灯油ランタン

【ケロシンランタン】リフレクターの塗装【DIY】

【ケロシンランタン】リフレクターの塗装【DIY】

IMG_0232

【状況】

WEBマスターのケロシンランタンのベンチレーターリフレクターは、

水色でなんだかぼやけた色をしていたのでイマイチそのあれだパッとしなかった。

P_20150708_022853_HDR

 

そこで今回は思い切って塗装してみようと思いたった。

【作業開始】

まずは、油や油脂は落とさないと塗装が乗らないので脱脂する。

IMG_0194

ホルツのシリコンリムーバーでキレイに脱脂する。

このリムーバーなんとも灯油臭い。

そうこのランタンの燃料は灯油である。

次は、このホーロー塗装の上からさらに塗装するわけなので

密着性を高めるために、ミッチャクロンマルチを使う。

IMG_0195

 

夏なので薄く塗布してすぐに乾燥した。

けど耐熱性においてちょっと疑問があったが、直接火炎に晒される

わけではないので使うことにしたのである。

IMG_0225

次は、この2本。

ホルツのブルーの600℃耐熱塗料とLAVENの耐熱クリヤー200℃である。

耐えられる温度の上限が違うのは気にしないでおこう。

これを各種、薄塗りを3回繰り返した。

IMG_0227

そして、耐熱塗料はある程度乾燥したら150℃程度で焼かないと定着しないので

バーナーで軽くあぶる。

もちろんこの写真は撮影用なので、本番は下がコンクリの場所であぶった。

仕上げのあぶりはランタンを着火したときにじっくり一晩かけて行うとしてべたつかない程度まで炙ってある。

完成

なかなかしっとりとした光沢がでて良い感じになった。

あとは本番で一晩中、燃焼の熱に耐えられるかフィールドテストが必要である。

IMG_0230IMG_0231

 

シリコンリムーバーの紹介

SOFT99の方が同じ容量で少し安いかもしれません。

耐熱塗料(ブルー)の紹介

きれいなブルーが出る耐熱塗料です。

耐熱塗料クリアーの紹介

塗装が若干、ベタ付き残りますのでバーナーで炙ってやると

落ち着きます。


【ケロシンランタン】リフレクター(反射板)の自作【DIY】

【ケロシンランタン】リフレクター(反射板)の自作【自作】

IMG_0054

【状況】

今回は、かなりDIYや修理よりかなり趣味よりの記事であるが、基本的に何かを自分で作ったり自分でするといったことの経験は他の状況でも役立つのである。

キャンプに行ったときにこのランタンを使って思っていたのだがやはり、サイト同士(※キャンプ場から借りた自分のエリア)が近いキャンプ場だと明るすぎて確実に迷惑になる。特に静寂タイムに近い時間など。

要は自分たちの方向だけ照らすようにする工夫が必要なのである。これによって照らす方向は明るさも増すし他人にも迷惑もかからないのでいつか作ろうと思っていた。

【制作開始】

P_20150708_015429_HDR

材料は、アルミ板0.5ミリ厚。ホームセンターで500円ぐらい。

これをランタンの傘リフレクターにくっつける構造にしようと思う。

P_20150707_014335_HDR

傘は、スチールの琺瑯(ホーロー)塗りなのでマグネットでくっつけて脱着を簡単にしようと

ダイソーで超強力マグネットを購入。

P_20150707_014327_HDR

でこうしてアルミの切れ端で挟み込み部品を作る。

P_20150707_014642_HDR

でこんな形にして磁石を圧着すると、、カッチンと音と共に張り付いた。かなり強力。

P_20150708_021800_HDR

でこれをブラインドリベットで3カ所分接合。

P_20150708_021810_HDR

いい感じですね。

P_20150708_023157_HDR

下部は、タンクに磁石で固定します。

P_20150708_023203_HDR

こんな形に曲げて作成。

P_20150708_022406_HDR

はずすとこんな形です。

P_20150708_022853_HDR

装着して位置を確認。角を丸めて周りをダイヤモンドやすりで磨いてバリを取れば完成です。

脱着式なので好きな角度に簡単に変えられます。突然の強風が吹いてもランタンごともってかれる前にふっとんで行くと思います(^^;)かなり強く磁石でくっついていますけどね。

IMG_0050IMG_0043IMG_0047IMG_0056

 

完成!

