【ウィッシュ】車検前のエンジンルームメンテナンス【DIY】

【ウィッシュ】車検前のエンジンルームメンテナンス【DIY】

【状況】

前回のユーザー車検よりまた2年が過ぎて2021年5月の車検の時期となったWEBマスターの愛車のTOYOTAのZNE10GことWISH XSである。2021年現在、WEBマスターも乗ってて感じるところであるが、まだまだ仲間(WISH乗り)が多いんではないかと思う。国道1号バイパスの2車線区間を走っていてWEBマスターとどなたかのWISHで並んで走ったばかりでもある。こんな13年超の車種が併走しちゃうって他の車種じゃあまり見たことないですね。それだけ便利な実用車なのでしょう。

この程度の使用感が出てくると、新車の頃は、木のカスが付くだけでもいやなもんですが、荷台にDIY用のコンパネ1枚丸ごと詰んだりしても心が痛みませんね。でも、ちゃんと1ヶ月1回は内装も掃除機をかけてホコリぽくないようにしてますし、古い車だからこそ、固形ワックスも切らさず綺麗には乗っているつもりです。

さて、今回も車検の時期となりましたので、車検前の点検と整備をしていきます。随時、消耗品は交換していますが、今回はプラグチェックとオイル交換とクーラント強化液(サビ止め補充)とラジエーターキャップとエンジンルームクリーニングを行いました。ファンベルトは2年前に交換済みで前回より5000km程度なのでそ他は点検のみでいけそうです。

【作業開始】

今回の交換するWISH用のラジエターキャップとKUREのフォーミングエンジンクリーナーとスーパーLLC再生強化液(サビ止め補充)です。

ラジエターキャップは、日本特殊陶業NTK(NGK)のP559A。

主要構成部品にステンレスを使用し、錆に強く安定した特性を持続させます。
個々の部品は強度・耐久性に優れた最適設計がされています。
スプリングを採用した負圧バルブの安定した作動がリザーブタンクからの冷却液の戻りを確実にコントロールします。
シール用ゴム材にEPDM(エチレン・プロピレン・ジエン・ゴム)を使用したことで、より耐熱性・耐LLC性が向上し、ゴムの劣化が少ないため確実なシールが持続できます。
P559とP561は、負圧弁が他社のものと形状が異なっています。
形状は、設計的な構造の違いであり、安心してご使用頂けます。
また、ステンレス材を採用しており、サビ・耐久性に優れています。

キャップは、スプリングとゴムがへたるとオーバーヒートの原因になりますので2年に1回程度は交換。メーカーサイトを見ると1年に1回推奨になってますね。

ラジエターキャップは、開弁圧力88kPa この時の沸点がおよそ120℃になります。あまり走行風が当たらない急な山道などでは仮に水温110℃でもまだ沸騰しないで冷却水が循環してるってことです。これは、冷却効率が大幅にあがるということを意味します。気温が30℃としてもその差を80℃も取ることができるので、気温との水温の差があればあるほど放熱には有利になりますがその限界もありおよそ、120℃ってことです。なお、水は温度が上がると膨張するので、エンジン稼働中には冷却水には圧力がかかっていると考えてください。なので、エンジンが熱いときにフタを開けると冷却水が噴き出してきてヤケドの危険があるので、触るときは冷えていることを確認してからフタをはずします。アッパーホースを触ってみて熱かったらまず、危険ですので冷ましましょう。

KUREのフォーミングエンジンクリーナーとFALCONのスーパーLLC再生強化液P-710

●泡状の洗浄剤が、汚れを浮き上がらせ、簡単に水で洗い流すことができます。
●手の入りにくい部分の頑固な油汚れやグリース、ホコリなどを簡単に洗浄します。
●電気・電子パーツにカバーをするだけで簡単に作業ができます。

●成分:界面活性剤、脂肪族炭化水素
●内容量:420ml
●製品サイズ:200×Φ66(mm)
●製品重量:500g

クーラント強化剤
純正のスーパーLLCに使用されている有機酸系防錆剤を主成分としていますので、消耗した防錆剤の機能を回復させ劣化したLLCを強化します。
スーパーLLCは勿論、従来のLLCにも使用できます。
消泡剤をバランスよく配合していますので、劣化したLLCの気泡発生を防止し、オーバーヒートを予防します。

まずは、エンジンルームのクリーニングからやってきましょう。

KUREのサイトでフォームクリーナーのページをみて手順を確認したので、バッテリーとオルタネーターにビニールシートをかぶせます。イグニッションコイルはカバーの中なのでカバーはそのままで。

ウィッシュのオルタネーター(発電機)です。13年故障なしです。

バッテリーCAOS これは何度も交換しています。

エアクリーナーボックスとエアフロセンサーの辺りの様子。

ホコリぽいですね。

■プラグの点検

エンジンカバーとマニホールド付近。

こちらもホコリっぽい感じです。見えてるワイヤーはアクセルワイヤーです。

ラジエターリザーバータンク。冷却水の温度が上がって膨張した部分はここに吐き出されます。冷えるとエンジンに戻ります。熱い冷却水が吐き出るとキャップ部分から吹くので付着します。

