パイプファン

アルミフレキシブル管

排気口ステンレスベントキャップ

あまりもののコーキング

作業後の感想としては、出来ればパイプはぐにゃぐにゃのアルミフレキシブル管は、ちゃんとした塩ビ管の方が作業が楽です。※状況が許せば。

パイプファン取り付け工事開始です。

まずは、壁に穴を開ける位置にケガキして穴を開ける準備をしていきます。

古~い化粧合板です。

電気ドリルで穴をボツボツ開けていきます。

古い化粧ベニアでボロボロですね~(^_^;

電動ジグソーでカットします。

ここは、後に増築された場所なので、かなりの安普請です。

断熱材もなくいきなり外壁のトタンが見えます(^_^;

外壁トタン側に穴の中心とおぼしきところに電気ドリルで穴を開けます。

外から見るとこんな感じです。

100Φの穴をケガキます。

金属用のドリルの歯で同じように穴を開けていきます。

一周開けたら、ドリルの歯を太くして穴を大きくしておきます。

金属用の歯に替えて、ジグソーでなぞって円周カットしていきます。

はい、カット出来ましたよ~。

こんな感じになりました。

次は電気の配線ですね。

どうやら、電灯線から電気を取って隠蔽配線できそうです。

まずは、電灯の裏がどうなってるか調査するために取り外します。

なんじゃこりゃ~(^_^;

布被覆の古い配線が出てきました。しかも、電灯の部分の付けねがボロボロでやばいです(^_^;

もう少し引き出すと、割りと新し目のVVFケーブルが出てきました。

ははぁ、この工事をした人は誰だか不明ですが、電灯をばらせなかったようでちょっと奥の部分で

ケーブルを継ぎ接ぎしてます。

これは、推奨されないやり方です。

とりあえず、換気扇用のVVFケーブルを天井裏に送って壁の方に曲げて送ります。

そして、おりゃ~と、腕を目一杯伸ばして、VVFケーブルをキャッチします。

隠蔽配線を後付で頑張る電気屋さんの苦労がちょっと分かります(^_^;

電気工事の詳しい解説本です。とても参考になりますので紹介。

右手で送りつつ、左手で見事キャッチー(^_^)b

次は、電灯の配線をやり直しておきます。

ソケットの中のネジを回すと、配線部分が出てくる仕様でした。

前に配線した人はこれがわからなかった様子で古い線に継いでました。

こんな感じで付け根は電線の芯が見えちゃってました(^_^;

ボディーが金属なのに。

【新しいVVFケーブルを繋ぎなおします。】

1.6mmのVVFケーブルを剥きます。

ケーブルーストリッパーでラクチン。

電工ペンチで90度に曲げます。

反対側のはみ出た部分も曲げます。

電工ペンチでカット。

すると、2mmくらい残ります。

そして、ホーザンのケーブルストリッパーのさきっちょでクルクルっと。2本同時に輪っかを作ります。

こんな感じで輪っかが完成~。きれいに出来ました。

これはいわゆる電気工事士の技能試験の時のやり方ですね(^_^)b

電気工事をやるならまともな電工ペンチとケーブルストリッパーがあると
作業の効率が断然違います。足場が悪い場所とか狭い場所でモタモタできないんです。

ネジの回転方向に注意して輪っかを固定します。

ちなみに、技能試験時は、被覆が噛んでいたり、銅線がハミ出過ぎていたらアウトです。

ソケットは中心電極がホットで黒線がきます。

ソケット部分を元に戻します。中に固定するネジがあります。

こうやってしっかりやっておけば、漏電の心配もないですね(^_^)b

【元の工事へ】

天井の石膏ボードの穴を広げました。

3口の差し込みコネクタで、換気扇への分岐を作ります。

つまり、今までのトイレのスイッチで電灯と換気扇が同時にONOFFとなります。

スイッチ部分については、別に『遅れスイッチ』というのを付けて換気扇を遅延OFFにする

工夫をおこないました。

パナソニック(Panasonic) 埋込トイレ換気スイッチ WN5276

このスイッチは優れものです。スイッチをOFFにしてから約3分後に、遅延してスイッチが自動で切れますのでトイレから出てスイッチを消して3分間換気扇を動かしてからスイッチが切れます。※ただし、スイッチの交換は電気工事になります。