 

EX-777EPとケロシンランタン(反射板有り)の比較写真

IMG_0059

 

ジェントスくんの4倍ぐらいの面積から同じ明るさが放射されているイメージですね。

ケロシンランタンの方は地面への照射もかなり強いですのでサイト全体を照らす照明として活躍してくれるでしょう。

アルミ板の紹介

光 アルミ0.5×200×300mm  とハーフサイズを利用。

同じものがありました。

超強力磁石の紹介

ネオジム磁石です。0.5mm程度のアルミ板なら磁力が貫通してスチールに張り付きます。

ブラインドリベット作業工具の紹介

金属板を接合するときに大活躍するハンドリベッターです。

使い方は簡単です。

ドリルでリベットが通る穴を開けてリベットを差し込みハンドリベッターでガシャガシャっとやるだけで完了です。


【キャンプ】自作のランタンケースの制作【シーアンカーランタン】

【キャンプ】自作のランタンケースの制作【シーアンカーランタン】

rantan1

※このランタンは、シーアンカーランタンですが、バタフライランタンやペドロマックスランタンと構造が共通です。

※ロケ地 道志の森キャンプ場 2014年7月

やっぱり、ランタンにはケースがないと!と思い自作ランタンケースを作りました。

ケースに入れててもインテリアとして楽しめるように、ラティスで透け透けに。

ランタンケースの作成

 

今回は、セリア(100均ショップ)のミニラティスとその隣で売っていたすのこ板

を使ってランタンケースを作りました。

見た目はカントリー風なケースになりました。

では、制作を過程を見て見ましょう。

IMG_3687

 

セリアのミニラティス4枚

IMG_3688

 

足をすぱっとカットします。

IMG_3692

 

同じくセリアのアレンジインテリアシリーズのミニステーで内側からコーナービス止めします。

木工用ボンドも塗りました。

IMG_3696

 

3面をまず作り、扉部分の蝶番をネジ止めました。

同じく蝶番もセリアで購入。

IMG_3693

 

寸法は、全部現場合わせというかランタンに合わせてます。

土台のオシャレすのこに固定します。

IMG_3695

 

とりあえず、ぴったりおさまります。

上部があいてるのは、ランタンの小道具を収納しようと思ったのです。

IMG_3697

上部の上蓋です。

金具を若干加工して寸法の違いを吸収してます。

手作り感満載です。

IMG_3699

 

簡単に紹介してますが、あーじゃないこーじゃないってやってますので

面倒な作業ではあります。

なんとか、扉もつきました。

パカパカしないようにロックもつけました。

IMG_3698

 

扉を閉めるとおぉ、よい感じになりました。

 

IMG_3716

 

あとは、使わなくなった皮ベルトを裏から固定して、取っ手にしました。

かなりしっかりした感じになりました。ランタンを入れて運んでも安定しています。

車に乗せて移動するときにはやはりホヤなどガラスですから、プチプチシートを丸めたものを詰め込んでいます。

これで、マントルを壊さず持って帰れました。

IMG_3719

 

ケースの上部には、メンテツール、予備のマントル、アルコールボトル、化粧用の注射器(プレヒート燃料注入用)、予備のセラミックノズル

が入っております。

板は、OSB合板の端切れです。

IMG_3718

マントルもお菓子の箱がぴったり。

IMG_3717

 

燃料も入ってるし、大型ランタンの持ち運びには気をつかいますよね。

シーアンカーランタンケースの自作紹介でした。


【ケロシン灯油】シーアンカーランタンを点火せよ【燃焼系ランタン】

【ケロシン】シーアンカーランタンを点火せよ【灯油】

IMG_3478

※このランタンは、シーアンカーランタンですが、バタフライランタンやペドロマックスランタンと構造が共通です。

【状況】

シーアンカーランタン

シーアンカーランタン

<※闇夜に浮かぶシーアンカーランタン※ロケ地 道志の森キャンプ場>

ひさしぶりにキャンプにいくのである。そして、キャンプの夜には明かりが必要である。

ということで、テーブルの上やテント内以外で使える大光量のランタンを購入した。

そして買ったものはかなりのキワモノの部類である中華シーアンカーケロシンランタンである。

この灯油ランタンは、元はドイツ製のペトロマックスHK500のデッドコピー品であると考えられるが、

それでも加圧式ランタンであり、燃料を直接燃やすのではなくガス化してバーナー部で空気と混ぜて

燃やし、マントル(ろうそくの芯に当たる)を発光させる仕組みの大光量のランタンである。

中華コピー品であるので、もちろんトラブルはつきものであろうが、なんにせよ価格は格安。

そして、いつのまにか自宅に届いたのである、、、

【点火前点検】

各バルブの状況確認

IMG_3478

 

