【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】

【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】

【状況】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】で始動したJOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。の続編です。

坂道を登る時に遅くなってパワーダウンしてしまうWEBマスターのJOG-Z。
前回は、ピストンとピストンリングを交換しましたが、それでもまだしっくりこないので今回はマフラーを交換することにしました。2stエンジンのJOGは、オイル分離給油式なので2stエンジン専用オイルをキャブレターの中でガソリンに混ぜ混ぜしてエンジンに送り出していますが、2stエンジンの特性でそのマフラーは燃えカスのススが溜まり易くなってマフラーの中のパイプを詰まり気味にしたりします。
詰まり気味になってくると、エンジンの吸排気抵抗が増えてパワーダウンや白煙が増えたりという症状がでます。

この車両は、オリジナルマフラーの3WFが付いていますので最初からマフラーはノーメンテということになりますので今回は新品純正同等品に交換することにしました。

【交換開始】

マフラー詰まり解消というと焼きを入れたり薬品を使って洗浄したりしますが、今回は新品マフラーに交換することにしました。WEBマスターのお家の周辺は住宅が等が密集しているので煙がモクモクでるようなマフラー焼き作業ははばかられます。薬品(パイプフィニッシュやパーツクリーナー)は時間がかかる(つけ置き日数等)ので見送りしました。

※ハイパーブラックマフラー MF-3YKを購入。
まだまだ大事に乗る予定なので必要な部品代は惜しまず投入します(^^

↑新品

↓はずした古い3WF

形状的にはもうソックリです。

新品のエンジン側と出口側です。

それでは、作業としてはまず古いマフラーの脱着。

センタースタンドをかけて作業する下にひざをつけるマットやダンボールセットします。
正面にみえてる上下のボルトを緩めます。

エンジン排気ポート側です。真下なのでやりにくいですが、この排気管の付け根の10mmボルトを緩めれば外れます。

ちょっとブレましたがこのように外れます。

排気側を緩めたら、最初に緩めた2本をはずしてマフラー本体を支持しながら排気ポートからはずしてやります。

新しいマフラーです。カバーはブラックに。

ガスケットが1個付属品で付いてきますので新しいのに交換。

ボルトを4カ所締めて交換完了です。

【交換完了】

新しいマフラーはやっぱり抜けが全然違いました。はずした3WFも抜けるには抜けましたが新品マフラーはエンジン音が全然軽い音で静かになりました。
パワーについては復活させるためには、まだまだやる事が実はありましたが。続く。

 

【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】

【2st原付】ピストン&ピストンリングの交換【JOG-Z】

【状況】

2st 50cc 原付スクーターバイク JOG-Z 1992 YAMAHA WEBマスターの足用バイクである。
自分で日々、DIYメンテナンスを行い維持して乗っているが、最近フトね。WEBマスターは気がついてしまったのだよ。

この子、坂道がおっそいの。

普段は坂道を走る事がほとんどなかったので気にしなかったのだけど、坂道に差し掛かると
30km/h以上になると加速率が悪化しキツめの坂だと失速すると言う状態。

また不都合な症状として、最近は始動性の悪化、キックの戻りが悪いなどの症状が出始めたので、
JOG-Z 1992 あのパワーをもう一度!計画。を始動することにしました。
その第一弾として、走行距離もかなりいっているのでピストン&ピストンリングを交換メンテナンスから
やってみましょう。

■交換後から観察したピストン&ピストンリングが摩耗した時の症状

この記事を書いているという事は交換は成功したということです(^^
ので交換し終わってしばらくした後からわかったピストン&ピストンリング交換前の症状です。

などの症状がありましたが、ピストン&ピストンリング交換によって改善しました。

ただし、同時期に、キャブレターのオーバーホールやマフラー交換を行ったのでこれらの作業の影響も
ありますが、始動性については、オートチョークの機能をカットしてますが始動性は良いです。
キャブレターに燃料が入ってくればワンキックでエンジンがかかります。※注夏場※冬までにはオートチョークも復活予定。

ということで、走行距離も伸びて上記の症状が当てはまってきたら、エンジンに悪影響が出る前にピストン&ピストンリング交換を考えた方がよさそうです。

部品購入

ヤマハの純正部品が取れる通販などで購入します。
ウィブバイクやモノタロウなどです。

交換する物は、ピストン、ピストンリング、ガスケット、ピストンピン、ピストンとコンロッドのベアリングですね。

ガスケット以外は、純正品を利用。

作業開始

まず、ピストンにピストンリングを2本セットしておきます。

スクーターの50CCのピストンって小さくてカワイイ。

ピストンを観察すると、上下方向に向きがあるので注意。

ピストンリングいじりに慣れてないWEBマスターがピストンリングをセットするときにやった方法は、
ファイルケースありますね。これをピストン外周に合うように切って巻き付けます。そして、上からピストンリングをかぶせて滑らせて行きます。