差し込みコネクタの根元から銅線が見えていたり、奥まで差し込み出来ていない不良は技能試験ではアウト。

配線を天井に押し込んで電灯を元に戻します。

アルミのフレキシブル管を差し込んでコーキングします。

室外のベントキャップをはめ込みました。

トイレの室内側もコーキングして壁との隙間を塞ぎ、VVFケーブルを接続してパイプファン本体を取り付けます。

ここで、壁に入れたパイプがアルミのフレキシブル管だったので手こずりました。

なんでかと言うと、アルミ管はやわらかいので、パイプファンの固定金具がうまくパイプに入っていかないのです。

パイプに板バネで押しつける感じなのですが、ぐにゃぐにゃしてはまっていきません。

そこで、パイプ部分をがっちり押さえながらハメコミましたが、コーキングが指にべったり(^_^;

で作業性が悪かったです。※しっかり、乾燥してからやればこんな苦労はしないはずです。

苦労しながらも収まりました。

カバーをはめて完了。

【作業完了】

WEBマスターのオススメのトイレの換気扇

パナソニック 【FY-08PFRY8VD】 パイプファン/自動運転(人感)常時換気付

今は、2016年になりLED照明もかなり普及してきました。人感センサー付きLED電球に取り替えたお家も多いんではないでしょうか。人感センサーにすると照明自体は自動点灯になりますので普段はトイレのスイッチをONしたままですよね。そうすると、換気扇が回りっぱになってしまう問題が出て来ますね(^^;)それで、検索して来られた方もいると思います。その場合には換気扇も人感センサー付きに交換してあげれば解決です(^o^)

第2種電気工事士について

電気工事について

当サイト、修理のきろくDXでは、【電気工事】についてDIYで行っておりますが、

当WEBマスターは、【第2種電気工事士】免状を持っており電気工事については有資格者です。

スイッチを交換する、VVFケーブル(電線)をつなぐなどの作業は、国家資格である

電気工事士免状が必要になります。

免状を持っていない場合は、無資格作業になってしまいます。

しかしながら、第2種電気工事士の免状の取得は、年1回の国家試験を受験して合格すれば誰でも取得する事が

可能です。

とたえば、

免状を持っていれば、エコキュートなどの設置も自分ででき、電力会社への深夜電力申請なども自宅に限り可能です。

電気工事業を営むには、第1種免状が必要になりますが、自宅については業者の認定も必要ないわけで可能です。

電気工事士資格取得のためのオススメの本

当サイト見て少しでも興味ややる気が出たらぜひ挑戦してみてください(^_^)b

ただし、試験を受けられるのは、年1回ですので募集要項を確認して

確実に受験計画を立てて実行しましょう。

自前で制作した第2種電気工事士技能試験の練習動画を掲載します。

ginou-no4

 

【工具の紹介】

動画で使われている工具

ホーザン P-956

これは、軽くてかさばらなくて超~オススメです。

試験合格後のDIY作業にも持っててとっても便利です。

【wish】プラグ交換【IRIDIUM POWER】

【wish】プラグ交換【IRIDIUM POWER】

【状況】

もう新車から6年経つのだが、走行2万5000kmの過小走行なので、今までプラグを交換も1度もしていないので

1年点検が終わった後に、自分で交換することにした。

ノーマルプラグは、1本400円前後だが、イリジウムプラグは、ヤフオクで購入して1本約800円。

値上がりした分を自分で交換して工賃を0円にして費用を抑えようという魂胆かつ日本男児たるもの自動車の

プラグぐらい自分で交換出来ないのでどうするのかということで作業開始。

【作業開始】

なんで、イリジウムプラグか。

正直、プラグを変えてパワーアップを望んでみようという事はあまり考えてなくて、エンジンの本来持っているポテンシャルを引き出すという事につきると思います。

そして、今回は同時期にエンジンオイルを、ノーブランド10W-30からトヨタキヤスル 5W-20に変更しています。

5w-20は、かなりさらさらでどろどろ感はまったくないです。

ヤフオクで3000円程で入手可能ですね。オートバックスさんだと、プラス1500円くらい必要かなっていう感じでした。

 