向かって右のポンピング機構の取り付けボルトは、緩んでいた。

ねじ切りの状態がよくないので、注意してねじこまないと斜めねじ込みとなりねじ山を損壊してしまう。

また、ねじ切りの際の金属カスが付着していたので掃除した。これも残っているとねじ山を壊す原因になり

燃料漏れや圧力漏れの原因になる。

ポンピング部の革製の弁については、油で湿っていて状態はよかった。

これは油で湿っているのが通常で密着性を上げている、要は注射器や空気入れの小型版である。

真空ポンプオイルの交換した古いオイルを数滴入れておいた。精製度が非常に高い高品質なオイルなのでぴったりだろう。

IMG_3479

このバルブは、燃料注入口であり、圧力ゲージ付きの蓋がある。

このねじ部分はきれいな状態だったが、圧力ゲージの動作が怪しい。

IMG_3480

 

ポンピングして圧力を上げてもピクリとも動かないので分解修理を行う。

これは、、、、

ちょっと、真空計の中身をお見せしよう。

IMG_3482 IMG_3483

 

これは、ちなみに『壊れている真空ゲージ』である。一部折れ曲がっているのは壊れている部分。

※故障原因は、真空ゲージなのに圧力をかけたから。または、調整ボルトの回しすぎ。

真空計は、管が膨らんでいて中の圧力が減っていくと、三日月状の管が伸縮してゲージが動くのである。

だけど工作精度は、上のゲージとは大違い(爆

これ1個でシーアンカーランタン買えちゃうかもしれないんですけどね。

シーアンカーのゲージは、管がつぶれてるのでこれは、ポンピングでエアーが入っていくと膨らんで

形状変化により先の針が動くのだけど、どうも美しくない。

で、ラジオペンチで形状を修正して、コンプレッサーのエアダスターを当てて圧力をかけると

動いた!

IMG_3501

ポンピングすると、ゲージもちゃんと動くようになった。ちなみに、これは60回ぐらい押し込んだときの

圧力だけど、指示値は当然、めちゃくちゃになってるので実際につかってみて適正な圧力を探ろう。

※追記 後日、コンプレッサーの圧力ゲージで圧力を確認したところ、誤差はあるもののコンプレッサーのレギュレーターの圧力計とほぼ近い値を示していることが判明。これで、メーター読みで最高で3の値までは加圧出来ることが判明した。

後は、赤いダイヤルノブを回すと、ジェネレーター部の先端から、針がチクチクでてくるのを確認。

矢印を下に向けると、エアーがプシューと出てくるのを確認。

ポンピング後しばらく放置でも、圧力が保持されるのを確認。

その他に気になったのは、バーナー部が斜めになっているのだがこれは構造的な物であるので

修正は難しかったので、点灯しなかったら考えよう。

全体的な工作精度はかなりルーズな印象。

シーアンカーランタンを点火しよう!

IMG_3485

 

まずは、安全な場所を確保。後ろに、石膏ボードの端切れを置いてある。

点火用具一式。

左から、この冬のあまりの燃料の灯油タンク。軽量カップ。ヨーカドーの半額セールで買った燃焼用アルコール。

付属品のアルコール注入容器、圧力ゲージ付きキャップ、付属品の燃料じょうご。

IMG_3487

IMG_3488

アルコールを容器に分けます。なんか、金属パイプが差し込んであるだけ、、これ漏れるよね。

IMG_3494 IMG_3493

 

次に、灯油を計量カップで約1Lほど計量。

テスト点火だけど、1Lより少ないとポンピング大変。多いと危険。なので、1L入れる。

アルコールは手につくと冷やっとしてすぐに蒸発しますけど、灯油はべったりして臭いですね。

でも、ランタンの燃料としては、一番安くて手に入りやすいです。

IMG_3495

 

燃料(灯油、ケロシン)を入れる。

IMG_3504

上から、ネジ2個はずしてカバーを開けマントルをセット。

IMG_3491

 

バルブを矢印を上にセットし、閉確認を確認する。

IMG_3500

タンク内ポンピング加圧開始。

IMG_3501

圧力ゲージ上昇確認。このくらいで60回ほど。

IMG_3502

プレヒート皿へのプレーヒート燃料(アルコール)注入確認。

IMG_3507

ちょうど、プレヒート皿から突き出たパイプから炎がでてますね。

これで、新品マントルの『マントル焼き』も同時に進行します。

灯油を高温気化ガスにして燃やすには、予備加熱といった作業が必要で燃料気化システムを事前に加熱する必要があるんです。

ほら、石油ファンヒーターもスイッチを入れてもすぐに温風でないでしょう!

