【SHARP】マイコン炊飯ジャーの修理【炊飯器】

【SHARP】マイコン炊飯ジャーの修理【炊飯器】

IMG_1841

おー、うまいこん炊けた飯ジャー!

コンパクトなマイコン炊飯ジャーを修理する記事です。

【状況】

今回は、修理の依頼が舞い込んだのは、

IMG_1718

SHARP マイコン炊飯ジャー 3合炊き。

IMG_1838

ペコペコな押しボタンの炊飯器です。

故障がでたときの症状は、『炊いてもおかゆ状になって芯がある。』

ということは、保温にはなるけど、炊飯が出来てないってことだとWEBマスターは判断しました。

WEBマスターも学生の頃、間違えて保温にしてしまったことがあります。そのとき、『炊いてもおかゆ状になって芯がある。』ほぼこの状態だった記憶がかすかにありました。

故障症状から推測すると、操作はできるので、マイコンはセーフ。電源も入って保温もできることから、炊飯時のヒーターもしくはその制御系の故障のようですね。

分解修理開始!

IMG_1720

底から分解していきます。

コンセントのリールをはずしてそのネジと底蓋のネジ4本。

はい、開きました。

保温断熱用のグラスウールに包まれた釜の部分と制御基板と配線たちです。

IMG_1723

コネクタをはずして、

IMG_1725

スイッチ部をはがします。もうスイッチのカバーなんてシールですよ。

IMG_1830

今回の故障の原因は、おそらくこの基板に見えている黒い部品。すなわち、左の箱がリレー。右がトライアックでこのどちらかの不良が考えられました。

トライアックちゃんは、双方向サイリスタといってG(ゲートピン)に信号が入ると、双方向の電流すなわち、交流をONOFF制御を可能にする部品です。

このゲートピンに入る信号を制御することによって、ヒーターの暖まり具合をうまーく調整して火力を制御するわけですよ。

よって、これが故障すると、今回のような症状になりますね。

IMG_1727

しかーし、リレーもスイッチとして動作しますのでまずは切り分けが必要です。

トライアックは、テスターしかないWEBマスターだとちょっと故障判定を出すのはむずかしいので

まずは、ハッキリ不良判定ができるリレーを、

IMG_1724

基板上だと正しく判定できないのではずしました。

半田吸い取り線で半田を吸い取り、ソルダーアシストでこじればOKです。

コイル側の端子に12Vかけてみたところ、カチカチ言ってスイッチもOKでした。

リレーは正常。

やはり、トライアックか、、型式は、BCR3KMです。

IMG_1728

導通だけ調べるも特に故障は見いだせず。

テスターじゃわからない故障モードもありそうです。

ヒーターも調べましたが、抵抗値も正常でした。

リレーも正常な今、トライアックを交換してみるしかなさそうです。

そこで、部品を手配しました。

トライアックを交換。

■トライアック
BCR3KM-12L ¥250 CDパーツマン

すぐに届いたので交換しました。

IMG_1831

IMG_1829

裏側です。

これで、とりあえず、元のように組み立てていきます。

IMG_1834

ボタンを取り付けます。

IMG_1835

この写真を見ながら、配線たちを同じ場所に接続します。

動作確認です。

とりあえず、炊飯器なので、お米を炊くしかありませんね。

IMG_1838

WEBマスター宅は無洗米です。

リレーがカチカチって、蒸気が出て来ましたよ。

良い感じです。

ピピッとお知らせ音がなると、どうでしょう!

IMG_1839

上手に炊けました。

IMG_1841

炊きあがったらちゃんと混ぜ込みます。

IMG_1842

動作確認だからって無駄にせず美味しくカレーになりました。

最近のレトルトカレーってレンジでそのまま暖められてすごいですよね。

混ぜて蒸らしてる間に、カレーをかけて完了です。

修理成功!

でも、なんで故障部品がすぐわかったの?