それで、トップリングとセカンドリングがありますのでそれぞれの位置に移動させたら、ファイルケースをずらしていけば溝まで簡単にハメることができました。トップリングはフチが白い方でリングの切れ目は、ピストンリングの溝のでっばりがあるのでそこに切り欠きがくるようにセットします。

はい、出来ました。シリンダーに入れるまでは、リングはかなりブカブカしています。ピストンリングは、シリンダーの中で摩耗からピストンを守っている重要な部品になります。

バイクのカウル脱着

次は、エンジンの腰上を開ける必要があるのでカバー類を脱着します。

詳しいカウル類の外し方は割愛して先に進みます。メットイン部も外し終わるとエンジンが見えてきます。

エアークリーナーボックスも外して

ファンカバーも外します。

シリンダーが露出しました。インテークマニホールドにゴミが入らないように養生。

で行きますよ。シリンダーのナットを外してシリンダーヘッドカバー脱着。

シリンダーヘッドカバーの様子。カーボンは少なめ。

キックしてピストンを動かして表面を確認すると、ピストンは真っ黒。

矢印は地面方向になってます。

シリンダーの本体を引き抜いてやるとピストン出ました。それなりに吹き抜けている跡はあります。

リングは固着なしなので走行距離が伸びてリング摩耗と考えて間違いなさそうです。

吹き抜けた分はピストンの移動の抵抗にになると思われるのでパワーダウンになりますし混合気の方に排気がモロに混ざりますので白煙が増える原因にもなりそうです。

ピストンピンを外して

ピストンをコンロッドから外してやります。コンロッドを持ってガタツキを調べたりしますが異常なし。ここの奥が見えている部分は、ウエスなどですぐに塞いでおきましょう。異物やゴミを落とすと取れなくなります。

シリンダーヘッドカバーを真ちゅうブラシなどで磨きます。

オイルストーンでガスケット面を軽く磨きます。

ピストンに2ストオイルを塗って装着します。

コンロッドにベアリングなどをセットしてピストリングを取り付けたら、C型のピストンピンのクリップをはめます。切れ目が切り欠き部分から90°回して切れ目が見えない位置で固定。

それなりにキレイにしたシリンダー本体を装着。

ガスケットを先に入れてシリンダーをかぶせてピストンを入れていきます。ピストンリングを指で縮めて切り欠きからずれないように注意してシリンダーをかぶせます。

シリンダー本体を奥までセットしたらキックを軽く踏んで軽く動くか確認。
すごい滑らかに動きます。

シリンダヘッドカバー用のガスケットを入れて

ナットを仮に固定。ゴミが入らないようにプラグも仮固定。

対角線上のナットをキックを何回か踏みながら、何段階かに分けて締め込んでいきます。締め付けトルクは、約14N・m(1.4kgf・m)にしました。

シリンダーヘッドカバーを取り付け完了しました。プラグを締め付けておきます。

外しておいたオイルタンクやキャブレターを取り付けていきます。

 

キャブレターにホースやアクセルワイヤーをセット

ファンシュラウドを戻します。オイルのホースの取り回しに注意。

ビキニ状態まで戻ってきました。

ここで試運転します。

各部を最終点検しなにか忘れていないか落ち着いて作業を振り返りつつ確認します。

↑この行程大事ですね。

よくありそうなのが負圧ホースが抜けていてキックしまくってもエンジンかからないよー涙
とかあります。

とりあえず、エンジン始動においてはすんなり始動しました。
アイドリングで数分放置して異音やオイル漏れなどないか確認します。

あとは、カウルを戻して完了。

■慣らし運転について

積算で100KMくらいになるまでは、全開走行は禁止でいたわり走行します。
一応、ピストリングリングとピストンはかるーく面取りっぽいことをしておきましたが、念には念を入れて慣らし走行しておきます。

しばらくしたら、キャブレターのオーバーホールとマフラーも交換しようと思います。
まずは、現状で慣らしを行っていきます。

≫鉛MFバッテリートリクル充電器について

鉛MFバッテリートリクル充電器について

 

 

 

数年前から、街乗り(買い物、ちょっとした用事、つまり足)用のJOG-Zに

 

ちょっとした改造をほどこして、車庫に帰還した際には、トリクル充電器に接続して

 

次に乗るまで放置してます。

 

ちょっとした改造とは、バッテリーの近辺に、電源取り出しハーネスを

 

接続してJOG-Zのバッテリーを充電出来るコンセントを取り付けた改造です。

 

 

こんな感じでメットインの中にバッテリーからの電源ケーブルがあります。

 

 

なんでこんな事をしているのか?