あのラグタイム中に、電気で気化システムを暖めてるのです。

それぞれ燃焼が始まれば、その燃焼熱で気化させていくので燃焼は勝手に継続(安定的な燃焼)していきます。

IMG_3508

点火成功のコツ(当サイトのオリジナルの解説文)

プレヒートはじっくりゆっくりお願いします。

液体灯油は250℃で沸騰して蒸発を始めます。なんだか燃料が沸騰するって怖いって思う人がいるかもしれませんが、沸騰するのはマントルの横の金属の棒の内部つまり、ヴァポライザーの内部だけでです。タンクの中の灯油まで沸騰するわけではありません。とにかく、このヴァポライザーを暖めて燃料を高温の気化ガス(高温が必要)にしてあげないとうまく点火しないんです。炎上した場合は、プレヒートが不完全で霧化ガスつまりただの灯油の霧なので燃焼しても不完全燃焼で大量のススが発生して黒い煙がでます。この不完全燃焼の時の炎は赤い炎です。高温気化ガスにエアーを混ぜて燃焼させれば、予混合バーナー燃焼となり、ススが出ない完全燃焼状態で高速燃焼ができますから燃焼温度も上がりマントルを輝かせる高熱を発する事ができます。この状態になれば燃焼の高温で次々に燃料が沸騰出来るので、タンクに燃料を持ち上げる圧力があれば自動で燃焼が継続していきます。ちなみに、ホワイトガソリンのランタンは燃料の性質が違う(気化温度がとても低い)のですぐにプレヒートが完了するので、別にアルコールを使ってやる必要もなくホワイトガソリン自体でプレーヒートが完了(数秒から数十秒かからないくらい)するので、この点はホワイトガソリン燃料を使うランタンの方が点火がスムーズですね。


 

システムオールグリーン!!

シーアンカーランタン点火!!

ノズルオープン!

点火成功!

最初は、暗めだったんですが、赤いバルブを閉~開と動かしてみると、

本調子に。

どうも圧力ゲージは、赤い線でOKでした。

IMG_3517

 

これは、、明るいじゃないか。

追記:この明かるさでゲージの値が2程度。

IMG_3515

 

笠を付けると上方への光を下部に集められます。

燃焼臭は、ほとんどありませんが、かなりの熱がでますので可燃物に注意しましょう。

IMG_3516

 実際は、どれくらい明るいの?

上で光っているのが150Wのセンサーライト。

同等以上に、白っぽい光で明るいですね。

 

さて、消火は、英語と中国語の説明書を読むと、

1,圧力ゲージの横の圧力抜き弁を開ける。

2,赤いバルブの矢印を下向きにする。

となっていました。

確かに、圧力を抜くとだんだん暗くなっていき消火しました。

消火後は、本体上部、およびガラスは特に熱いです。

絶対素手では触れませんので注意しましょう。

シーアンカーランタン点灯成功!

どこでシーアンカーランタンは買えるの?

どこでシーアンカーランタンのマントルやパーツは買えるの?

ランタンケースを自作しました。

【キャンプ】自作のランタンケースの制作【シーアンカーランタン】

ランタンの反射板を自作しました。

【ケロシンランタン】リフレクター(反射板)の自作【DIY】

シーアンカーランタン

 

ノーススターや他のランタンとどっちが明るいの?

P_20150827_010033_MT

実証実験を行っていないので、どっちも所有していますので感想として。

はっきりいって、ノーススターは絶対的に安定的に明るいです。

それでも、実は、シーアンカーランタンもマントル次第で同等以上に明るいです。

ただし、シーアンカーランタンの場合はマントルの質が個々によってかなり違います(笑

バタフライランタン用とかシーアンカーランタンの専用のもあります。

上記の2つは使っていくうちにマントルが縮む物が多いので、マントルが小さくなると明るさが落ちていきます。

良くいえば落ち着く明るさですね。マントルが小さくなると初期の7割ぐらいの明るさに感じます。

その点、ノーススターは、最初の感想通り、絶対的に安定的に明るいです。

うまく点灯しない場合は?