すぐには、わからないのでリレーもチェックしました。

でも、基板をよく見ると、

IMG_1833

他には、ヒューズも正常だし、マイコン部を除いて壊れそうなメンツがリレーとトライアックだったので消去方です。

修理のきろくDX!人気記事

  1. 【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~1日目前輪脱着【DIY自転車整備】 714ビュー
  2. 【DIY】トイレに換気扇を設置【パイプファン】 553ビュー
  3. 【2st原付】JOG-Zの修理【DIY】 536ビュー
  4. 【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~2日目【DIY自転車整備】 477ビュー
  5. 【キャンプ】お湯を手軽に使える方法を考える【アウトドア】 437ビュー
  6. 【ウィッシュ】ジャッキアップポイントの確認【DIY整備】 426ビュー
  7. 【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】 421ビュー
  8. 【タント】カーナビのDIY取り付け 393ビュー
  9. 【ケルヒャー】高圧洗浄機の修理【JTK25】 383ビュー
  10. 【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~3日目【DIY自転車整備】 377ビュー
  11. 【タント】ASUSのドライブレコーダーの取り付け【DIY】 372ビュー
  12. 【2st原付】JOG-Zのベアリング交換【駆動系メンテナンス】 371ビュー
  13. 【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】 341ビュー
  14. 【自作PC】PC電源ユニットの中のファン交換【修理】 320ビュー
  15. 【ウイッシュ】ドライブシャフトブーツの交換【ZNE10G】 317ビュー

トラックバックURL

http://blog.naosuzo.com/2016/07/21/syarp-suihanki-repair/trackback/
【SHARP】マイコン炊飯ジャーの修理【炊飯器】 への1件のコメント

1件のコメント »

  1. サンヨーの圧力IHのフックが、戻らなくなり蓋が開かなくなりました。パナソニックの工場で、部品がないと言う事で(9年前の製品)返却されました。保温状態が非常に良く美味しい製品は、他に無いしもったいないので、自分で修理出来ないか挑戦して見ようと探していましたら、このサイトを見つけました。ラッキーです。果たして出来るか?
     他にシュワー水栓も取り付けた経験が有るし(成功!)
    洗面のパッキン交換も手掛けたし、ソファの台から交換もしたし、後 未だ資料だけ集めてやってないのですが、体脂肪計も修理するつもりです。(SWが付かないだけ)
     こんな具体的な内容を有難うございます。
    早速やらせて頂きます。感謝です。

    Comment by Garden — 2018 年 9 月 26 日 @ 10:02 PM

Leave a comment


人気記事
メニュー
ご案内
What's New
18.11.16
【DIY】スイッチング電源の修理【ACDC】
18.11.04
【2st原付】JOG-Zのタイヤエア漏れ修理【DIY】
18.10.12
【ソーラー発電】電気代を節約する太陽光発電について考える【DIY】
18.08.18
【タント】車のフロントガラスへの飛び石について考える【ドラレコ】
18.07.25
【緊急猛暑対策】エアコン室外機を冷却せよ【DIY】
18.07.03
【DIY】モノクリーナをサイクロン集塵機に改造した~ラックの紹介
18.04.19
【2st原付】前輪ディスクブレーキのオーバーホール【YAMAHA★JOG-Z】
18.03.22
【スーパーカブ】ドライブスプロケットの交換【HONDA】
17.12.14
【三菱電機】掃除機の修理【ブラシ交換】
17.12.09
【2st原付】JOG-Zのオイル漏れの修理【YAMAHA】
17.11.13
【DIY】サイクロン集塵機を作ろう【制作記】
17.10.31
【DIY】溶接機のワゴンの製作【レッドーゴー120】
17.10.30
【DIY】溶接台の制作【アーク溶接】
17.10.26
【2st原付】JOG-Zの前輪ショックの交換【DIY】
17.10.24
【溶接】2連はしごの天井収納リフトの制作【DIY】
17.10.17
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~最終回【DIY自転車整備】
17.10.13
【パンク修理】パッチとゴム糊について【オススメ】
17.10.05
【HONDA】スーパーカブのパンク修理【頻度多し】
17.10.04
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~5日目【DIY自転車整備】
17.09.25
【徹底分解】ママチャリのオーバーホール~4日目【DIY自転車整備】