WISH号くんの1ZZ-FEは、低回転からトルクがモリモリなエンジンで出足は軽いです。

ですから、冷間時にオイルがさらさらしていることは、エンジンの内部抵抗ロスが減って燃費には良い事になると思います。

取り扱い説明書にも載っている純正オイルですしね(^_^)b

6月の現時点まで、インパネの平均燃費計表示が10,3kmから11,6kmで上昇。

効果が目に見えていますね~。

届いたイリジウムプラグを見てみました。

さきっちょがとがってます。これで、電気火花が飛びやすくなっているわけですね。

しかし、この形状はイリジウムという特殊な金属を使わないとすぐに酸化磨耗してなくなってしまう

ということで、イリジウムという特殊な金属を使う分、高価になってます。

あとは、イリジウムタフという種類のプラグもあり、それは受け皿に白金を使用してさらに耐久性UPで、

10万km無交換でOKだそうな。素晴らしい(^_^)b

けど、過小走行な我がWISH号はパワーを選びました。

イリジウムパワープラグの紹介

.4mm径イリジウム合金中心電極と特殊な接地電極の採用により、かつてない優れたスパーク性能を実現。様々な運転条件下において安定したハイレスポンスを生み出します。
その結果、標準プラグ使用時にくらべ、愛車の加速性とトルクも向上します。

WISH初期型X-Sの場合は、適合型式IK16を4本使用しました。


 

交換です。

WISH 前期型 1ZZ-FEです。

黒いエンジンカバーが付いています。

オールアルミで軽量化されているエンジンです。

カバーを外します。

ボルトやネジ類は、絶対に下に落とさないように気をつけます。

動くメカニズムのどっかに挟まったら確実に故障の原因になります。

カバーを外すとこんな感じで見えてきます。

手持ちの工具で行けるか、1本抜いてみます。ネジは10mmです。

うわー、固いやー(^_^;

プラグレンチをメガネレンチでブーストしてやっとゆるんだ。

約2万5000km走ったWISHの1ZZ-FEから外した1番?プラグ。

さすが、電子制御エンジンだ。見事にキツネ色。素晴らしい。

でも、中心電極の角が取れて丸くなってますな。

プラグの穴は深くてこんな奥にプラグが。

黒い筒が入ってるんですけど、最近の車はそれぞれの黒い筒でスパークに必要な火花を飛ばす

装置が入っています。

で、次の気筒へ。

で、ケーブルが収納されているこれもはずさないと3番、4番は交換できなったり。

でなんとか4番目まで交換。

プラグを取り付けるときは、きつく締めてはいけませんよ。

説明に書いてありますが、締まるとこまで軽く締めていきそこから、1回転締めるとかネジ形に応じて

締め付け角、トルクが決められています。

高熱で金属が膨張するので締めすぎは禁物です。

交換終了(^_^)b

水平対向エンジンとか12気筒エンジンとか大変だろうなと思ったのでした。

ちなみに、エンジンカバーは2カ所はこういう樹脂のピンで留まっているのでなくさないようにしましょう。

今回、下におっことして車の下まで抜け落ちてくれたので助かりました(^_^;

【作業終了】

その後の様子。

確かに、加速時は力強くスムーズに加速しましたが、旧プラグとの体感的な比較なので(^_^;

ですが、オイルをさらさらな省燃費オイルと一緒に変えたので低燃費化には貢献してると思います。

工具の紹介

プラグレンチ

バイク整備も自分で行っているのでこのエーモンのK35プラグレンチを使っていますが

エンジンルームの奧側上端に持ち手が当たり回しにくい状況だったの別の工具がオススメです。

 


 

例えば、エクステンションバー(延長バー)がついているタイプです。

 Garage.com1 エクステンションバー付き 首振り&マグネット仕様スパークプラグレンチ

このタイプは頭をラチェットレンチで回します。簡単ですね。


お手頃なラチェット一式

簡易的なものなのでプラグ交換を数年に1回ならこれで十分です。


 