WEBマスターも遭遇したトラブル編

エアー圧が保てない。すぐに暗くなる。ポンピングしても圧力が上がらない。

などの症状に当てはまる場合。

 

タンクの上の物を分解して取り外してから、泡を吹きかけて空気漏れを探します。

泡はオフィスクリーナーを使いました。

P_20160129_203444

そうすると、漏れてましたよー(^^;)泡がすぐ吹き飛ぶぐらいリークしてました。ヴァポライザーの付け根でした。ここは鉛パッキンがかまされているんですが密着具合が良くないようです。

P_20160129_204158

 

ちなみに、バルブの開閉にかかわらず、燃料が漏れる場合はこのヴァポライザー下部の分解点検が必要です。簡単ですけどね。

今回は、マフラー用の液体ガスケットがあったのでこれを塗ることにしました。

P_20160129_204914

P_20160129_204526

P_20160129_204534

新しい鉛パッキンも投入。

P_20160129_210211

 

リークが止まりました(^o^)

P_20160129_212444

冬場のガレージ作業のお供に明るさと暖を提供してくれます。

バタフライのマントルよりシーアンカーのマントルの方が白くて明るい気がします。

マントルを取り付けよう、又はマントルを交換しよう。

IMG_1740

しばらく使っていると、マントルにこんな穴があいたりしてきますので他にも崩れたりはずれたりしたら新しいマントルに交換しましょう。

IMG_1741

シーアンカーランタンのセラミックノズルです。緩みがないかは常に確認してください。

このノズルは素焼きのセラミックなので要は、焼き物なので壊れやすいのでそっと扱ってください。

IMG_1742

マントルを袋からだして、口をそっとほぐします。糸が短かったり長すぎたりするものがいろいろ入ってますので

短い時には注意してください。中にはいっちゃうと、そのマントルは終わっちゃいます。

IMG_1743

結び方は、1週巻き付けてから固結びでOKです。はずれなければOK。

IMG_1744

ノズルのくびれにちゃんと入ってるかは確認してください。

IMG_1745

元通りに、セットして完了です。

IMG_1747

マントル焼きして点火。今回も無事に点灯しました。



人気記事
メニュー
ご案内
What's New
17.05.18
【ウィッシュ】ヘッドライトのウレタンクリアコーティング【DIY】
17.05.14
AZのお試しチェーンクリーナーとかオイルスプレーの紹介【レビュー】
17.05.06
【ウィッシュ】ブレーキキャリパーのオーバーホール【DIY】
17.04.29
【2st原付】JOG-Zのベアリング交換【駆動系メンテナンス】
17.04.26
【ウィッシュ】ジャッキアップポイントの確認【DIY整備】
17.04.19
【DIY整備】スーパーカブ50のチェーン交換【HONDA】
17.04.09
【タント】L375Sタントドアミラーの修理【ダイハツ】
17.01.12
【ソーラーパネル】マイクログリッドな太陽光発電のきろく【DIY】
16.12.27
【SONY】年末年始にも旅行にもぴったりなデジカメを紹介【RX-100】
16.12.15
【YBB】PCからメールが送信できない【パソコン】
16.11.29
【DIY】自分でウォッシュレットの設置工事をしよう【温水洗浄便座】
16.11.19
【ウィッシュ】タペットカバーパッキンの交換【ZNE10G】
16.10.15
【ウィッシュ】エンジンマウントの交換【ZNE10G】
16.09.02
【太陽光発電】ソーラーパネルを設置した。【DIY自作】
16.08.25
【キャンプ】アウトドア給湯器のDIY制作その2【災害用、マリンスポーツ】
16.08.17
【SSDクラッシュ】SanDisk SSD PLUS 240GBをRMA交換した。【YouはShock】
16.08.09
【緊急猛暑対策】エアコンの室外機の日除けを作った【DIY】
16.08.09
旅PRESSDX!【道志の森キャンプ場】夏キャンプレビュー【2016道志村】
16.07.21
【SHARP】マイコン炊飯ジャーの修理【炊飯器】
16.07.14
【DIY】エアコンを真空引き!真空ポンプ使い方マニュアル【エアコン取り付け】