【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】

【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】

【状況】

我が家の掃除機がある日、電源を入れてもウンともスンともプスリとも言わなくなったらしい。ちゃんとコンセントを差しているのにもかかわらず。

こんな時はWEBマスターに緊急連絡が入り往診の要請が入る。
しかし、掃除機を2~3年ほぼ、毎日使っていて突然動かなくなったということは原因はアレだなとすぐに思いつく。

掃除機は、ブラシモーターなのでブラシが入っている。ブラシといっても歯ブラシみたいに毛が生えているわけではないが、いわゆるモーターの整流子の部分である。

今回は、このモーターのブラシを交換する。

【修理開始】

まずは分解。

分解しました(゜Д゜)

では、モーターにとりかかりましょう。

これが掃除機のモーターです。消音スポンジに包まれてたりブラシのカスのカーボンの粉がたっぷり溜まってたりしますが、とっぱらいます。ブラシが見えてきました。

下が取りだしたブラシで上が新品のブラシ。

これはなにかをいじったとかではなくて取りだしたままの状態を新品と比較しています。
中にスプリング入っていてブラシを押しだしていますが、下はすり減って短くなっていますね。

この長さがもう利用できる限界でこれ以上は電気的に回転子に接触がなくなりモーターが回転できなくなります。要交換です。

部品番号は M11 C45 631 三菱電機

はい、新品ブラシを2カ所交換しました。

モーターのファン側にゴムのフタをかぶせて

スポンジを巻いてから樹脂のカバーをはめますけどスポンジが切れたのでスポンジは撮影時は省略。

コネクタは間違って差し込みできないですが強引にはめこんだりしないようにしましょう。

アカとかクロとか基板に印刷されています。

掃除機の基板はこれだけです。差し込み忘れなどをきっちり確認してください。
これは基本なのですが、半差し(差し込みが甘い)や無理矢理、違う場所にはめ込むなどがないように確認してください。

よくありそうなのが、組み立て時にどっかに配線がはさまって無理矢理組みたてて断線するケース。
この辺りは、バイクや自転車のチューブにも共通する事案です。

お腹の部分です。この何もないところにモーターを取り付けます。

掃除機らしくなってきました。モーターの向きはファンが吸い込み側になります。

ホースのスイッチへ繋がる配線の経路を確認してカバーをはめていきます。

コードは、カバーの穴付近の部品がはずれるのでコードを通してから部品を戻します。

ホース側のカバーをはめます。

掃除機の下側中央付近のパネルの内部にネジがあります。

掃除機は、2015年製なのでまだブラシ交換で済ませたいですね(^^

三菱掃除機TC-FXD8P-S

紙パック式です。

ネジを締めていきます。

忘れずに。

ここが表に見えている最初にネジになります。

ホース側は、このハンドルの上カバー(ハメ込み式)をはずすと見えてきます。

パチっと戻せばOKです。

紙パックを戻します。

WEBマスターのお家では、紙パックは純正のみです。

この純正紙パックMP-7を使うと、掃除機の排気臭がほとんどしないんですよ(^^互換品の紙パックだと、臭いはかなりするものが多いんですが、純正品はほんとに臭いがしないです。

コードの巻き戻し機構の確認OK。

車輪の状態OK。

組み立て完了したのでテストした結果は成功!だったのですが、パワーブラシが作動したりしなかったりなので調査。

接点にゴミがいっぱいついていたのでクリーニングしたり

スライド接点に接点復活剤を吹いたりしたのに変わらず。

どうも症状は接触不良なので、順番に端子を確認していくと、、うわ、摩耗してる!(゜Д゜)

電源入れたままはずして短くして掃除したりしますからねー(^^;)マイクロ放電で端子が減ってるんですよ、、

少し、回転させて接触する場所を変えてから接点復活剤で掃除しておきました。
メス側に、接点グリスを塗っておくと良いかもしれません。

昔の機械式接点だったラジコンによくつかってました。砂が入ってジャリジャリになってましたね、、

これにて、すべて完調になりました(^o^)

【修理完了】

掃除機の回転ヘッドの修理

掃除機の回転ヘッド(電動ブラシ)の修理

【状況】

オフクロ殿が掃除機を使用中に、電動回転ブラシの甲高いキュイーンという音がしない事に気がついた。

調べてみると、電動ブラシのスイッチのON/OFFに関わりなく動作しないようだ。

【修理開始】

ひとまず、分解掃除だ。

犬を飼ってるいるので、犬の毛とか綿埃がたくさんつまっている。

モーターや基盤の冷却スリットにもびっしり。

原因はこれか!ポリスイッチ(いわいる自動復帰する温度フューズ)が熱で作動しっぱなしで

電源カットされているのかと思ったが、コールドスタート時から動かないのは変。

さらに、分解。

あふれ出るホコリに悪態を突きながら、ハウスダストを吸い込み、アレルギー性鼻炎のくしゃみが。

ヘッドの上の上のカバーを開けた時である。

原因がわかった。電源ケーブルの断線だった。

見事にスパッと切れてますね。

1年はもったわけで、ウチは毎日掃除しているので、疲労が溜まったのでしょうね(笑

それにしても、ちと軟弱じゃないかな。

これは【修理後の写真】だけど、両方このように配線処理しとくべきだと思う。

特にヘッドの首振りによって多少動きがあるので、配線の付け根には疲労がたまる。

原因がわかればさっさと作業移ります。

半田で金属端子と接合。

こういうコロコロしている部品って固定しないと難しので、プチ万力に、半田作業サポート用ピンセットで

固定してなんとか接着。

ポロっととれそうだけど、意外にしっかりくっつきました。

熱収縮チューブを先に入れておきます。

あとは、チューブを半田ごてであぶればぴたっと縮んでOKです。

あとは、元のように組み立てて修理完了です。

また、軽快な動作で掃除ができるようになりました。

この部分だけでも部品で購入できますが、電動ヘッドで6000円ぐらいするのかな!?

【修理完了!】


TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】
17.10.26
【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】
17.10.24
【溶接】2連はしごの天井収納リフトの制作【DIY】
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】