 

掃除機の回転ヘッドの修理

掃除機の回転ヘッド(電動ブラシ)の修理

【状況】

オフクロ殿が掃除機を使用中に、電動回転ブラシの甲高いキュイーンという音がしない事に気がついた。

調べてみると、電動ブラシのスイッチのON/OFFに関わりなく動作しないようだ。

【修理開始】

ひとまず、分解掃除だ。

犬を飼ってるいるので、犬の毛とか綿埃がたくさんつまっている。

モーターや基盤の冷却スリットにもびっしり。

原因はこれか!ポリスイッチ(いわいる自動復帰する温度フューズ)が熱で作動しっぱなしで

電源カットされているのかと思ったが、コールドスタート時から動かないのは変。

さらに、分解。

あふれ出るホコリに悪態を突きながら、ハウスダストを吸い込み、アレルギー性鼻炎のくしゃみが。

ヘッドの上の上のカバーを開けた時である。

原因がわかった。電源ケーブルの断線だった。

見事にスパッと切れてますね。

1年はもったわけで、ウチは毎日掃除しているので、疲労が溜まったのでしょうね(笑

それにしても、ちと軟弱じゃないかな。

これは【修理後の写真】だけど、両方このように配線処理しとくべきだと思う。

特にヘッドの首振りによって多少動きがあるので、配線の付け根には疲労がたまる。

原因がわかればさっさと作業移ります。

半田で金属端子と接合。

こういうコロコロしている部品って固定しないと難しので、プチ万力に、半田作業サポート用ピンセットで

固定してなんとか接着。

ポロっととれそうだけど、意外にしっかりくっつきました。

熱収縮チューブを先に入れておきます。

あとは、チューブを半田ごてであぶればぴたっと縮んでOKです。

あとは、元のように組み立てて修理完了です。

また、軽快な動作で掃除ができるようになりました。

この部分だけでも部品で購入できますが、電動ヘッドで6000円ぐらいするのかな!?

【修理完了!】

【タント】カーナビのDIY取り付け

【タント】カーナビのDIY取り付け【楽ナビlite】


【状況】

マスターの妹が車を購入したのである。

その名もダイハツ タント。

流行の軽自動車です。

一応、新車ですが、販売店登録のいわゆる新古車で

カーナビはなく純正CDオーディオが付いていました。

車を購入する商談には、参加しなかったので

実車が来るまでは、ナビ部分に穴が開いていると

思ってたんですが、、、

実車が来たら、純正CDだったのです。

このため、ナビの回りの純正の枠がしばらくない状態になってました。

後ほど写真で紹介します。

そして、ナビは通販で買ってDIYで取り付けましたので

紹介します。

【機材の紹介】

Pioneer 楽ナビlite

AVIC-MRZ90

ナビタイプ:メモリ


本体形状:2DIN


モニタタイプ:一体型


画面サイズ:7型


TVチューナー:ワンセグ

ポイントは、メモリーナビです。

pioneerさんから画像借りてきました。

8GBのメモリーを内蔵していて、

MAPに、DVDディスクやHDDを必要としないので

素早く検索ができます。

そして、MAP更新は、SDメモリーカードを使って

細心の地図データーを自分で更新できます。

だから、DVDディスクを毎度買ったり、HDDのデータを

更新しにディーラーに行く必要はないんですね。

3年間無料で更新できます。

あとは、最近のお高い最新ナビゲーションの

機能はいろいろ持ってます。

ちなみに、このモデルはワンセグですけど、

5インチ液晶でフルセグ見てもねーってことで、

マスターの強力な意見で

妹の意見(フルセグ希望)をねじ伏せております(笑

だって、フルセグは5万円もさらにお高いんですもん(^_^;

