【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】

【パッチとゴム糊】ママチャリパンク修理【オススメは?】

【状況】

今回は、ママチャリのパンク修理とオススメのパッチとゴムのりを紹介したいと思います。

【修理開始】

こんな裂けちゃった風なチューブがあります。
これをパンク修理していきたいと思います。

パンク修理その1

紙ヤスリでパンクの穴の周囲をザラザラにする。これは、新しく上から張るパッチとゴム糊の食い付きをよくすためです。

パンク修理 その2

オススメのゴム糊は、ECOーCEMENT

エコセメントを薄く指でのばして乾かします。

パンク修理 その3

オススメのパッチ HIーPATCH

明らかに上質なしっかりチューブになじむパッチです。

パンク修理 その4

ゴムハンマーでパッチを叩いて密着させる。コンコンと軽く叩いていく感じです。

パンク修理 その5

ゴムハンマーで軽く叩いてチューブに密着させたら、薄いフィルムを剥がします。
こんな感じでキレイにはがれれば成功です。

パンク修理 完了

成功すればもうこのようにチューブとほぼ一体化してるといっても過言ではない状態になります。

このエコセメントとHI-PATCHの組み合わせは、かなりオススメできます。
少しウンチク的な事を説明すると、

【マルニ】N109 エコセメント 100cc

エコ・セメント | 修理材 | マルニ工業株式会社 

加硫反応を促進する加硫接着剤です。

修理後に走行熱が加わる事で加硫反応が起こり、パッチがチューブやタイヤと一体化し、強力に接着します。走行時にタイヤ温度の上がりやすい、電動アシスト車やスポーツサイクルの修理に最適です。

この接着剤は、普通のゴムのりとは、ちょっと違って車のパンク修理キットのように加硫されているわけです。つまり、ゴムがよくくっつくように硫黄の成分が入っているわけです。これにより、走行熱で温度が上がってくると、化学反応でパッチとチューブが一体化するわけです。

100均のキットなど安い修理剤を使ってるとアレうまくいかないなって言うことがある(WEBマスターは経験済み)んですが、このエコセメントとHI-PATCHを使うとホントに修理後の安定感が違います。

カブのチューブにも

カブのパンク修理にも使っていますよ。

エコセメントを塗って

ハイパッチ(^o^)

ちなみに、ゴムハンマーは300円くらいで売ってます。

ヤスリは、

粗めな感じでOKです。

 

 

【DIY整備】スーパーカブ50のチェーン交換【HONDA】

【DIY整備】スーパーカブ50のチェーン交換【HONDA】

こんなにのびちゃってるスーパーカブチェーンの写真。左:新品 右:数年経過

【状況】

今回は、スーパーカブ50のチェーン交換でお送りします。

新古車で購入してきて早いもので5,6年は経過したでしょうか。
年2回のオイル交換の際に、定期的にチェーンの注油とチェーンのたるみ調整をしてきましたがついに、後輪を後ろにずらしていく調整作業もゲージの目盛りがなくなり調整限界点になりました。

もはやここまで。

スーパーカブ50のチェーンを交換することにしました。
同時に、前後のスプロケット大小と後輪タイヤの交換もしました。

【修理開始】

今回はスプロケットも交換するので、まずは、チェーン廻りのカバーをすべて取り外します。


スプロケットのカバーをラチェットではずします。
この辺りは100均工具でも余裕です。

1番下のボルトが油まみれになっています。これはチェーンから垂れた油っぽいです。

はい、はずれました。
どうもチェーンから飛んできたサビのカスが付着しているようです。
チェーンは油差してたのにな。。

チェーンカバーも外してみると、すでにチェーンがたるんでいましたのでチェーンの交換時期でしたね。

そして、気になるチェーンの状態は

サビサビですやーん!(゜Д゜)
年2回は、注油していたハズなのに!

チェーンのコマをはずして軸を確認しても油が切れていてサビサビ(゜Д゜)
どうも適当にチェーングリスを差して油をくれているつもりになっていただけで内部にまで浸透していなかったようです。チェーンクリーニングは一度もしたことがなかったので気づかなかったようでかなりチェーンの状態は悪かったようですね。これは、反省です。