 

 

セル付き原付きスクーターを持っている人ならわかりますよね。

 

近場ばっかり乗っていたり、しばらく乗っていない期間があると、

 

バッテリーの充電がされないため、バッテリー残容量が低下し、

 

セルが使えなくなったり、バッテリー寿命を短くしてしまいます。

 

バッテリーの残容量は、バッテリーの電圧からおおよそ判断可能です。

 

満充電完了後は少し放置しても約13V~12.6V程度。

 

残り25~0%で12.0V付近

 

11V台は、過放電気味かバッテリーの寿命です。

 

なお、過放電状態で放置された場合は、極板に不可逆的な化学反応

 

が発生し(サルフェーション)充電しても回復しなくなりなります。

 

 

なので、

 

車庫に戻ったときに、外部からバッテリーにトリクル充電してしまうのが

 

バッテリーとって良いし、長持ちするし、次に乗っても

 

セルで楽々エンジンスタート出来るんです。

 

スクーターのバッテリーは容量が少ないので、

 

充電する効果はばっちりです。

 

 

 

鉛蓄電池パーツキット

 

鉛蓄電池充電器パーツキット

通販コード K-00074
発売日 2002/04/04

超ロングセラーの鉛蓄電池充電器キットです。
■電源制御IC NJM723N使用,定電圧(CV)・定電流(CC)自動制御
■DC2(1セル)~12V(6セル)/1~20Ah程度までの鉛蓄電池を充電可能
■充電終了後は自動的にフローティング充電になります
■専用基板:95x72mm
■電源:
・トランス(またはトランス式ACアダプター)の場合
・6V鉛蓄電池…約AC8~9V  2A程度
・12V鉛蓄電池…約AC15~16V2A程度
・スイッチング電源や安定化電源(またはスイッチングACアダプター)からとる場合
・6V鉛蓄電池…約10~12V 2A程度
・12V鉛蓄電池…約18~20V 2A程度
■充電電流:1A(最大2A)
■技術資料・専用基板一式付属
注意:鉛蓄電池専用です。
ニッカド(NiCd)・ニッケル水素(NiMH)・リチウムイオン(Li-ion)充電池には使用できません。









※充電電圧の調整にテスター(電圧計)が必要です。
※このキットだけでは電池を充電することはできません、基板周辺のパーツ(電源トランス、ケース、端子、スイッチ、ネジなど)を必要に応じてご用意ください。
※トランスは取り扱っておりません。
※電源の電圧によっては

 

※説明書

今回は、秋月電子で売っている鉛蓄電池充電器パーツキットを使って

 

トリクル充電器を作って使っています。

 

ネット上で、鉛バッテリーの充電方法について誤解や

 

間違った記述を残念ながらよく目にしますが、

 

サイクル充電とは、バッテリーの充電が完了したら、

 

取り外し、放電終止電圧まで使用してまた充電する。

 

このような充電方法をサイクル充電といいます。

 

ですから、最低、何Cで何時間充電とか規格で

 

決まってるわけではないんですね。

 

ですから、鉛バッテリーの初期充電時は、何C流せるのに

 

この充電器はサイクル充電規格を満たしていないとかは変な理解です。

 

 

 

 

トリクル充電器って何?

 


 

簡単です。バッテリーは、放置しておくだけで、自然に放電してしまうん

 

ですけど、その減った分を常に補う充電をする充電方法です。

 


 

鉛バッテリーは、満充電状態で保存するのがベストで長持ちするんです。

 

バッテリーにはいろいろ種類がありますが、

 

今回は鉛バッテリーの話しです。

 

そして、MFバッテリー(メンテナンスフリー)でも、

 

トリクル充電は、出来ます。

 

過充電状態になると、水素ガスが発生して、中のゼリー状の水分が減るんでは?

 

という意見見たことがありますが、トリクル充電は、過充電になるほど充電しません。

 

秋月電子さんの上記のキットの説明書をよ~く読むとわかりますが、

 

このキットの充電回路は優秀で、満充電電圧になると、電流がほとんど流れなくなり

 

トリクル充電状態になるわけですが、

 

この状態では、満充電状態を維持する分だけの微少電流しか流れなくなります。

 

この状態では、バッテリー内の水分も失われる事もなく

 

バッテリーが長持ちします。

 

現に、現在のJOG-Zは、トリクル充電を始めてから3年目でバッテリーは5年目に

 

なりますが、バッテリー電圧が、13.3V程あり、バッテリー性能が衰えていません。

 

ちなみに、トリクル充電とフローティング充電は同じ意味です。

 

 

■鉛蓄電池充電回路キット制作の大まかなポイント!