そのかわり、i-podをナビからコントロールしたり、

メモリカードに入れた音楽ファイルや動画を再生出来たり

と言った最近の機能は一通りそろってます。

DVDだってもちろん再生できます。

これで約9万円で購入です。

楽ナビの売れ筋紹介

【作業開始】

まずは、作業前の写真。

純正CDが付いてますのでこれを取り外します。

下部のエアコン操作パネルを外します。

ダイヤルとつまみを引っこ抜いてください。

細かい部品はなくさなようにそこら辺に置かないで、

ネジ皿なような物を必ず用意しましょう。

素人の作業とプロの作業は見えないところで差が付きます。

風量ダイヤルの下にネジがあるので外とパネルがはずれます。

外すと、すぐ手前にCDを固定しているネジがあるので外すと、

純正CDがはずれます。



はい、はずれました。

コネクタも外しました。

タントはこの時点で、ナビ取り付けに必要な配線は

来ています。

あとは、ワンセグアンテナをフロントガラスに取り付け、

GPSアンテナも設置します。

ピラーを取り外して、GPSアンテナの配線を通します。

この部分は、ツメではまっているのでスキマに

指のツメをひっかけて浮かすようにしていくとハズレるハズです。

下部はスライドさせるとツメがはずれます。

馬鹿力を入れずに作業しましょう。

写真がありませんが、ダッシュボードも取り外します。

ワンセグアンテナを取り付けます。

シール式になっていますので、そっと張りつけました。

ブースター部を上から端子を合わせて張りつけます。

配線は、天井の内張の裏に隠します。

あとは、外したピラーの部分に配線留めで固定して行きます。

これで隠蔽配線はばっちりですね。

ダッシュボードの中を通して、ナビの裏側にまで引き回します。

配線に取りかかります。

配線キットを使用。

[ UA-D55D ]  ケンウッド キット

この配線キットの役目は、メーカー独自のソケットになっている配線を

ギボシ配線に変更して、ナビ付属のギボシ配線と接続出来るように

するためのケーブルが入っています。

そして固定金具を取り付けます。

なお、純正ナビパネルが別に必要になります。


そして、タグが付いている配線が、ナビ付属の配線です。

ソケットがギボシの丸形端子になってるわけです。

トヨタ/ダイハツのソケットはそのまま、ナビには刺さらないので

ギボシに一度変更してやる必要があるわけで、

ナビの後ろのスペースは配線まみれになります(爆



そして、とても親切に同じ色の配線同士を接続すれば良いので、

接続不良がないように奥まで差し込んでしっかり接続していきます。

そして、Pブレーキ、車速パルスなどの信号は

配線をパチッと挟んで取ります。

これは、タントの場合は、ナビ裏まですでに配線されているので

車の配線をごそごそ探してこなくてもナビ裏から取れます。

ラジオアンテナケーブルも来ていますので端子に差し込みます。


今回は、

[ CD-IUV50M ]  パイオニア iPodケーブル

もナビに接続してiPodを接続できるようにしました。

ダッシュボードにipodは入れておきます。

そして、配線を奥に畳んで押し込めて、ナビをはめ込みます。

マイナス端子は金属部分に接続します。

そして、ピラーなどの内装を元通りにして、

各部のネジを閉めて、下部のエアコンパネルを元通りに

取り付けます。

まて!

何か変ですよ~(笑

そうです、純正CDのパネルはナビ使用時には流用できないので、

純正のナビパネルが別で必要だったんです。

マスターは、ナビパネル付きで穴が開いて来ると思っていたので

用意してなかったんですね(爆

ディーラーに問い合わせると、

新品で約9000円とな。

高い(笑

そこで、ヤフオクで調達することに。

でヤフオクで落札。

約4000円でタント純正ナビパネル。

タントのナビの穴はワイド液晶対応なので、

左右の張り出しがあるタイプのパネルです。

取り付けたナビは、タイプではないので張り出しがないとスキマが

できますよ。

こんな感じになりました。

すっきりおさまりました。

完成(^_^)b

なお、取り付けの流れを紹介しているに過ぎませんので、

詳しい取り付けは、取り付けマニュアルを良く読んでから作業してください。

このナビは、他にも外部映像入力、バックカメラ入力、

など他にも機能拡張の余地をまだまだ残しています。

WISH号にはバックカメラ付いてますけど、軽自動車にはいらないな~(笑

【使ってみた感想】

カロッツエリアの遺伝子を引き継いでいますので、

サウンド効果をいろいろいじれたりして楽しいです。

一昔は、DSPイコライザーで1DIN分使ってましたけど、

このナビは最低限内蔵してますので、サブウーハーなども

接続できますね。

MAP機能はシンプルですが、表示カスタマイズで

必要な表示だけに絞れます。

地図の細かさは、お高いナビにはかないませんが、

10万円クラスならば必要十分な機能を持っています。


≫【準備編】地デジアンテナ設置工事

≫【準備編】地デジアンテナ設置工事

 