洗う前に、プラグの点検。

イグニッションコイル(プラグの電気火花用の高電圧を作る装置)を外します。

樹脂パーツがあるので割らないように気をつけます。横型で4発ですし上面だから楽ですね。

外して外観異常がないか点検。クラックとかオイル染みとかです。

ここにプラグの頭が刺さってます。

これが不調になると1気筒点火不調になりますのでエンジンのアイドリング不調、パワー不足、など割と目立つ症状が出て来ます。点火性の良いプラグで負担を減らして運用しています。

外した焼けたプラグ。うわー、完調ですね(^^ GOOD。この辺は、バイクもいじってるとよくわかります。4本分写真もありますが、ほぼ同じ状態なので割愛。プラグ周りは走行距離もまだ交換時期前だし掃除して戻しました。トルク管理はしっかりね。きつすぎてもダメ。緩むと不調の原因になります。

■スーパーLLC再生強化液補充

次は、クーラントにサビ止め剤を補充。劣化していきますので新鮮なサビ止め剤を補充してやります。これで、ウォーターポンプやらの寿命が延びます。

ここに、1,2本入れてやればOK。毎年入れる場合は1本で2年置きなら2本など。吹いた後のクーラントはあとでエンジンクリーナーで洗います。

■ラジエターキャップの交換

プラグキャップ交換ヨシ!

液面ヨシ!

■エンジンルームのクリーニング

KUREのエンジンクリーナー缶にやり方が書いてあるのでその通りにやっていきましょう。

バッテリーや発電機の養生はOKなので、まずは、スプレー。

 

汚れているところを集中的にプシューっと満遍なくスプレーします。

缶の裏側。電装品は養生しろとかエンジンが醒めてからやれとかスプレー後は、乾く前に洗い流せとか書いてあります。

5分ぐらいしたので、通常圧の水をかけて洗い流します。

リザーバータンク周り

マニホールド付近

バッテリーとエアクリボックス周辺

養生のビニールを外します。

オルタネーターは、ビニールをかぶせたので濡れてませんね。

雨天の走行中のエンジン内は走行風を取り入れてるので雨水も入りますが、電装品は一応、防水仕様なのですがあえてぬらす必要性もありません。

エンジンカバー

エンジンをかけて振動で水分を落としたり、近所を少し走行してやればすぐに乾くでしょう。

リザーバータンク周辺も綺麗になりました。

今回は、2021年5月の車検前のエンジンルームの前点検になります。

エンジンルームのフォームクリーニング完了

【ウィッシュ】座席シートを再組み立てする【DIY】

【ウィッシュ】座席シートを再組み立てする【DIY】

【状況】

今回は、WEBマスターの愛車のトヨタ ウィッシュのシートにカフェオレがこぼされるという事態が発生。その後、シートの皮をはずして洗浄して再装着して車に再度戻しました。

【修理開始】

シートの位置は、後部座席前の左です。シートはすでに中性洗剤で洗って汚れを落として乾燥しました。いつもは外すところから始めますが、写真がないので今回は、組み立てるところから始めますので外し方は逆に見てください。

シートの皮と芯のスポンジは、スポンジに埋め込まれているワイヤーにホグリングという金属リングを使って固定されています。

ホグリングというのはコレです。

ホグリングプライヤーとホグリングです。

リングは、プライヤーで握ると輪になるのでこれでシートの皮側についているワイヤーとスポンジのワイヤーを固定します。

こんな感じに固定します。はずすときは、ニッパか固ければワイヤーカッターで切断します。

さて、シートの皮をスポンジにセットしていきましょう。

針金2本をリングでかしめて固定します。

こんな感じになります。これを十数カ所止めます。

針金同士をリングで固定したらフチをハメ込んでいきます。

逆さにして、シートの金具を載せます。

フチをハメ込んでいきます。

コの字型の樹脂部品がついていますのでフチに入れていく感じの作業です。

すっぽり入るとピシッとします。

見えているヒモは、シートをたたむときにロックが解除される機構に繋がっている引きヒモです。
ウィッシュは、シートを格納してフルフラットに出来ますのでこのヒモを引くと座面を収納できます。

シートの皮をはずすときにも使ったヘラでカバーを綺麗に押し込みます。

裏側のカバーをセット完了です。

シートの皮の再装着完了です。

次は、車にシートを戻します。

シートをはずした座面部です。ここに洗った座面を戻していきます。

シートを合わせます。

ネジロック材を塗ります。
はずす時もネジロック材が塗ってありますのでネジを緩めるのは固くて大変です。

コツは、ネジをヒートガン熱々に暖めると緩みます。

ネジは、プラスネジ+3です。

ネジを締めます。

2カ所を2本ですね。

シートを再装着しました。

汚れも落ちて綺麗になりました。

メッシュなので蒸れにくいシートでチープ感はありますが実用性が高いシートですね。

【修理完了】

【TOYO】ウィッシュのタイヤ交換【SD-7】

【TOYO】ウィッシュのタイヤ交換【SD-7】

【状況】

TOYOTA ウィッシュ ZNE10G Sパッケージ

2020年秋にWEBマスターのウィッシュのタイヤ交換をしました。
今回でウィッシュの4セット目のタイヤ交換になります。

交換前は、TOYO TeoPlus 195 65R15 を履いていましたが、一部サイドウォールに近い部分がパンクしていた事と約5年近く使った事とTeoPlusの後継タイヤSD-7が出ましたので交換することにしました。