 

 


 

 

このキットには、トランスつまり電源部の回路が別になっているので、

 

整流電源回路を別途自分で用意する必要があります。

 

WEBマスターは、アマチュア無線機の定電圧電源を流用しました。

 

これは、13.8Vの電圧をACから作るんですけど、このままでは

 

充電回路用の電圧としては、ぎりぎりなので整流直後の部分から

 

回路の電源を取りました。

 

 

電源の内部ですが、左下の電源の回路基板から電源をもらってます。

 

 

充電器の電源を切っているときに、バッテリーに接続しても

 

電流が流れ込まないように、ダイオードを充電ケーブルに接続しておきます。

 

これで、0.6V電圧降下が起きるので充電電圧設定の際には

 

計算に入れます。

 

 

パワートランジスタは、電源の筐体に直付けして

 

筐体をヒートシンク代わりにします。

 

 

ホットボンドで基盤の絶縁や固定をしっかりして、

 

筐体に収まるようにレイアウトしました。

 

妙にぴったり入って満足。

 

 

ALINCOの秋葉原で昔買ったものです。

 

トランスの再利用にはちょうどよかったです。

 

電源スイッチはちゃんと連動して使えます。

 

 

 

【バイクに充電ケーブルを取り付ける改造】

 

エーモンの電源取り出しコネクターを使用

 

先端がワニ口タイプのケーブルも作っておけば、

一番上の写真のように、外部バッテリーも充電できます。

 


 

 

このコネクターと、電源ケーブルにソケットとギボシを付けて

 

写真のようなケーブルを作ります。

 

電源取り出しコネクターをバッテリーの近くに填めて

 

バッテリーへの充電口を作ってやります。

 

 

こんな感じで電源取り出しコネクターで配線をぱちっと挟むだけで

 

回路がつながります。

 

電線を切った張ったしなくていいので、超便利。

 

 

そして、ケーブル接続。

 

電源ケーブルは、太めなのを利用してます。

 

バッテリーまでにこれでも、0.6V程度配線で、電圧降下してますので

 

充電電圧にプラスしてます。

 

 

メットインのシートとの蝶番部分から引き出して

 

完成。

 

充電器との接続は、ソケットコネクタです。

 

ポイントは、電源取り出しコネクターの部分での充電回路電圧を

 

デジタルテスターで計って、説明書通りの充電電圧に設定出来ているか

 

確認しましょう。

 

13.6V程度、端子の末端で出てればOKなはずです。

 

 

あとは、車庫に置いある間は、充電回路に接続しなっぱなしにします。

 

その日に使った電力を充電完了した後は、トリクル充電(フローティング)充電になり

 

バッテリーを、次に乗るまでに常に満充電状態を維持できます。

 

 

まとめの感想

 

 

毎日乗る人なら不要だと思いますが

 

週に、1,2回未満しか乗らない人には効果絶大だと思います。

 

また、原付きスクーターに限らず、

 

大きいバイクにも役立つ改造だと思いますので

 

お役に立てばと思います。

 

 

参考

 

費用は?

 

秋月電子 鉛蓄電池充電パーツキット 1000円

 

上記に送料 約1000円

 

カプラーと配線など 1500円

 

電源は、手持ちを流用

 

合計:約3500円

 

でトリクル充電器を制作しました。

 

市販の物は、本体だけでも1万円前後するみたいです。

 

●オートクラフト ProTec P1208TR 製品概要

バッテリー容量9Ahまでの全タイプ(液式、MF、シールタイプ)のバッテリーに対応したトリクル充電器です。

排気量50cc~125ccまでの小型バイク、スクーターに最適です。

 


次のページ »

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
19.09.07
【HDD】WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日【故障】
19.09.01
【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】
19.08.24
【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】
19.08.17
【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】
19.07.11
【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】
19.06.24
【2st原付】シートのレストア【JOG-Z】
19.05.19
【ウィッシュ】ラジエーター周りのメンテナンス【ZNE10G】
19.05.16
【ウイッシュ】タイロットエンドブーツの交換【ZNE10G】
19.03.23
【PC】USB接続の学習型赤外線リモコンの制作【エアコン遠隔操作】
19.03.10
【DIY】換気扇用温度センサー連動コンセントの制作【トライアック】
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】