~DIYで自分で地デジ用アンテナを設置しよう~

 

UHFアンテナの写真

 

マスターが母親の実家に設置工事中の画像です。

 

上のアンテナはUHFアンテナで平塚中継局に向けているため

 

垂直偏波を受診するために、横向きにしています。

 

下は、VHFアンテナで東京タワーに向けています。

 

両者の距離は、もう少しあけた方が良いかもですが、

 

物理的にギリギリのためこのまま設置ですが、

 

受診状況に問題は出ていません。

 

古いTVが残っている部屋があるので、VHFアンテナも最後まで活用します。

 

パラボラは、BSCS110度対応で、下部に3種混合ブースターが付いています。

 

ケーブルは、衛星放送対応5C(太さ)アルミシールドの物です。

 

【状況】

 

アンテナ工事を再び依頼されたので今回は、設置レポートしながら

 

進めていきたいと思います。

 

当サイトの記事のCATVブースターへの検索エンジンからの訪問者も

 

増えてますのでアンテナ工事ネタもここらで紹介したいと思います。

 

薄型液晶TVを購入して地デジみるぞ~♪

 

あれ、映らない!ノイズが!あれ!おかしい!

 

と思った方や薄型TVを購入して来た設置業者に、

 

地デジはアンテナを替えないとダメなんですよ(^_^;

 

と言われて、ネットで調べて飛んで来た方もいるんじゃないかと思います。

 

 

そうなんです!

 

地デジは、UFH帯の電波を使うため、VHF帯のアンテナしかない

 

ご家庭では新規にアンテナを設置する必要があります。

 

↑↑

 

この部分が今回のテーマです。

 

 

【設置へ向けての調査】

 

今回は、自分で設置する人に役立つように記録していきたいと思います。

 

まずは、住まいの地域の電波状況を調べます。

 

ご近所のアンテナの向きを見てみましょう。

 

アンテナの種類は、UHFアンテナ

 

これです。

 

 

これは横向きですが、通常は、水平になってると思います。

 

それも重要です。

 

あとは、素子(横棒の本数)とどっちに向けてあるか。

 

反射素子がないほうが電波塔の方向です。

 

ご近所を観察してみましょう。

 

横向きは、垂直偏波、水平は水平偏波。

 

素子数は、その地域における電波強度。

 

電波が弱い地域は、素子数を増やして利得を稼ぐ必要があります。

 

方向は、電波塔の方向です。

 

これは、設置場所が変わると微妙にずらしたり、

 

反射を拾うために、ビルの方に向けたり、

 

地域の2カ所の電波塔の新規に出来た方が電波が強かったりするので

 

他人の家の物はあくまで参考です。

 

近所を観察したら、

 

今度は、ネットで自分で情報収集します。

 

 

【調査】

 

まずは、Dpa社団法人デジタル放送推進協会の

 

放送エリアのめやすのページに、自宅の郵便番号などを

 

入力して自宅エリアの状況を調査します。

 

 

例えば、

 

マスターの地域での説明です。

 

 

静岡県沼津市の中心部ですが、

 

まずは、静岡市の日本平にある電波塔から来る電波のエリアが

 

表示されているのが黄色のエリアです。

 

次に、

 

 

地図の三島中継局の電波塔のアイコンをクリックすると、

 

三島中継局からの電波のエリアが赤く染まります。

 

そうです。

 

両方の電波塔で方向が真反対ですが、エリアが被ってます。

 

三島中継局の電波塔は、箱根連山の山の稜線にあります。

 

どちらが、より鮮明に受信できるかは、

 