スプロケットもはずしました。山の頂上の部分がすり減って低くなってきています。

今回は、タイヤ交換もするのでタイヤをはずします。

ボルトを緩めます。

外側のナットをはずすとボルトがはずれます。

タイヤを軽く持ち上げてやれば引っこ抜けます。固い場合はさらにプラハンがゴムハンで
軽くゴンゴン叩けば抜けてきます。

今回は、内側のボルトもはずしてスプロケットもはずしてチェーンも外します。

タイヤがはずれました。

ダンパーゴムも交換しておきます。

これは簡単に外れて簡単にハメて交換できます。

タイヤ交換をします。

虫を外して空気を抜きます。

タイヤレバーでタイヤのフチを引き出します。

全周はずして、チューブを引っぱりだします。

新しいタイヤはちょっと太めのD107の2.50-17。

中に入ってたチューブは、2.25-17専用のタフアップチューブ。

うん、チューブも交換しないとダメですね。

ガソゴソすると、買い置きのチューブがありました。
タフアップチューブは、生産中止になったみたいで入手ができなくなるみたいです。

今回は、通常の2.25-50チューブを使います。

タイヤ交換の際の注意点をいくつか書きます。

注意点 その1

タイヤには、軽点があって印があります。
要は、タイヤの丸印と空気の穴の位置を合わせます。

注意点 その2

チューブにはナットが2個はまっていますが1個は残します。

少し緩めてありますが、これはチューブに残してそのままホイールに組みます。

注意点 その3

リムバンドは、必ず必要です。これを省略するとすぐにパンクします。

注意点 その4

タイヤ交換で難所は、新しいチューブを入れてから、タイヤを組み込むその瞬間です。
この写真のように、タイヤレバーでチューブをはさんだままタイヤを入れると絶対にパンクします。

上記の注意点はママチャリのタイヤでもほぼ共通なので、自転車のタイヤ交換を自分でやってきた人なら、経験上わかっていると思います。
交換したばっかりのチューブを組み込んで、空気を入れると、、、シューーー漏れてる!!
なんでだ!!

と言った痛い経験は、タイヤ交換初心者なら一度は通る道かなとは思います。

タイヤをはめていくときは、チューブが噛んでいないか何度も確認したり慎重にやりましょう。

この辺りが特に危険です。
指を入れて確認する慎重さが求められます。

タイヤをはめたら最後に、ナットを1番上まで緩めて空気バルブをプシプシ押します。
この周囲はとくにチューブに噛みやすいのでちゃんとタイヤ内に収まっているか確認します。
ちゃんと奥まで抵抗感なく入ればOKです。チューブがタイヤとホイールの間に挟まっていると抵抗感があります。

確認できたら、ナットを締めて固定します。

虫を入れてエアーを入れればタイヤ交換完了。

後輪のスプロケット交換

ちょっと前後しますがスプロケットを交換します。

 

ちょっと固めのボルトを気合いではずします。

固い。。

気合いではずしました。

交換品と比較。山がすり減っています。

交換したら、次は、車体に戻し新品チェーンを先に取り付けます。

新品チェーンです。
DID420

古いチェーンと延び具合を比較してみます。

はい、ここが始点。両方100コマです。

終点。
こんなに延びています。

前側スプロケットも交換しました。

これは簡単に交換できます。

チェーンをコマとピンスナップで結合します。

回転方向に注意します。

新品チェーンのなめらかさには感動しますね(^o^)

後輪を取り付けていきます。

カブってスプロケットを車体に残したまま車輪だけはずせるんですよね(^o^)

ブレーキドラムの洗浄と脱脂。

ブレーキシューの脱脂

仮にはめ込んでおきます。このシューはまだ使えそうです。

シャフトになるボルトを差し込んで後輪を固定します。

反対側のナットをある程度締め込んだらチェーンの張り調整を行います。

ゲージが手前側にだいぶ戻りましたね。

チェーンの弛みを規定の1~2CM以内の位置で左右の目盛り位置を合わせたら、ナットを締め込んで完了です。

後輪ブレーキの調整を行います。ナットを締めたら割ピンを差し込んで固定します。

チェーンカバーを戻す前に、チェーンオイルを盛り盛りにしておきます。

新品タイヤになりました。

道路に出る前に、駐車場辺りでブレーキのテストをしながら軽く試乗します。
問題がなければ近所をぐるっと回ってきて最終テストして完了です。

新品チェーンは、スムーズに回るし、変速ショックを和らげるゴムも新品なのでとてもスムーズなバイクに仕上がりました。

修理完了!

 


TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
19.09.07
【HDD】WDの2TB-HDDがエラー吐いた静かな夏の日【故障】
19.09.01
【2st原付】トルクカム(クラッチ)のメンテナンス【JOG-Z】
19.08.24
【2st原付】マフラーの交換【JOG-Z】
19.08.17
【2st原付】ピストン&ピストンリング交換【JOG-Z】
19.07.11
【電気代高い】令和時代を生き残る電気代節約術とは【手続き簡単】
19.06.24
【2st原付】シートのレストア【JOG-Z】
19.05.19
【ウィッシュ】ラジエーター周りのメンテナンス【ZNE10G】
19.05.16
【ウイッシュ】タイロットエンドブーツの交換【ZNE10G】
19.03.23
【PC】USB接続の学習型赤外線リモコンの制作【エアコン遠隔操作】
19.03.10
【DIY】換気扇用温度センサー連動コンセントの制作【トライアック】
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】