交換前のTeoPlusの性能は、

転がり抵抗性能C
ウェット性能d

乗り心地自体は、やわらかめで悪くはないタイヤでしたがあまり性能は良いとは言えないスタンダードタイヤでした。

SD-7は、TeoPlusの後継タイヤですが、

性能ランクが、

転がり抵抗性能 A
ウェット性能 C

転がり抵抗については、2段階特進、ウェット性能も1段階上がりました。

しかも、お値段も

1本5300円送料無料でございます。

 

WEBマスターが購入した同じお店です。

【交換について】

車のタイヤの組み替えは、業者にお任せします。

タイヤは自宅に送ってもらって都合を見て持ち込み交換依頼することにしました。

入庫先は、光輪タイヤさんです。

さっさと、入庫。

組み替えをしてもらって前輪右OK。

後輪、右OK。

今回は、スマホカメラで撮影しています。

平日の午前中でしたが、気持ち良く対応していただきましてスムーズに作業して頂きました。

左、前輪、後輪、交換完了。

下回りで何か気になることがあったらいつでも来てねーと親切なお言葉まで貰いまして
ありがとうございます。

市内の業者さんで対応(態度が悪い)が悪いお店も知っていますが、光輪タイヤさんは
そのような心配はまったくありませんので気持ちよくリピートできました。

WEBマスターオススメのタイヤ交換ショップですので、静岡県東部近郊の読者の皆さんは安心して使いましょう。

【光輪タイヤ】https://callingtire.com/

ちなみに、光輪タイヤさんのWEBサイトにもWEBマスターのウィッシュの入庫状況がUPされました→光輪タイヤさんのサイト

気になる交換工賃は、4本組み替え、交換、バルブ交換、タイヤ廃棄込みで1万ちょっと円でした。

大体どこのお店でもこの辺りが相場なのでここから安くなっても数百円程度です。
あとは、数年に1回程度の利用ですから、親切かつ作業が確実かつ丁寧なお店に依頼したいですね。

【新品タイヤの感想】

さて、交換後のSD-7の感想ですが、TEO Plusよりは格段に良いです。さすが、新品タイヤですから、サスがやや固めな現状のWEBマスターのウィッシュでも変なゴツゴツ感がなくなりました。静粛性についてはTEO Plusから変わっても五月蠅さを感じる事はないので良くはなっているでしょう。意外と良くなったのと実感したのが、ウェット性能でかなり急ブレーキぎみな場面が早速ありましたが、タイヤ交換前より鋭く止まることができたのでウェット性能は確実に性能UPですね。ウィッシュはミニバンの一角ではありますが、ハイトワゴンではないので、このSD-7でも十分でしょう。摩耗性能は、WEBマスターの場合は走行距離により摩耗よりゴムの硬化から実感すすることが多いのですが、ウィッシュくんに次のタイヤ交換があるのかどうかになります。

【タイヤ交換記録完了】

次のページ »

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
人気記事
メニュー
ご案内
What's New
21.07.25
【DIY】自作PCラックの設計製作~その2【ビスケット接合】
21.07.15
【ウィッシュ】令和3年の車検前の整備【DIY】
21.07.02
【ウィッシュ】車検前のエンジンルームメンテナンス【DIY】
21.05.31
【ウィッシュ】座席シートを再組み立てする【DIY】
21.05.23
【中華式】電撃殺虫器の修理【DIY】
21.04.17
【2st原付メンテ】加速しない、後輪引きずりの修理【JOG-Z】
21.01.25
【TOYO】ウィッシュのタイヤ交換【SD-7】
21.01.16
【エアコン修理】寒波襲来!室内機のファンの異音及び異常を治す【霧ヶ峰】
20.12.01
【DIY】太陽光発電用リチウムイオン電池を作る【組電池】
20.10.30
【DIY】電池タブ用のスポット溶接機の制作【組電池】
20.09.14
【2st原付】JOG-Zにドラレコを付けよう【煽り運転厳罰化】
20.09.14
【CORONA】除湿機の構造と異音修理とメンテ【DIY】
20.09.12
【DIY】オートディスペンサーの修理【モノタロウ】
20.09.10
【ウィッシュ】フリップダウンモニターの取り付け【DIY】
20.09.01
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ その2 自動散水制御装置紹介編【DIY】
20.07.06
【HONDA】スーパーカブのキャブレターオーバーホール【DIY】
20.06.07
【2st原付】JOG-Zと撮る初夏の夜景【RX100】
20.02.21
【自宅サーバー】HDDは逝くよ、ワトソン君【Gmirror】
20.01.29
【自作PC組立記】RAID de RYZEN5-3600 その1【win10】
19.12.04
【DIY】CADにチャレンジ!自作PCラックの設計製作【3D-CAD】