障害物の建物などにより設置するときに実際に

 

アンテナを向けて調べることになります。

 


 

今回は、わかりやすいケースですが、

 

ビルに挟まれたお宅ですとか、電波エリアの境界だとか

 

ちょっと工夫が必要な場合もあります。

 

より高くアンテナを上げる必要があるとか、

 

素子数を増やして大きいアンテナで対応が必要になるケースですね。

 

それプラス、ブースターの利用の判断などです。

 

ちなみに、電波塔に近すぎると、映らなくなるケースも存在します。

 

必要以上に、受信強度が高くてもダメなのです。

 

この場合は、減衰器(アッテネーター)をケーブルに挿入して、

 

信号強度を調整します。

 

この辺りの事が、いわゆる業者の言う経験や勘になってくるわけです。

 

ここで最初に、説明したご近所のアンテナを観察する。

 

という事が生きてきますね。

 

ちなみに、VHFのアンテナとUHFのアンテナでは、

 

電波塔が違うケースが多いので両者は良く区別してください。

 

【自宅から電波塔の方位の調査】

 

この作業を行って置くと屋根上で作業が楽になります。

 

3D地図ソフト カシミールで方位を調べます。

 

上の画像は、沼津市駅周辺部から、三島中継局の玄岳付近の

 

直線で結んだ測定結果です。

 

 

直線距離 約15km 方位 94.4度です。

 

屋根の上に方位磁石を持って行き、磁北のずれを修正した100度

 

くらいの方向にUHFアンテナを方位磁石に合わせて設置すれば、

 

方向合わせは、障害物や何かしらの電波障害がなければ、

 

ばっちりです。

 

※地図上の方位角と方位磁石の磁北は約6度ほど、

 

ずれがあります。

 

この調査を自宅エリアに被る電波塔毎にやっておけば

 

屋根の上での作業が楽になります。

 

素子数が多いアンテナ(テナー)ほど、指向性が強くなり、

 

向ける角度に遊びが少なくなりますので、

 

電波塔の正確な方位角を知っておく事は大事です。


 

【設置場所について】

 

DIY設置の場合は、足場が悪い2階、3階の一軒家の

 

屋根に設置する場合はやめておきましょう。

 

足場が悪い高所作業の場合はとても危険です。

 

ハシゴが倒れて下半身不随になる業者の少なくありませんので、

 

素直に業者に依頼するのも大事です。

 

風がある日や雨天の日の作業も危険なので

 

足場が確保できる場合でも穏やかな晴天の日や曇りの日を選びましょう。

 

補助者の手伝いがあると作業がはかどります。

 

携帯電話を用意して写りの状況を確認しながらも作業できます。

 

 

次回は、設置機材の紹介、解説編です。

 

LS14TMH

 

MASPRO UHFテナーLS14TMH


オススメの1冊

次のページ »

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】
17.09.24
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~3日目【DIY自転車整備】
17.09.19
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~2日目【DIY自転車整備】
17.09.18
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~1日目前輪脱着【DIY自転車整備】
17.07.30
【DIY修理】家庭用溶接機レッドゴー120の修理【溶接】
17.06.01
【車検】ウィッシュのユーザー車検体験レポート【DIY】
17.05.18
【ウィッシュ】ヘッドライトのウレタンクリアコーティング【DIY】
17.05.14
AZのお試しチェーンクリーナーとかオイルスプレーの紹介【レビュー】
17.05.06
【ウィッシュ】ブレーキキャリパーのオーバーホール【DIY】
17.04.29
【2st原付】JOG-Zのベアリング交換【駆動系メンテナンス】
17.04.26
【ウィッシュ】ジャッキアップポイントの確認【DIY整備】
17.04.19
【DIY整備】スーパーカブ50のチェーン交換【HONDA】
17.04.09
【タント】L375Sタントドアミラーの修理【ダイハツ】
17.01.12
【ソーラーパネル】マイクログリッドな太陽光発電のきろく【DIY】
16.12.27
【SONY】年末年始にも旅行にもぴったりなデジカメを紹介【RX-100】
16.12.15
【YBB】PCからメールが送信できない【パソコン】